今すぐネットで購入!

パッケージ画像 マスクニキビに効く 皮膚炎にも ネオ小町錠 続けて飲んで、治療と予防を 皮膚病用内服薬第2類医薬品販売名:ネオ小町錠 マスクニキビに効く 皮膚炎にも ネオ小町錠 続けて飲んで、治療と予防を 皮膚病用内服薬 第2類医薬品 販売名:ネオ小町錠

毎日のマスクで、
ニキビや肌荒れ。
困っていませんか?

マスク生活がつづくと、

摩擦 バリア機能が低下摩擦 バリア機能が低下

ムレ 雑菌が繁殖しやすいムレ 雑菌が繁殖しやすい

乾燥 水分が蒸散乾燥 水分が蒸散

ただでさえ、デリケートな口周りの皮膚。
摩擦や雑菌などによって、健康な肌の状態
(ターンオーバーのサイクル)が保てなくなってしまうのです。

理由をくわしく見る

摩擦

マスクの繊維が肌とこすれ合うたびに皮膚表面が削られ、バリア機能が低下。お肌はデリケートな状態におかれます。

ムレ

マスクの中は温度と湿度が高く、雑菌が繁殖しやすい環境に。バリア機能の低下と併せてニキビや吹き出物ができやすくなります。

乾燥

マスクを外すと湿り気が急激に蒸散。その時、肌内部の水分も一緒に奪われるため、かさつきやごわつきが起こって肌荒れしやすくなります。

でも、みんなマスク生活なのに
ニキビができる人ニキビができる人 ニキビができない人ニキビができない人 いるよね?

くり返してしまう、そのニキビ。
ほんとうの原因は
「からだの中」
にあるのです

図:くり返しニキビの原因はからだの中にある 【からだの中】ストレスや不規則な生活→毒素や老廃物がたまる→肌のターンオーバーが乱れる→くり返すニキビへ 【からだの外】マスクなど外部からの刺激→くり返すニキビへ図:くり返しニキビの原因はからだの中にある 【からだの中】ストレスや不規則な生活→毒素や老廃物がたまる→肌のターンオーバーが乱れる→くり返すニキビへ 【からだの外】マスクなど外部からの刺激→くり返すニキビへ

マスクなどによる
ニキビ・皮膚炎
治療・予防もできる
ネオ小町

余分な老廃物や膿をからだの外へ 出す余分な老廃物や膿をからだの外へ 出す

ヨクイニンなど 12種類の生薬ヨクイニンなど 12種類の生薬

お肌に必要な成分を 補うお肌に必要な成分を 補う

ビタミンB2、B6、Cなど 5種のビタミンビタミンB2、B6、Cなど 5種のビタミン

メチオニン 必須アミノ酸の一種で体内でシステインの基になる化合物メチオニン 必須アミノ酸の一種で体内でシステインの基になる化合物

それにより
お肌
ターンオーバー
を整えて
生まれ変わる力
引き出します。

こんな方におすすめ

  • もともと肌トラブルあり。
    マスクの生活でひどくなった

  • ニキビがひどくて、
    マスクを外せなくなりそう

  • 塗り薬だと、
    マスクにつくのが気になる

  • くちびるの荒れも気になる

ネオ小町錠だからできること

  1. くり返すニキビ
    おすすめです

  2. からだの中から治療できる、オリジナル和漢処方

  3. 続けて飲んで、
    治療と予防を

まずは、
週間おためしください

マスクニキビに効く 皮膚炎にも ネオ小町錠 第2類医薬品 続けて飲んで、治療と予防を お試し7日分(63錠)1,298円(税込) 皮膚病用内服薬 販売名:ネオ小町錠マスクニキビに効く 皮膚炎にも ネオ小町錠 第2類医薬品 続けて飲んで、治療と予防を お試し7日分(63錠)1,298円(税込) 皮膚病用内服薬 販売名:ネオ小町錠

今すぐネットで購入!

  • こちらで販売中 amazon
  • お近くのドラッグストアでも
    ご購入いただけます。

大きめサイズもあります

126錠 約2週間分 2,310円(税込)、270錠 約30日分 3,960円(税込)

「飲み方アドバイス」 「飲み方アドバイス」

どのくらい飲めばいいの?

1回3錠、1日3回から始めてみてください。
お腹がゆるくなってしまう方は、1日の回数を2回に減らしてみてください。
なかなか効果が感じられない方は、1回の量を4~5錠に増やしてみてください。

いつ飲めば効果的?

「ネオ小町錠」はいつでも服用できますが、生薬がベースとなっていますので、食前または食間に服用するのがおすすめです。
胃腸が弱い体質の方は、胃腸への負担を考え、食後に服用することをおすすめします。

効果はいつごろから現れるの?

多くの場合、1~2週間で効果が現れます。
まれに、飲み始めて数日後にいったん症状が悪化したように感じることがあります。好転反応の可能性もありますが、まずは医師や薬剤師、登録販売者にご相談ください。

※好転反応とは、毒素が排出されることにより、一時的に症状が悪化したように見える状態です。

Q&A

お薬についてのご相談や、
今の症状にあわせた飲み方をアドバイスします

お気軽にお問い合わせください

ご相談窓口

TEL:078-929-0112(代)

午前9時~午後5時30分(土・日・祝日、弊社休業日は除く)

メールお問い合わせ