摩耶堂のあゆみABOUT MAYADO

1935年
(昭和10年)
神戸市灘区において創業。
煎じ薬・民間薬等を販売。

1950年
(昭和25年)
神戸市灘区岸地通において製薬工場を新設し、製造・卸・小売を一体化した
薬草や民間薬を中心としたメーカーとしての基礎を築く。
1953年
(昭和28年)
神戸三宮地区に小売店舗展開を行う。
1956年
(昭和31年)
金蛇精をはじめ一連の独自開発品の承認、製造許可を得て、製造及び販売を開始。

1967年
(昭和42年)
一連の煎じ薬を漢方エキス製剤化し、新たに製造及び販売を開始。
1968年
(昭和43年)
近畿地区において、薬局・薬店を中心に直販体制を構築する。
1981年
(昭和56年)
代理店を通じ、日本全国への商品供給が始まる。
サンテレビで金蛇精、ネオ小町錠のCM開始。

1984年
(昭和59年)
神戸市西区玉津町にGMP(Good Manufacturing Practice)適合工場を新設、本社工場を移転し、操業を開始。
1995年
(平成7年)
阪神・淡路大震災により被災し、本社および工場に被害を受ける。
1996年
(平成8年)
工場再建。
医療用医薬品分野にマヤドー薬品株式会社が参入、大阪市中央区にて営業活動を開始。
2000年
(平成12年)
医療用外用剤の製造・販売を開始。神戸市西区二ツ屋に物流センター機能を持つ新社屋完成。
2001年
(平成13年)
マヤドー薬販(株)、東京マヤドー薬販(株)、マヤドー薬品(株)を摩耶堂製薬株式会社に統合し、神戸に営業本部、東京に支社を設置。
2015年
(平成27年)
ロート製薬グループに加入。

2016年
(平成28年)
販売網の整備、直営薬店の閉店、主力商品のリニューアルなどの経営改革を順次実施。