和漢コラム男性更年期の対策COLUMN

男のイライラ、憂うつ、不眠…原因は男性更年期かも?

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
男のイライラ、憂うつ、不眠…原因は男性更年期かも?

イライラや憂うつ、眠れない日々が続いたとき、「うつ病かな?」と思って心療内科を受診される方は少なくありません。しかし、中高年の男性でそうした症状が見られる場合、「男性更年期障害」が原因の可能性があります。

男性更年期の諸症状に 男性ホルモン(メチルテストステロン)配合のお薬

本記事の監修薬剤師

監修薬剤師 植田昌男

氏名:植田 昌男
経歴:近畿大学薬学部薬学科卒業 薬剤師免許取得(平成7年)
社歴:平成19年6月 入社


男のイライラは男性更年期のサイン!?

なんとなくイライラする、怒りっぽくなった、やる気が出ない、前より眠れなくなった――中高年の男性で、こういった症状が見られるようになった場合は要注意。男性更年期のサインかもしれません。

更年期障害を女性特有のものと思っている方も多いのですが、実は男性にも更年期障害は存在し、医学上は「LOH症候群」(加齢男性性腺機能低下症候群)と呼ばれます。LOH症候群では下記のような、女性の更年期障害に似た症状が現れます。

  • 総合的に調子がよくない
  • 関節痛や筋肉痛が続いている
  • 運動をしたわけではないのに、突然汗が止まらなくなる
  • 寝つきが悪い、早朝に目が覚めてしまうといった睡眠の悩みがある
  • 倦怠感や眠気を感じることが増えた
  • イライラする
  • 不安感が強い
  • 以前よりも神経質になった
  • 憂うつな気分が続いている
  • 趣味に打ち込めなかったりと、気力や行動力が減退している。何もやる気になれない
  • 筋力の低下
  • 性欲の減退
  • 勃起不全

男性更年期の原因は、男性ホルモンの急激な低下&ストレス

女性の更年期障害がエストロゲンという女性ホルモンの分泌量低下によって起こるのに対し、男性の更年期障害はテストステロンなどの男性ホルモンの減少が原因で起こります。このテストステロンには筋肉や骨の強化、生殖機能の向上、決断力や判断力などの認知機能の向上といったさまざまな作用をもつため、分泌量が減ると上述の症状が現れるようになるのです。

なお、女性ホルモンの分泌は閉経に伴い急激に減少していくものですが、閉経がない男性は20代をピークに、以降男性ホルモンの分泌がなだらかに減少していきます。しかしこの減少スピードは個人差が大きく、さらに過剰なストレスを受けると、精巣で男性ホルモンをつくる能力が低下してしまうことがわかっています。男性更年期障害の患者は50~60代に多いのですが、これには仕事と家庭でのストレスが溜まりがちな年代ということが関係しているのではと考えられています。

30代や80代で男性更年期障害になることも

多くの場合、男性更年期障害は40代後半から発症します。しかし先ほどお伝えしたとおり、男性ホルモンの減少スピードには個人差があるうえに、ストレスでさらに減少することもあるので、早くて30代後半、遅くて70~80代で更年期症状が出るケースも。この年齢層の幅広さが、発見を遅らせる理由のひとつです。

男性更年期のイライラや憂うつは、抗うつ薬で悪化する恐れが

イライラや不安感、不眠などの症状が続いたことで精神科や心療内科を受診し、抗うつ薬を処方されたという方も少なくありません。
しかし、それが男性更年期によるものだった場合、ドグマチールなどの一部の抗うつ薬にはテストステロンを減少させる作用があるため、服用によって症状が悪化する恐れがあります。

抑うつ症状が強い場合、それがうつ病なのか、それとも男性更年期によるものなのか、一般の方が見分けるのは非常に難しいです。ただ、「死にたくなる気持ちがあるかどうか」は一つの目安となります。
基本的に男性更年期によるうつ症状は、こうした希死念慮が出るほど重くはありません。「イライラや不安感はあるけれど、死にたいとは思わない」という場合は、泌尿器科を受診してください。逆に希死念慮が出ていればうつ病の可能性があるので、精神科や心療内科を受診しましょう。

男性更年期によるイライラや憂うつを改善するには?

男性更年期によるイライラや憂うつに対しては、減少した男性ホルモンを補うホルモン補充療法が有効です。ほかにも漢方やカウンセリングなど、症状に応じた治療が行われます。
なお、男性更年期障害の診療科は一般的には泌尿器科ですが、医師や医療機関によって男性更年期への捉え方は異なるので、詳しい検査や治療を受けたい方は、LOH症候群の専門医のいる病院を受診しましょう。

また、上記の専門治療のほか、患者さん自身が対策をとることも重要です。具体的には、以下のことを試してみてください。

競い合うゲームやスポーツをする

チェスや将棋、テニスなどのゲームやスポーツを通じての「競い合う」という行為は、男性ホルモンの分泌を活発し、更年期による心身の不調を緩和する効果があると考えられています。

誰かとカラオケに行く

テストステロンは社会参加や自己実現ができているほど数値が高い傾向にあり、誰かに褒めてもらったりすると数値が上昇することがわかっています。その点で人前で歌うという行為は、テストステロンの分泌を促進する効果が期待できます。

ストレスを溜め込まない

男性更年期障害の悪化要因ともいわれる、ストレスをうまく解消することが重要です。ゆっくりお風呂につかったり、休日にちょっと遠出したりなど、自分なりのリラックス方法を実践しましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠はストレスの解消につながるだけでなく、男性ホルモンは眠っている間に分泌されるので、日々十分な睡眠をとることが大切です。不眠の症状が出ている場合は、医師に報告のうえ、睡眠導入薬などを処方してもらうようにしましょう。

運動をする

体の大きな筋肉に刺激を与えると、男性ホルモンの分泌量が増えることがわかっています。スクワットや腕立て、階段昇降などの筋トレを、毎日10分でいいので日課に取り入れてみましょう。ストレス発散効果もあり、一石二鳥です。

イライラや不安、気力や性欲の減退…全般的な不調には漢方も有効

運動や趣味を通じてストレスをうまく発散したり、休養を十分とったりすることで、男性更年期の症状は少しずつ改善されていきます。また、漢方による男性ホルモンの補充も有効な対策のひとつ。実際、漢方薬の処方は、男性更年期の専門外来で行われる治療法のひとつでもあるので、諸症状でお困りの男性は一度試してみてはいかがでしょうか。

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

和漢のチカラ+
男性ホルモン配合薬
男性更年期をいきいきと