和漢コラム腰痛の悩みにCOLUMN

腰痛が寝起きに起こる4つの原因とおすすめの対策

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

朝の心地よい目覚めを邪魔する、重だるい腰の痛み。疲れをリセットしようと床についたのに、寝起きに腰痛を感じると、せっかくの1日のスタートから、やる気をそがれてしまいますよね。

厚生労働省が平成25年に行った調査によると、朝の8~10時の時間帯に腰痛を訴える人が多いという結果が出ています。また、普段の生活ではそれほど腰に痛みを感じないのに、寝起きだけ痛むという人も。横になるのは、立ったり座ったりするより腰への負担が少ないはずなのに、なぜ?と不思議になりませんか。

今回のコラムでは、腰痛が寝起きに起きる原因と、その対策についてご紹介します。

寝起きの腰痛は睡眠時の冷えが一因

午前4~6時は、人間の体温が最も下がりやすい時間帯。体温が下がるとからだは熱を逃がさないように血管を収縮させるので、血液の流れが悪くなります。そうすると血液中にある疲労物質がスムーズに流れにくくなり、筋肉を硬くして痛みの原因に。これが寝起きの腰痛につながると考えられています。

体温低下からくる寝起きの腰痛を防ぐためには、保温性・吸湿性の高い綿のパジャマを選ぶ、エアコンのタイマーを活用して寝室の温度を管理するなどの工夫をしましょう。

「冷え」から来る腰痛に要注意。そのメカニズムと改善策5つ。


寝起きの腰痛につながりやすい寝方

仰向け、横向き、うつ伏せなど、どんな寝方であっても、長時間同じ姿勢で眠っていると腰に負担がかかります。例えば仰向けに寝ると、内臓や内臓脂肪の重さが重力によって腰にかかります。内臓は体重のおよそ4割を占めていて、体重53kgの女性では内臓の重さは約21kg。その重さがずっと腰にかかると腰の血管が圧迫され、血流が滞って疲労物質が発生し腰痛を引き起こしてしまうのです。

また、横向き寝はからだの左右どちらかの側面で全体重を支えるので、下になっている部分に負担がかかります。これが骨盤のゆがみにつながり、その結果、腰痛を引き起こす恐れが。特に注意したいのがうつぶせ寝。腰が反り、おしりを突き出したような状態(いわゆる反り腰)になります。うつぶせ寝を続けると腰に負担がかかり、これも朝の腰痛の原因に。

つまり同じ姿勢を取り続ければ、どの寝方にも何らかのデメリットはあるということ。じゃあ、どうしたら?という声が聞こえてきそうですが、睡眠中に適度に寝返りを打てていれば、同じ姿勢を取り続けることはなくなるはず。

では、寝返りをうちやすくするにはどうすればよいのでしょうか。スムーズな寝返りのコツを次でご紹介します。




背中痛・腰痛の出どころに効きます 雲仙錠のブランドページへ


背中痛・腰痛の出どころに効きます 雲仙錠のブランドページへ




  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE