和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

便秘の改善に、すぐできる9つのワザ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

便秘の改善に、すぐできる9つのワザ気分が上がらないのは、やっぱり便秘のせい。いますぐできる改善方法があるなら、早くトライしてスッキリしたい。 週末には女子大時代の同級生と一年ぶりの飲み会で、久しぶりのみんなと思いっきりはじけたいのに……。

目の前の憂うつをさっさと吹き飛ばしたいあなたに、緊急回避から日常対策まで、いますぐできるだけかんたんに取り組める9つの便秘解消ワザをご紹介します。

便秘を改善する、すぐにできるかんたんな9つの対処法

ずっとお腹が張って、気分まですっきりしない。このままでは仕事にも身が入らない。今すぐなんとかしたい便秘の解消法を探している人に、すぐにできてしかも簡単な改善ワザをピックアップしました。

1. 便秘薬で緊急排便

とにかくすぐに出してしまいたいなら、下剤などの薬を使うのはアリ。長い間、腸に溜め込まれている便は、ますます水分が吸収されてさらに硬くなってしまいます。そうなると便は大腸の中で渋滞して、便秘は悪循環します。だからとにかくなんとか出してしまう方法として下剤は有効です。

ただし、薬の使用が習慣化すると、体が薬に順応してしまい自然な便意がなくなってきます。こうなるとより強い下剤がないと排便できなくなりますので、充分な注意が必要です。薬はできるだけ医師や薬剤師に相談して、症状に合ったものを選びましょう。

下剤などの薬は、あくまでも緊急回避方法であり、便は出せても便秘が治るわけではありません。食生活や運動などによる自然な排便に取り組みましょう。

2. とにかく出すなら浣腸

便をすぐに出す方法として浣腸という手もあります。肛門から液体を入れて腸を刺激する浣腸は、すぐさま排便を促します。飲み薬よりも速やかで3〜10分ほどで便が出ますから、苦しい時には無理をせず頼ってみては?

とはいえ浣腸も飲み薬と同じように、継続して使用し続けると体が慣れてしまいます。浣腸は苦しくてどうしようもないときの奥の手にしておきましょう。

3. ウォシュレットで肛門刺激

今ではどのトイレにもあるというほど普及しているウォシュレット。この、お尻周りを洗浄するアイテムが、便秘改善に使えるのです。赤ん坊の便意を促すときに綿棒で肛門を刺激するのと同じく、温水で肛門周りを刺激することで排便を促してくれます。便秘にガマンは大敵。少しでも便意を感じたら近くのトイレで試してみてはいかがでしょう。

ただし、ウォシュレットによる刺激も飲み薬や浣腸と同じ。癖になってしまうとウォシュレットがないと排便できなくなってしまう恐れがあります。ウォシュレットは補助的に利用するものと考えましょう。




おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ


おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ








  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE