和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

黒いウンチが伝えてくれる、便秘改善へのメッセージ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

ウンチの色をチェックすることは、自分の健康を知るためにたいせつ「今日のウンチ、なんだか黒い!これって病気?」・・・いつもと違う黒い便を見ると、誰しも驚いて不安になってしまうでしょう。

ひとくちに黒い便と言っても色や形状、ニオイの違いなどによって、便秘で腸内環境が悪化しているせいだったり、内臓の機能が低下しているサインだったり、場合によっては病気が隠れていることもあります。

ウンチを観察することは、自分の便秘のタイプを知ることにも役立ちます。
そこで今回は黒い便の原因と対策を中心に、便秘のときのウンチの色と形状から分かることについて、詳しくご紹介していきます!

黒くて硬いウンチは悪化した腸内環境のせい

便の色チャート図:酸性、ビリルビンの色、アルカリ性ウンチの色というと茶色が思い浮かびますが、なぜ茶色いのか知っていますか?
それは「胆汁」に含まれる「ビリルビン」という物質の色によります。このビリルビンは、酸性かアルカリ性かによって色が変わる性質を持っており、酸性だと黄色っぽい茶色、アルカリ性だと黒っぽい色になります。

大腸のなかに善玉菌が多いと、腸内は酸性に傾いています。そこで、ウンチも黄色っぽい茶色に。ところが悪玉菌が増えると、腸内はアルカリ性に傾くため、ウンチが黒っぽい焦げ茶色になるのです。

また、硬いカチカチウンチの理由は、便の水分量が少なすぎること。
本来、便には70〜80%の水分が含まれているのが理想です。初めはドロドロの液状だったウンチの素(食べ物のカス)が腸内を運ばれる間に水分を吸収され、出てくる頃にちょうど半練り状の硬さになると、すっきり感が得られる快便に。
ところが便秘で長い間腸内に便が留まっていると、便に含まれる水分が吸収されすぎ、カチコチに硬くなってしまうのです。

つまり黒くて硬いウンチは、便秘で腸内に悪玉菌が増えてしまっている状態。善玉菌を増やせば相対的に悪玉菌は減るので、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を意識して摂るようにしたり、乳酸菌サプリなどで善玉菌を外から取り入れてみるのも良いでしょう。そのうえで運動やストレッチで腸を動かし、水分をこまめにとるなどの便秘対策を取り入れましょう。

黒くてドロドロのタール便は病気が隠れていることも

黒い便の理由には、ビリルビンがアルカリ性に反応した以外にもうひとつ、「出血」の可能性が考えられます。
食道や胃、十二指腸、小腸など、消化管の上のほうの臓器から出血している場合、大腸を通るときに血液が腸内細菌によって分解され、赤色から黒色に変化します。そのため黒いドロドロとしたタール便になっている可能性が。
その他、鉄剤などの造血剤を服用している場合、その影響で便が黒くなることもあります。
いずれにしても重大な病気が隠れている可能性があるため、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。



おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ


おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ




  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE