和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

便秘に腹痛、さらには吐き気や熱が…これって病院に行ったほうがいい?

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
便秘に腹痛、さらには吐き気や熱が…これって病院に行ったほうがいい?

多くの女性を悩ませる症状、「便秘」。お腹が張ってしまい、スカートやパンツがきつくなってしまう…というのは割と知られた現象ですが、便秘が原因で腹痛や吐き気、下痢、そして発熱が起こることはあるのでしょうか?
病院に行くべき危険な便秘の症状と併せて解説します。

ただの便秘で腹痛や吐き気が起こることってある?

そもそも便秘とは、排便が順調に行われない状態のこと。一般的には、3日以上排便がない、便の量が少ない、硬くてコロコロした便が出る、排便があっても残便感が続くといった症状があれば、便秘に該当します。(排便のメカニズムには個人差があるので、「毎日便が出ない=便秘」というわけではありません。2日に1度の排便であっても、排便ペースが規則的であり、排便後スッキリ感が得られていれば問題はないとされています。)

この便秘の症状は、上記のような排便トラブルだけではありません。腸内に便が詰まったことで、以下の症状を招くこともあります。

お腹の張り

腸に便が溜まると、腸内で悪玉菌が繁殖して腐敗し、発生したガスが溜まってお腹が張るようになります。

腹痛

便やガスで腸内が詰まると、それを排出するために腸は蠕動運動を活発化させるのですが、その際に腹痛が生じることがあります。左下腹部のS字結腸で痛みが生じることが多いです。

吐き気

腸内に便が溜まって腸の動きが鈍くなると、消化液が消化管に溜まることで、吐き気を引き起こすことがあります。

食欲の低下

腸内に便が溜まり、腸の動きが悪くなることで食欲が減退することがあります。

肌荒れ

腸内に便が溜まって老廃物が発酵すると、そこから発生した毒素が肌に運ばれ、吹き出物の原因となることがあります。

よって、普通の便秘でも腹痛や吐き気を引き起こすことはあります。ただ、腸の一部の通りが悪くなる腸閉塞が原因で、便秘や腹痛、お腹の張り、吐き気が起こることも。腸閉塞は過去にお腹の手術をしたことがある人に発症リスクが高い病変とされています。
また、併発する症状によっては重大な病気の可能性もあるので注意が必要です。詳しくは以降でご紹介します。

腹痛と下痢を伴う便秘について

腹痛を伴う便秘や下痢が続いているにもかかわらず、検査をしても特に異常が見つからない場合、「過敏性腸症候群(IBS)」という病気の可能性があります。IBSはよくある消化器疾患の一種で、便秘や下痢などの便通異常で病院を受診する患者さんの2割はIBSともいわれるほどです。

IBSの主症状は、便秘あるいは下痢といった便通異常、腹痛、そして腹部の不快感です。腹痛は痛む場所が決まっておらず、痛みの程度にも個人差がありますが、排便後痛みが軽減されるという特徴をもちます。ストレスによって起こる病気なので、現実にストレスを抱えており、便通異常だけでなく腹痛も感じている人は、IBSかもしれません。

生理で便秘や腹痛を伴う下痢が起こる!?

病気というわけではありませんが、女性の場合は生理周期に伴い、便秘や下痢、腹痛が起こるケースも。

排卵日から生理開始前は、「プロゲステロン」という子宮の収縮を抑えるホルモンが分泌されるのですが、同時に腸の収縮運動も抑制する作用があるので、この期間は便秘になりがちです。
生理が始まれば便秘は解消されますが、生理直前から生理前半の期間は、子宮を収縮させて生理痛を引き起こす「プロスタグランジン」というホルモンが分泌されます。このホルモンの分泌が過剰だと、子宮だけでなく腸まで異常に収縮してしまい、下腹部痛とともに下痢が起こることがあるのです。

腹痛と下痢に加え、血便がみられる場合は要注意

便秘や下痢を繰り返しているだけでなく、腹痛、そして血便が見られる場合、大腸がんの可能性があります。痔と勘違いされ、発見が遅れるケースも少なくないのですが、上記のほかにも体重の減少や便が細くなるといった症状があれば要注意です。すぐに病院で検査を受けてください。

強い腹痛と吐き気、熱を伴う便秘について

大腸の潰瘍や穿孔(穴があいてしまうこと)、クローン病(小腸や大腸といった消化管に炎症が起き、びらんや潰瘍ができてしまう炎症性腸疾患。難病に指定されている)などの特殊な病気が疑われます。すぐに病院を受診しましょう。

便秘や腹痛に加え、めまいも起こるのは重大な病気?

あまり知られていませんが、便秘が原因でめまいが起こることもしばしばあります。これは、腸内に溜まった便が発生させた毒素が、自律神経の乱れを引き起こした結果起こるものと考えられています。同様の理由で、便秘から頭痛や肩こりが起こることも。ただし、便秘改善後もこれらの症状が治まらないなど、気になる点がある場合には、医師に相談するとよいでしょう。

便秘が新たな病気を引き起こすことも。早めの改善を

便秘だけでなく腹痛や吐き気も起こると、「何かの病気!?」と心配になってしまう方も多いのですが、実はどちらも便秘に付随する症状です。ただ、あまりにも腹痛がひどかったり、熱を伴ったりする場合は、病気の可能性もあるので病院へ行きましょう。

また、ただの便秘でも、長引くと虚血性腸炎(大腸の粘膜に炎症や潰瘍ができる病気)などの病気を引き起こしてしまう恐れも。生活習慣の改善や漢方薬の服用などで、便秘を改善していくことが大切です。

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE