和漢コラムニキビの治し方COLUMN

思春期ニキビの薬の選び方のコツと、病院へ行くべきタイミング

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
思春期ニキビの薬の選び方のコツと、病院へ行くべきタイミング

10代男女の多くが悩む、額や鼻・あごを中心にたくさんできる思春期ニキビ。
洗顔方法や食生活を工夫しても治らないときは、お薬に頼って治す方法もあります。

今回は思春期ニキビの治療薬について、おすすめの薬の種類や市販薬を選ぶときのポイント、漢方や病院の処方薬の効果について解説していきます。

思春期ニキビの市販薬、塗り薬と飲み薬どちらがおすすめ?

思春期ニキビ用の治療薬には、ニキビに直接塗って治す塗り薬と、内服して身体の内側からニキビを治す飲み薬の2通りがあります。

塗り薬と飲み薬、それぞれの特徴や代表的な有効成分は、以下の通りです。

思春期ニキビ用の塗り薬の特徴

  • 患部に直接塗ってアクネ菌を殺すので、飲み薬に比べ即効性が高い
  • 大きく分けて、クリームタイプとジェルタイプの2つがある
  • 殺菌する抗生物質系、腫れを抑える抗炎症系、角質を柔らかくするイオウ系などがある
  • 代表的な成分はイオウ、イブプロフェンピコノール、レゾルチン、グリチルリチン酸

思春期ニキビ用の飲み薬の特徴

  • ニキビのできにくい体質に変えていくことを目的とし、効果は塗り薬より緩やか
  • 大きく分けて、錠剤・顆粒・液体タイプの3つがある
  • 殺菌する抗生物質系、肌を整えるビタミン剤系、体質を改善する漢方薬系などがある
  • 代表的な成分はビタミン類、L-システイン、ヨクイニン、グルクロノラクトン

思春期ニキビの治療にどちらの薬を使用するか、または併用するかは、症状や薬に求める効果によって選ぶようにしてくださいね。

思春期ニキビを治そう!市販薬選びのポイント

ここからは、ドラッグストアなどで市販されているニキビ治療薬のなかから、思春期ニキビに効果的なものを選ぶためのポイントを紹介していきます。

まず、思春期ニキビ用の塗り薬は以下のポイントに沿って選ぶのがおすすめです。

  • ニキビの原因であるアクネ菌を殺すイソプロピルメチルフェノール、サリチル酸、レゾルチンなどの成分配合のもの
  • 肌を柔らかくし、過剰な皮脂をしっかり吸着してくれるイオウ成分配合のもの
  • メイクするか、日中もつけるかなどの条件によって、ストレスなくつけられる使い心地と香り良いのもの

一方、思春期ニキビを治すために飲み薬を選ぶときは、肌の表面に作用するものではなく、以下のような身体の内側にある原因に効くものを選びましょう。

  • 肌荒れの一因となる、胃腸の働きの低下を改善する効果のあるもの
  • 肌荒れの一因となる、ストレスを緩和する作用のあるもの
  • 肌の代謝を促進して、ニキビの治癒を早くする作用のあるもの

もし自分だけで選べないと思ったら、お店のスタッフや薬剤師さんに相談するようにしてください。

漢方も思春期ニキビに効果あり

内服薬のうち、一般的な西洋薬に比べて効き目が緩やかな漢方薬も、思春期ニキビの改善に効果的だと言われています。
ただし、漢方薬は「飲めば直ちにニキビが治る」というものではなく、継続的に服用することでニキビができにくい体質・肌質に改善していこう、という治療法です。

思春期ニキビに効果が期待できる漢方薬としては、以下の3種類がよく知られています。

  • 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
  • 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

ニキビが炎症しているときは、病院で処方してもらうと安心

思春期ニキビが炎症を起こし、膿や赤み・痛みがあるようなら、できるだけ触らないようにして皮膚科の専門医に診てもらい、処方薬をもらうことをおすすめします。

ドラッグストアで買える市販薬と、医師から処方してもらえる処方薬の特徴には、以下のような違いがあります。

市販薬の特徴

  • ニキビに悩む人が症状の程度や体質にかかわらず使えるよう、効果が設定されている
  • 処方薬に比べ有効成分の配合量が少なく、比較的効果が緩やか

処方薬の特徴

  • 患者の症状、程度、体質にあわせて、医師が適切なものを選ぶ前提で作られている
  • 市販薬に比べて有効成分の含有量が多く、効き目が強く即効性が高い

このため、市販薬を使っても十分な改善効果が得られなかった場合や、長くニキビが治らず悩んでいる場合は、病院を受診した方がいいでしょう。

薬を飲むだけでなく、ニキビケアや食生活も見直そう

思春期ニキビを改善し、ニキビができにくい体質に変えていくには、薬を適切に使用するだけでなく、普段の洗顔方法と食事の見直しも必要です。

洗顔は1日2回、添加物の少ない固形石鹸の泡に汚れをなじませて洗うようにし、手の摩擦や水圧、すすぎのこしで肌にダメージを与えないよう注意しましょう。
また、脂質の多いお菓子やジャンクフードなどはできるだけ避けて、ビタミン類豊富な緑黄色野菜やレバー、果物、大豆食品やアーモンドを積極的に食べるようにしてくださいね。

思春期ニキビの薬は成分と効果を見て選ぶ!改善しなければ病院へ

思春期ニキビは、塗り薬や飲み薬を使って治療できます。ドラッグストアにも思春期ニキビに効果的な市販薬が売られているので、有効な成分を含んだものを購入し、使ってみると良いでしょう。

もし、市販薬で改善しない場合は皮膚科を受診し、症状にあった薬を医師に処方してもらいましょう。日頃のケアとあわせて薬を上手に使用し、ニキビを治していってくださいね。

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE