和漢コラム男性更年期の対策COLUMN

男性更年期の症状改善に、漢方は効果がある?選び方のポイントを解説

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
男性更年期の症状改善に、漢方は効果がある?選び方のポイントを解説

40~60代の男性の心身に、さまざまな不調をきたす男性の更年期症状。
女性と同様、男性更年期症状も加齢によるホルモンバランスの変化を主たる原因として起こりますが、発症したらどのように対処すれば良いのでしょうか。
今回は男性更年期の症状と基本的な対策、漢方を使った治療法について解説していきます。

改めて知りたい、男性更年期症状のこと

男性更年期症状は、女性の更年期症状と同様「加齢に伴う性ホルモンの分泌量低下、またこれによるホルモンバランスの変化」が原因で起こります。

男女とも、更年期になると心身にさまざまな不調をきたすようになりますが、男性と女性の更年期には以下のような違いがあります。

発症までの経緯の違い

  • 男性の場合…
    20代をピークに、男性らしい身体を作る働きをもつ性ホルモン「テストステロン」の分泌量が徐々に低下し、一定量を下回ったときに男性更年期症状を発症する。

  • 女性の場合…
    閉経を迎える40代後半~50代にかけて、急激に女性らしい体つきと月経周期を司る性ホルモン「エストロゲン」が減少し、発症する。

    発症時期・期間の違い

  • 男性の場合…
    早ければ30~40代で発症する場合もあるが、遅ければ70代になるまで発症しないこともある。また、症状が落ち着くまでの期間にも規則性がなく、長期間治まらないこともあるように、男性更年期症状は発症や症状が治まるまでの期間に個人差が大きい。

  • 女性の場合…
    閉経の前後およそ5年、特に40代~50代にかけて発症するケースがほとんどで、ホルモンバランスに心身が適応したタイミングで症状も治まる。発症の時期や期間に、男性ほど個人差がない。


    男性更年期の症状は身体と心にあらわれる

    ここからは、男性更年期症状に現れる代表的な症状について、身体症状と精神症状の2つのカテゴリに分けて具体的にご紹介します。

    男性更年期によって現れる身体症状

    • 動悸、ほてり、のぼせ、発汗、冷えのぼせなどホットフラッシュ
    • 頭痛、耳鳴り、めまい、呼吸困難
    • 脂質や糖質の代謝低下による、肥満や生活習慣病の発症
    • 慢性的な全身の疲労感や、倦怠感
    • 筋力と体力の低下
    • 筋肉痛や関節痛の増加
    • 頻尿、または排尿障害
    • 性欲減退、勃起機能障害、勃起不全(ED)
    • ひげや体毛が薄くなる

    男性更年期によって現れる精神症状

    • いつもイライラして、不安感や焦燥感がある
    • 気分がひどく落ち込んだり、急にパニックになる
    • 上記の抑うつ症状による、睡眠障害や不眠
    • 集中力、判断力、記憶力の低下
    • 物事への興味や、行動意欲の低下

    なお、男性更年期の症状は女性更年期に比べ、心身症状が複合的に起こる傾向が見られます。



  • 漢方で男性更年期の症状を和らげるために

    男性更年期症状を医療機関で治療する場合、症状改善のために、西洋薬とあわせて漢方薬も処方されることがあります。

    以下に、男性更年期に処方されることの多い漢方薬の種類とその効能をまとめてご紹介します。

  • 四逆散(しぎゃくさん)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、抑肝散(よくかんさん)など
    ⇒男性更年期症状のうち、特にイライラや不安などの精神症状に効果的。

  • 六味丸(ろくみがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんぎがん)など
    ⇒男性更年期症状のうち、特に全身倦怠感や気力・性欲の減退、生殖機能の低下に効果的。

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、六君子湯(りっくんしとう)、人参湯(にんじんとう)、大建中湯(だいけんちゅうとう)、帰脾湯(きひとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)など
    ⇒男性更年期症状により、内臓を含む全身の機能低下が起こっている場合に効果的。

    男性更年期の症状改善には、生活習慣の見直しも

    男性更年期による諸症状の改善には、基本的な食事や生活習慣の見直しも欠かせません。
    以下に、男性更年期改善のために漢方薬の服用とあわせて実践してほしい生活習慣見直しのポイントをまとめました。

    ストレスを緩和して、しっかり休む習慣をつける

    人間関係や家庭・仕事など、ストレスの原因がわかっているならできるだけそこから離れ、あなたにかかるストレスを軽減してください。
    また、1日あたり8時間を目安に夜間にしっかり眠る習慣をつけ、疲労とストレスを蓄積させないように休む習慣をつけていきましょう。

    男性の体に必要な成分を、食事からバランスよく摂る

    テストステロンの分泌を促してくれる亜鉛やタンパク質を積極的に摂るのも、男性更年期症状の改善にとても効果的です。
    なお、食事は肥満や生活習慣病の原因となる糖や中性脂肪の過剰摂取を避け、バランスよく食べるようにしてくださいね。

    適度に運動をして、筋肉に程よい刺激を与える

    運動によって筋肉が刺激・強化されると、テストステロンの分泌量が高まると報告されています。ストレス発散のためにも、1日10~30分を目安に軽く運動する習慣をつけましょう。

    イキイキできる場所を見つけて、精神症状を緩和する

    生きがいや趣味など、自分にとって居心地が良いと感じられる場所がないと、男性更年期による精神症状はどんどん悪化していきます。
    職場の人やパートナー・家族との交流や、趣味やスポーツのサークルなど、どんな分野でも構わないので、自分がイキイキと過ごせる場所を1つは見つけておきましょう。


    漢方で症状が改善しなかった場合

    医師の指導のもと漢方薬を服用し、生活や食事の習慣を見直しても男性更年期の症状が改善しないときは、ホルモン補充療法が行われる可能性があります。

    ホルモン補充療法は、心身の不調の原因であるテストステロンの減少を、ホルモン製剤やテストステロンの分泌を促す薬剤の注射・点滴で補う治療法のことです。

    以下に、男性更年期症状のホルモン補充療法についてまとめました。

    男性ホルモン補充療法の種類

  • テストステロン製剤の注入
    注射または点滴で、2~4週間のペースでテストステロンそのものを注入する治療法。

  • hCGホルモン注射の注入
    主に注射で、1週間に1~2回のペースでテストステロン分泌を促す薬剤を注入する治療法。


    男性更年期の症状改善に漢方薬は効果的!詳しくは医師に相談を

    女性の更年期症状と同様、男性の更年期症状の改善にも、漢方薬は効果的と言われています。症状によって効果的な薬は異なりますので、興味のある方は試してみてもいいでしょう。

    なお、漢方薬の服用と生活習慣の改善を併用しても症状が改善しないときは、ホルモン補充療法が必要かもしれません。症状が辛くどうしようもなくなったら、今後の治療法について医師にきちんと相談しましょう。

    • Twitter
    • facebook
    • googleplus
    • LINE