和漢コラム男性更年期の対策COLUMN

男性更年期にもホットフラッシュはある。改善のコツは○○すること

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
男性更年期にもホットフラッシュはある。改善のコツは○○すること

「更年期障害」「ホットフラッシュ」と聞くと、女性特有の症状を考える人は少なくないでしょう。しかし、男性にも更年期症状の1つとしてホットフラッシュは起こり得るのです。
今回は、男性の更年期症状とホットフラッシュについて、有効な治療法とあわせてご紹介していきます。

男性更年期の諸症状に 男性ホルモン(メチルテストステロン)配合のお薬

本記事の監修薬剤師

監修薬剤師 植田昌男

氏名:植田 昌男
経歴:近畿大学薬学部薬学科卒業 薬剤師免許取得(平成7年)
社歴:平成19年6月 入社

男性更年期の原因はホルモンの低下だけじゃない?

男性更年期は、主に男性ホルモンの一種・テストステロンの分泌量低下や、それに伴うホルモンバランスや心身状態の変化が原因で起こります。
男性更年期は主に40~60代にかけて発症することが多いと言われていますが、早い人では30代から発症するケースも報告されているのです。

男性にとって30~60代という年齢は、社会人経験を積んで責任ある役職を任されたり、家族ができてプレッシャーを感じやすくなる時期とも合致しています。

このことから、男性更年期は加齢による男性ホルモン分泌量の低下だけでなく、過剰なストレスによるホルモンバランスの乱れが原因でも起こる、と考えられているのです。

男性更年期にもホットフラッシュはみられる?

女性の更年期と同様、男性の更年期症状としても、動悸とともに急に体や顔が熱くなってのぼせたり、汗が噴き出るような「ホットフラッシュ」は現れます。

なお、更年期によるホットフラッシュの現れ方には、男女によって以下のような差が出てくるのが一般的です。

  • 女性のホットフラッシュ…閉経に伴うホルモン減少の速度と同様、症状の出方も急激
  • 男性のホットフラッシュ…緩やかにホルモンが減少するため、症状の出方も比較的穏やか

また、男性のホットフラッシュは女性に比べて、更年期による他の心身症状と複合的に起こる傾向が強いのが特徴です。

ホットフラッシュ以外の男性更年期の諸症状

男性更年期により、ホットフラッシュ以外に引き起こされる代表的な心身症状としては、以下が挙げられます。

  • 血管と内臓機能の低下による、生活習慣病発症リスクの上昇
  • 筋力の低下に伴う筋肉痛や関節痛、肥満
  • 慢性的な倦怠感、疲労感、行動意欲の低下
  • 骨密度の低下
  • 頻尿、または何らかの排尿障害
  • 性欲減退、勃起機能低下、勃起不全(ED)
  • 集中力、判断力、認知機能の低下
  • 日常的なイライラ、不安感、焦燥感
  • 気分が落ち込むなどの抑うつ症状
  • 不眠

リラックスすることが、ホットフラッシュを和らげる!?

ホットフラッシュは、脳が性ホルモンの減少を補おうとすることで起こる、自律神経の一時的な興奮状態です。

このため、精神を落ちつけてリラックスさせることで、症状を緩和することができます。
以下の方法でマインドコントロールとして心身を鎮め、できるだけ落ち着いた状態を保てるように心がけましょう。

  • ゆっくりと鼻から息を吸い込み、口から息を吐きだす深呼吸をする
  • 自分が安心できる、静かで落ち着いた場所や楽しいシーンを思い浮かべてみる
  • 日々の習慣として、深呼吸を取り入れた瞑想の時間をつくる
  • ヨガやピラティスなど、深呼吸と静的な運動が一緒にできるエクササイズをする

上記以外にも、自分に効果的なリラックス法を知っておくと、症状が出たときに役立ちます。

なお、ホットフラッシュの症状が出ているときに激しい有酸素運動や筋トレは禁物です。
よけいに神経が興奮状態になり、ホットフラッシュの症状が激しくなる可能性がありますので、症状が出たらとにかく心身をリラックスさせるべきと覚えておきましょう。

ホットフラッシュがなかなか改善しないときは病院での治療も

ストレスを貯めないようにし、心身をリラックスさせるように気を付けてもホットフラッシュなど男性更年期の症状が改善しないときは、病院で相談しましょう。

担当医師の方針やあなたの自覚症状の程度、検査でわかる男性ホルモンの値によっても変わってきますが、病院では男性更年期に対し以下の治療を受けられます。

食事や生活習慣の改善指導

テストステロンの不足は、軽度なら食事や生活習慣の見直しである程度改善できます。
病院では以下のポイントに留意し、日常生活にテストステロンの分泌量を増やす習慣を取り入れるよう、医師から具体的なアドバイスが受けられます。

  • 食事にニラ、ネギ、ニンニク、タマネギ、山芋などを多く取り入れること
  • 1日30分程度の軽負荷の運動で、適度に筋肉を刺激すること
  • 1日8時間以上、夜間に質の良い睡眠をとるようにすること
  • 内臓への負担増や寝つきが悪くなるのを避けるため、お酒は控える  など

男性更年期に効果的な内服薬の処方

対症療法として、更年期による症状の軽減に効果的な漢方薬・西洋薬の処方を受けられます。
男性更年期に対し良く処方される薬は、以下の通りです。

  • 血流を良くして倦怠感や疲労感を軽減し、体の調子を整える補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や八味地黄丸(はちみじおうがん)などの漢方薬
  • 性機能障害が辛い場合は、勃起機能低下や勃起不全に効果的なED治療薬
  • 精神症状が辛い場合は、抗うつ薬や抗不安薬などの向精神薬
  • 身体症状が強い場合は、鎮痛剤や骨密度を高める薬  など

ホルモン補充療法

生活指導や、投薬治療でも男性更年期による症状が改善しない場合は、以下のように男性ホルモンを注射や点滴で体内に注入し、増やす治療方法が選択されます。

  • 男性ホルモンの一種、テストステロンを2~4週間に1度注入する
  • テストステロンの分泌を促す、hCGホルモンを1週間に1~2度注入する

日々リラックスして過ごせるようにし、男性更年期症状を乗り越えよう

男性の更年期症状は、加齢の他にも過剰なストレスによって引き起こされることがわかっています。特に、更年期によるホットフラッシュは精神状態との関連が強く、リラックスして精神を落ち着かせることで症状が軽減されます。深呼吸や瞑想など、普段から精神を落ち着けられる習慣を取り入れると効果的です。なお、生活習慣を変えても症状が良くならず辛いときは、早めに内科や心療内科、泌尿器科に相談してくださいね。

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

和漢のチカラ+
男性ホルモン配合薬
男性更年期をいきいきと