和漢コラムニキビの治し方COLUMN

おしりのぶつぶつ、なかなか治らない理由と治し方について解説

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
おしりのぶつぶつ、なかなか治らない理由と治し方について解説

下着や座ったときの摩擦を受けるため、おしりの皮膚はぶつぶつができやすく、荒れやすいですよね。
お肌のケアをするうえで、おしりのぶつぶつが治らずお悩みの女性は多いでしょう。
今回はおしりのぶつぶつについて、その原因や治療法、再発を予防するうえでの3つのポイントを解説していきます。

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

本記事の監修薬剤師

監修薬剤師 植田昌男

氏名:植田 昌男
経歴:近畿大学薬学部薬学科卒業 薬剤師免許取得(平成7年)
社歴:平成19年6月 入社


おしりのぶつぶつがなおらない…。なにがきっかけでできるの?

おしりにできたぶつぶつの正体は、ニキビ・おでき・粉瘤(ふんりゅう)・毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)のいずれかだと考えられます。

以下に、おしりのぶつぶつ発生のきっかけとなる皮膚疾患について、それぞれ解説します。

ニキビ

皮脂の過剰分泌や摩擦による角質の硬化、下着に付着した洗剤や洗い残した石鹸などがきっかけでアクネ菌が繁殖し、おしりにニキビができてしまっているケースです。

おしりの毛穴が炎症を起こして赤くなっていたり、膿が溜まっているならニキビの可能性があります。

おでき

毛穴の奥で細菌感染が起き、皮下から赤く腫れあがって痛みを感じるぶつぶつがあるなら、おしりにおできができている場合があります。

おできは毛穴の深い部分で炎症を起こし、隣接する毛穴同士でつながっているため、一度発症すると治りにくいという特徴があります。

粉瘤

皮下から半球状に黒く盛り上がっていて、触るとしこりを感じるようなら、古い角質や老廃物が毛穴に詰まった粉瘤(アテローム)の可能性があると考えられます。

数ミリ~数センチまで大きさはさまざまですが、細菌が入って炎症を起こすと、強い痛みと熱を伴って腫れあがるという特徴があります。

毛孔性苔癬

おしりに薄茶色のぶつぶつができているなら、毛孔性苔癬の可能性があります。
毛孔性苔癬は、毛穴に角質が詰まってどんどん盛り上がっていき、茶色くぶつぶつしてるように見える角質異常による皮膚疾患です。


おしりにぶつぶつができるのはどうして?

いずれの皮膚疾患が原因であっても、すべてのおしりのぶつぶつは皮膚の摩擦・乾燥・蒸れ・細菌繁殖の4つの要素によって発生します。

おしりの皮膚は、以下のような理由から慢性的に摩擦や乾燥・蒸れ、細菌繁殖が起こりやすく、荒れやすい環境であると言えるのです。

  • 常に下着や洋服、座っている椅子やベッドなどと接し摩擦が起きている
  • 夏でも重ね着した状態になるため、1年を通して蒸れて角質が厚くなる
  • 肌の表面は蒸れているのに内部は乾燥しやすく、ターンオーバーが乱れやすい
  • 下着に付着した洗剤や、洗い流せず皮膚にのこった石鹸が細菌のエサとなりやすい

まとめると、おしりのぶつぶつは皮膚への外部からの刺激と、肌の水分バランスが崩れることによるターンオーバーの乱れが原因で起こる可能性が高いということです。


おしりのぶつぶつを治す方法は?

以下で、日常的にできるケア方法から薬を使って治す方法まで5つの方法を紹介していきます。

衛生状態に気をつけ、おしりは常にきれいに!

細菌繁殖の原因となる汚れを避け、いつもおしりを清潔に保つように心がけてください。
運動や外出で汗をかいたらすぐにシャワーを浴びて洗い流す、雑菌の多いプールや公衆浴場を利用した後はよく洗うようにしましょう。

おしりの通気性を確保する!

ナイロンやポリエステルではなく、綿製など通気性の良い下着を選んで身につけることも、おしりの蒸れやターンオーバーの乱れの解消に効果的です。

できたしまったぶつぶつは、むやみに触らないこと!

おしりのぶつぶつを掻いたり触ったりすると、潰れて痕がのこったり、周囲にまで細菌感染を拡げてぶつぶつを悪化させてしまう原因となります。
早く治すためにも、ぶつぶつにはできるだけ触らないようにしてください。

市販の薬で治療する!

ドラッグストアなどで市販されている顔やおしりのニキビ・出来物用の薬を塗ることで改善することも多いです。
ただ、ブツブツの種類によっては薬が効かない場合もあります。1週間使ってみてまったく改善しなかったり、薬を使ったら悪化したという場合はすぐに薬の使用を中止して皮膚科で診てもらいましょう。

専門家である皮膚科医の診断を受ける!

上記の方法をすべて試しても、おしりのぶつぶつが良くならない場合は、皮膚科の病院に行って専門医による診断・治療を受けるのが良いでしょう。

おしりのぶつぶつを再発させないために気をつけたいポイント3つ

最後に、おしりのぶつぶつの再発を予防するために気を付けるべきポイントを、以下に3つご紹介します。よく確認して、再発防止に役立ててください。

  1. 締め付けや刺激の強い衣服や下着は避け、おしりの蒸れや摩擦を最小限にしよう!
  2. 過剰な皮脂分泌や毛穴の詰まりを防ぐため、お菓子は避けて肌に良いものを食べる!
  3. 乾燥を防ぐため、おしりを保湿クリームでケアして肌のバリア機能を高めよう!

おしりのぶつぶつは治りにくい…日常的にケア&予防していこう

おしりのぶつぶつは、下着や服・動作による摩擦や蒸れ、乾燥によっておしりの肌環境が乱れ、毛穴が詰まるなどして起こる皮膚異常です。おしりは部位的に出来物ができやすく、かつ一度できると治りにくいため、ぶつぶつができないよう日常的にケアしていく必要があります。

このコラムを参考にお尻を清潔に保ち、保湿するよう心がけましょう。ただし、痛みや治りが遅いなど気になることがあれば、早めに皮膚科で相談してくださいね。

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

体のなかからキレイになろう