和漢コラムニキビの治し方COLUMN

顎下のニキビはホルモンバランスが原因!?すぐできる改善対策を一挙紹介!

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

顎下のニキビはホルモンバランスが原因!?すぐできる改善対策を一挙紹介!

顎下や顎周りのニキビは治りにくく、鏡を見るたびに気になってしまうものです。
大人ニキビの代表ともいえる顎ニキビの原因は、思春期ニキビと違うことをご存知でしょうか。

今回は顎周りのニキビの原因になるホルモンバランスの乱れについて、対策もあわせて解説していきます。すぐにできる方法を紹介するので、ぜひ試してみてください。

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

本記事の監修薬剤師

監修薬剤師 植田昌男

氏名:植田 昌男
経歴:近畿大学薬学部薬学科卒業 薬剤師免許取得(平成7年)
社歴:平成19年6月 入社

大人ニキビが顎下や顎周りにできやすい原因とは!?

まず最初にお伝えしておきたいのは、思春期の頃にできるニキビと20代後半頃からできるニキビでは、その原因がまったく異なるということです。
大人ニキビは、皮脂分泌が過剰になりやすい思春期とは違い、年齢とともに体内のコンディションが乱れることでお肌に現れてくるという特徴があります。

とくに顎の周りにできるニキビは、大人ニキビの典型とも言われているほど多く見られるものです。
では、10代の頃は頬やおでこにできることが多かったニキビが、大人になるとなぜ「顎」にできてしまうのでしょうか。

顎下や顎周りは毛穴が詰まりやすい!?

この謎を紐解くために、まず顎のお肌について考えてみましょう。

顎周りのお肌はあまり汗をかかない部分であり、実はもともと毛穴が発達していないんです。そのため、皮脂の分泌が少し増えただけでも、毛穴が詰まりやすくなるという特徴があります。
そこにストレスなどでホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されるようになり、顎の毛穴を詰まらせてしまうのです。

大人になると、睡眠不足や暴飲暴食、職場のストレスなどでホルモンバランスが乱れがち。さらに女性ならメイクの洗い残しなどが詰まってしまうこともあるでしょう。

そして顎の部分はターンオーバーが遅い場所でもあります。つまり、一度ニキビができてしまうと治りにくい場所ということも、顎回りにニキビができやすいという原因になるのです。

顎下のニキビを増やすのは、男性ホルモン?女性ホルモン?

ホルモンといってもさまざまな種類がありますが、ニキビや肌荒れに関係が深いのは、女性ホルモンと男性ホルモンといわれています。

この2つの相反するホルモンのバランスが乱れることがニキビの原因となるのですが、ニキビの発生に大きく関わっているのは男性ホルモンで、男性ホルモンの分泌量が過剰になってしまうことでニキビができやすくなってしまうと考えられています。

「女性なのに男性ホルモン?」と思われるかもしれませんが、女性男性ともに両方のホルモンが作られています。
大まかにいえば、男性ホルモンは皮脂分泌を促進して角質を厚くする働き。女性ホルモン(エストロゲン)には、皮脂を抑えたり、肌のバリア機能を高める働きがあります。

つまり、男性ホルモンの分泌が多い状態が続くと皮脂分泌が増えてしまい、女性ホルモンが少なくなるとお肌を守ろうと角質が厚くなるということ。
どちらも毛穴を詰まらせる原因であり、ニキビができやすくなる原因になります。

じゃあ、顎下のニキビを引き起こす男性ホルモンは必要ないの?

上記の話を聞くと、ニキビの原因となる男性ホルモンなんて必要ないのではと思ってしまうかもしれませんね。
でも、やっぱり男性ホルモンも必要なんです。

女性ホルモンのエストロゲンが増えすぎてしまうと、必要な量の皮脂が分泌されなくなってしまい、お肌の乾燥の原因になります。
乾燥するのは顔のお肌だけでなく全身なので、デリケートゾーンの不具合など「婦人病」の原因になってしまうことも。

男性ホルモンも女性ホルモンも、どちらが良い・悪いということではありません。両方がバランスよく分泌されていることが大切ということです。

男性ホルモンが増えてしまう原因は何?

顎周りのニキビの原因になる男性ホルモンの増加の原因のひとつに、慢性的なストレスがあります。

私たちの体はストレスを感じると、それに対抗して抗ストレスホルモン(コルチゾールやアドレナリン)を分泌します。これらはストレスに打ち勝つために必要なホルモンですが、慢性的に分泌され続けてしまうと男性ホルモンの過剰分泌を招き、ニキビを引き起こしてしまいます。

もうひとつの原因は自律神経の乱れです。

自律神経には体を緊張状態にする交感神経とリラックス状態にする副交感神経があり、ストレスや不規則な生活習慣など何らかの原因で交感神経が優位な状態が続くと、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになってしまいます。
つまり、男性ホルモンが増えすぎないようにするには、ストレスや不規則な生活習慣を改善する対策が必要なのです。

顎下のニキビを改善する、おすすめの対策とは!?

これまでの説明で、ストレスや不規則な生活を改善することが結果的に顎周りのニキビの改善につながることがわかったのではないでしょうか。
以下で「すぐに始められる対策」をご紹介していきますので、ぜひ試してみてください。

睡眠

ニキビの改善に限らず、ぐっすり眠ることは心身を癒す何よりの薬です。疲れているなと感じたら、何を置いてもしっかり眠ることを心がけましょう。
しっかり睡眠をとることは男性ホルモンのバランスだけでなく成長ホルモンの分泌を促すことでお肌の「ターンオーバー」を正常化する効果が期待できます。

一番の理想は、成長ホルモンがたくさん分泌される22時から2時のゴールデンタイムに熟睡できる状態を作ることですが、仕事や家事で忙しい現代の人にとっては難しいと思います。

最近は、眠りはじめてから3時間を熟睡することができれば問題ないと考えられているので、何時でも構わないのでまずは熟睡できる環境を作ることが大切です。

質のよい眠りにつくためには、

  • 寝る前に、コーヒーなどのカフェインは避ける。
  • 眠りを誘う効果が高いとされる牛乳や豆乳を温めて飲む
  • 寝る前に照明を暗めにしておく
  • 強い光は脳に刺激を与えるので、寝る前にパソコンやスマホは見ない
  • 室温26~27度、湿度60%前後に保つ
  • 夕食は、就寝3時間前には終えるようする

などを心がけてください。

そして、もし眠れなかったという場合は、翌日にお昼寝をするといいですよ。20分以内の昼寝は、夜の熟睡に相当するとも言われています。

食生活の見直し

栄養のバランスを考えながら、1日3食を規則正しく食べることをおすすめします。
仕事などで時間がとれないという人も多いでしょうが、区切りをつけてリフレッシュしたほうが精神的にも脳科学的にも仕事の効率は上がるといわれていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、ホルモンバランスを整えてくれる食品には

  • 女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンを含む大豆製品(豆腐、納豆、油揚げ、味噌など)
  • 女性ホルモンを整えるビタミンB6を含む食品(まぐろ、かつお、とうがらし、にんにく、鶏肉など)
  • 生理不順の改善など、女性ホルモンの働きを調整するビタミンEを含む食品(アーモンド、ピーナッツ、モロヘイヤ、アボカド、かぼちゃ)

などがあります。

冷え解消。体を温める

体が冷えている状態は、自律神経やホルモンバランスを崩す原因になります。
冷えを解消し体を温める方法として、以下のことに気をつけてください。

  • 湯船に浸かるようにする
    夏でもお風呂に浸かる。夏の暑い時期はシャワーなどで済ます人も多いと思いますが、エアコンなどで思った以上に体は冷えています。
    少なくとも週に何回かお風呂に浸かったり、半身浴などで冷えた体を温めてあげましょう。
  • 体を温める食べものを食べる
    体を温める食べものの代表的なものは、野菜でいえば冬が旬の野菜、根菜です。
    生姜、ねぎ、かぼちゃ、にんじん、にんにく、ごぼうなどを積極的に食べましょう。
    また、高たんぱく低カロリーの食品(鶏のささみ、まぐろ、豆腐)などもおすすめです。

女性は生理前後、男性は髭剃りにも注意!

女性ホルモンのバランスが乱れる生理前後のタイミングも、顎周りのニキビ対策には気をつけたいところです。

女性ホルモンには、皮脂分泌を抑えて肌のバリア機能を高める「エストロゲン」と、皮脂を分泌させる「プロゲステロン」の2つがありますが、生理の前後にはプロゲステロンが多く分泌されます。プロゲステロンの増加は、お肌の状態を不安定にしたり、ニキビの原因になることがあります。

ちなみに、プロゲステロンには体を妊娠状態に保とうとする働きもあります。母胎や受精卵を守るためには、水分や脂肪を多く蓄える必要があるので、太りやすくなったりむくみが出やすくなるのはこのためです。

また、生理前後には便秘になりやすくなるという人もいるのではないでしょうか。便秘自体が直接ニキビにつながることは立証されていませんが、腸内環境の乱れがニキビや便秘の原因になるという考え方もあります。
生理前後はできるだけ規則正しく過ごすようにし、この時期に無理なダイエットに励んだりしないようにしてください。

漢方薬などで改善できる場合も多いので、自分の体質にあった薬を選んでもいいでしょう。

男性は髭剃りのダメージに注意

男性の場合は、ホルモンバランスのほかに「髭剃りのダメージ」が顎周りのニキビの原因になることがあります。
カミソリやシェーバーは必ず清潔なものを使い、髭剃り後には化粧水やローション、クリームなどを使って保湿ケアを徹底しましょう。

不潔なカミソリを使ったり、髭剃り後のケアを怠ると、顎周りのニキビだけでなく、毛嚢炎を引き起こしてしまうことがあります。

体の声を聞きながら、日々の生活を整えて顎ニキビを改善しよう

顎周りのニキビの原因のひとつはホルモンバランスの乱れであり、ニキビは体や心の不調のサインとして現れることもあります。顎周りのニキビが気になったときは、体をいたわってあげなければいけないサインです。
忙しくても少し休憩し、食事や睡眠の環境を整えてくださいね。

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

体のなかからキレイになろう