和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

便秘のとき、黒いウンチが出るのはなぜ?対処法はあるの?

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
便秘のとき、黒いウンチが出るのはなぜ?対処法はあるの?

便秘のときに出たウンチが黒い色をしていると、不安になってしまいますよね。
ただ、「黒いウンチ」でも、細かい色や形状、ニオイの違いなどによって原因が変わってきます。
腸内環境の悪化による一時的な便秘が原因の「心配がないもの」もあれば、内臓の機能の低下や病気が原因の「心配があるもの、危険なもの」もあるので油断はできません。

そこで今回は黒い便の原因と対策を中心に、ウンチの色と形状からどんなことが分かるかを詳しく解説していきます。

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

本記事の監修薬剤師

監修薬剤師 植田昌男

氏名:植田 昌男
経歴:近畿大学薬学部薬学科卒業 薬剤師免許取得(平成7年)
社歴:平成19年6月 入社


便秘で黒いウンチが出る原因とは!?

便の色チャート図:酸性、ビリルビンの色、アルカリ性

ウンチの色が「茶色」になのは、「胆汁」に含まれる「ビリルビン」という物質の色によります。
そして、このビリルビンは、酸性かアルカリ性かによって色が変わる性質があり、酸性だと黄色っぽい茶色、アルカリ性だと黒っぽい色になります。

善玉菌が多く腸内環境が整った状態だと、腸内は酸性に傾いている状態になります。このように腸内が健康であれば、酸性の環境によってウンチも健康な黄色っぽい茶色になります。
ところが、腸内環境が乱れてしまう悪玉菌が増えてしまうと、腸内はアルカリ性に傾いてしまうことでウンチが黒っぽい焦げ茶色になってしまうのです。

そして、ウンチがカチカチに硬くなってしまうのは、便の水分量が少なすぎることが主な原因です。

ウンチは、本来70〜80%の水分が含まれている状態が理想です。
腸内では、初めはドロドロの液状だったウンチの素(食べ物のカス)が腸内を運ばれる間に水分を吸収されてウンチになっていきます。排便で出てくる頃に、ちょうど「半練り状の硬さ」になっていれば、すっきり感が得られる健康なウンチとして排便されます。

ところが便秘で長い間腸内にウンチが留まってしまうと、腸に水分が吸収されすぎてしまうことになってしまい、カチコチに硬くなってしまうのです。

つまり、便秘のときに黒くて硬いウンチがでるのは、善玉菌が少なくなって腸内環境が乱れてしまい、便秘によってウンチの水分が奪われてしまうのが原因ということ。
「腸内環境を整えて便秘を解消すること」が健康なウンチを目指す対策になります。

便秘で黒いウンチが出たときの対処法

上でも説明した通り、黒くて硬いウンチは、腸内の善玉菌が減ってしまい悪玉菌が増えてしまっている状態です。
善玉菌を増やせば相対的に悪玉菌は減っていくので、善玉菌を増やすことが対策の第一歩になります。

まずは、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を意識して摂るようにしましょう。
仕事などで忙しく食事で摂れないときは、乳酸菌サプリや食物繊維サプリ、健康補助食品などで補ってあげてもかまいません。
ただ、サプリメントや健康補助食品はあくまでも「補助」です。必要な栄養素は、なるべく食事から摂るようにしてください。

乳酸菌や食物繊維をたっぷり摂ることを習慣化したうえで、運動やストレッチで腸を刺激して、腸のぜん動運動を促してあげましょう。
また、水分をたくさん摂ることも便秘解消の手助けになります。忙しくても、こまめに水分補給することを忘れないようにしてくださいね。

黒い「ドロドロのタール便」は病気が原因?

ウンチが黒くなってしまう原因のひとつに、「出血」があります。
食道や胃、十二指腸、小腸など、消化管の上のほうの臓器(上部消化管)から出血していると、消化していく経過のなかで出血した血液が酸化し、赤色から黒色に変化します。この酸化して黒くなった血液がウンチに混ざると、黒いドロドロとしたタール便になってしまう可能性があるのです。

黒いタール便の原因になる病気

上部消化管の出血の原因になり、黒いタール便を引き起こす可能性がある病気には以下のものが挙げられます。

  • 食道がん
  • 食道静脈瘤
  • 胃潰瘍
  • 胃炎
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸乳頭部がん

その他、鉄剤などの造血剤を服用している場合、その影響で便が黒くなることもあります。
いずれにしても重大な病気が隠れている可能性があるため、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

ウンチの色や形状で分かる身体の状態とは?

これまでは「黒いカチカチのウンチ」について説明してきましたが、ウンチの色や状態を観察することは、自分の健康状態を確認するうえで役立ちます。
以下のことを参考に「毎日のウンチチェック」を習慣化して、健康管理に努めましょう。

灰色っぽいウンチ

灰色っぽいウンチは、脂肪分の高い食事を食べすぎて消化不良を起こしているときや、バリウムを飲んだときに出ることがあります。

これらに心当たりがない場合は、何らかの理由で胆汁の流れが滞っている可能性があります。胆汁が滞ってしまうと、ビリルビンがウンチに混じらなくなってしまうので、ウンチにビリルビンの茶色が表れていない状態になってしまうのです。

胆汁を分泌する胆のうや、胆汁が通る胆管が、病気などで機能障害を起こしている可能性があるので、すぐに病院に行きましょう。

赤いウンチ

トマトや赤ワインなど、赤いものを食べすぎたり飲み過ぎたりすると、一時的にウンチにその色が表れることがあります。

しかしそのような心当たりがない場合には、赤い便は危険信号です。
肛門や大腸のポリープ、がん、炎症などが原因で出血し、それが便に混ざっている可能性が考えられます。

また便秘で硬くなってしまった便が、肛門から出るときに周囲を傷つけ、便に血が付着していることもあります。
いずれにしても、すみやかに医師の診察を受けましょう。

コロコロのウンチ

ウサギの糞のような、コロコロの粒が集まったウンチは「けいれん性便秘」の可能性があります。けいれん性便秘とは、ストレスが原因で腸のぜん動運動が活発になりすぎてしまい、ウンチが通りにくくなることで起こる便秘です。

できるだけストレスを避け、趣味を楽しむ時間を作るなど、なるべくゆったりと過ごすことを心がけてみましょう。
ただし医療的な治療が必要な場合もあるので、長期間続くようなら早めに病院を受診してください。

ドロドロのウンチ

ドロドロで刺激臭のあるウンチは、肉類や脂肪分を多く摂りすぎてしまったことで、悪玉菌が増えすぎた状態になっている可能性があります。また、ドロドロのウンチが出るときはウンチやオナラガ臭くなってしまうことが多いですが、これも腸内の悪玉菌がインドールやスカトール、硫化水素など悪臭の原因物質を活発に放出していることが原因の可能性があります。

肉類やお酒、脂っこい食事の摂り過ぎに心当たりがある場合は、毎食のメニューや食習慣を見直すことをおすすめします。野菜や発酵食品を多く摂り、腸内環境を整えていきましょう。

ひょろひょろの細いウンチ

ひょろひょろと細いウンチは、食物繊維が足りていないサインのことが多いです。
ダイエットなどで食べる量を制限しすぎていませんか?ウンチの材料になる野菜や、穀物性の食物繊維もしっかり摂りましょう。

ただしダイエットもしていないのに、急にウンチが細くなったという人は要注意です。
大腸がんやポリープなどの病気で、腸内のウンチの通り道が狭まっている可能性があります。
心当たりがある人は速やかに医療機関を受診しましょう。

便秘でもウンチは毎日チェックして、健康状態を確認しよう

ウンチには、私たちに体内の状況を教えてくれるいろいろな情報が詰まっています。
黄色っぽい茶色ではない、いつもと違う色のウンチは病気のサインかもしれません。
毎日ウンチの状態をチェックして、病気の早期発見に備えましょう。

そして、毎日のウンチチェックは便秘解消にも役立ちます。
ウンチの状態で腸内の状態を確認して生活習慣や食習慣を見直し、便秘の根本からの解決を目指してくださいね。

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

おなかを温めて治す、便秘薬