和漢コラム腰痛の悩みにCOLUMN

その腰痛にツボの力を。痛む部位別セルフケア

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

つらい腰痛、今すぐちょっとでもラクになりたい!・・・そんなときに役立つのが「指圧」いわゆる「ツボ押し」です。

一人でもできるツボ押しは、いつでもどこでも思い立ったときにできるのが魅力。それだけでなく、ツボ押しの刺激が筋肉のこわばりを取り除いたり、血流を促進することで、つらい悩みにちゃんと応えてくれます。

このコラムでは、腰痛改善に役立つツボを痛む部位別にご紹介。具体的なツボの位置や効果を分かりやすく解説します。自分の痛みに対応したツボを見つけて、ぜひ効果的なセルフケアに役立ててください。

本記事の監修薬剤師

監修薬剤師 植田昌男

氏名:植田 昌男
経歴:近畿大学薬学部薬学科卒業 薬剤師免許取得(平成7年)
社歴:平成19年6月 入社

腰痛の部位は3つに分けられる

一口に「腰痛」と言っても、人によって痛む部位はさまざま。
大別すると、 下記の3つに分けることができます。

(1)ウエストラインよりも上の「腰背部」
(2)ウエストライン付近の「腰部」
(3)ウエストラインより下の「腰仙骨部」

ツボ押しが有効な腰痛は、慢性的な筋肉疲労や、ストレスなど心因性のもの。椎間板ヘルニアなどのように骨や神経に明らかな異常がある場合は、ツボ押しは適しません。その場合は整形外科での治療が基本になります。
あなたの腰痛が筋肉疲労や姿勢の悪さ、ストレス等から来ているなら、ツボ押しは強い味方。ツボを押すことによるリラックス効果の恩恵を存分に受けてみましょう。

腰から背中にかけて広がる、腰背部の痛みに適したツボ

腰から背中に広がる痛みは、腰を丸めた前屈み姿勢など、背中に負担のかかる状態が長時間続くと起こることが多いようです。柔らかすぎる寝具やソファなども原因のひとつです。

こんなとき真っ先に押したいのが、肩甲骨の下端のライン上に位置する「膈兪(かくゆ)」というツボ。腰背痛を訴える人はたいていこの部分が凝り固まっています。

背中は自分では押しにくいので、押してみてイタ気持ちよさやしこりを感じる部分にテニスボールなどを当て、その上に仰向けに寝て、自分の体重で刺激するとうまくいきます。

もう一つご紹介したいのは、ふくらはぎに位置する「承筋(しょうきん)」というツボ。座骨神経と関連が深く、痛みの緩和に働きかけてくれます。足の血行を促進して温めることにも役立ちます。

腰を中心とする痛みに適したツボ

ウエストあたりを中心に痛む腰痛は、中腰で同じ姿勢を続けたり、重いものを持ち上げたりすることで、腰に疲労が溜まることが主な原因。重いものを持ち上げるときはなるべく腰を落とすなど、腰に負担がかからないようにする工夫をしましょう。

おへその裏側あたりにある「腎兪(じんゆ)」というツボは、腰痛緩和には欠かせない定番のツボと言われています。腎臓や副腎といった内蔵の血液循環を高め、元気にする働きもあるので、頻尿や抜けない疲れ、体のだるさを感じるときにもおすすめです。

「腎兪(じんゆ)」と併せてもう一つ押さえておきたいのは「志室(ししつ)」というツボ。「腎兪(じんゆ)」と似た働きを持ち、こちらも腰のだるさや痛みを軽減してくれます。腎兪と志室、両方押してみて気持ちのよい方、コリのある方を重点的にケアするのも良いでしょう。

腰の下部が痛むときに適したツボ

背骨の下、尾てい骨の上に位置する仙骨。この周辺は腰や足を動かすため、多くの筋肉と神経が通っています。この部分に負担がかかると、それらの神経を刺激して痛むことが。

仙骨周囲のツボを刺激して筋肉と神経のコリや緊張をほぐすと、痛みを緩和することができます。

この目的にぴったりなツボが「関元兪(かんげんゆ)」と「腰陽関(こしようかん)」。どちらも腰の下方にある筋肉をほぐし、こわばった靭帯をゆるめる働きがあります。腰の下部をじんわり温めることで便秘や月経痛を和らげる働きもあるため、そうした悩みを持つ人にもぜひ試してほしいツボです。

腰痛緩和にぜひ活用したいツボの力

腰のこわばりや疲れに気づいたら、一日3回を目安に上でご紹介したツボを押してみましょう。手が届きにくい位置にあるツボはボールを使って、手が届く位置にあるツボなら親指を使って、体の中心に向かって押します。自分が気持ち良いと感じるくらいの強さで押すのがポイント。

これを一度につき5~6回繰り返すと、筋肉の緊張がほぐれ、血流が改善して痛みの緩和に働いてくれます。冷えが気になる時期にはツボ周辺をカイロで温めたり、腹巻きで温めるのもおすすめです。

ただ、症状が慢性化している場合、残念ながらツボ押しだけで根本治療は難しいことがあります。その場合は生活習慣や姿勢、冷えなど、腰痛を引き起こしている原因も改善しつつ、専門的な治療も進めていくことが必要。そうしたアプローチと平行することで、ツボ押しの力をより効果的に、治療に役立てることができるでしょう。

今から2000年以上前に古代中国で生まれた鍼灸医学。ツボ(経穴(けいけつ))を刺激するとどんな症状にどう効くのか、膨大な治療経験を集積することで、人々の悩みに応え健康を守ってきました。
鍼や灸となると特別な技術や道具が必要ですが、ツボ押しなら思い立ったらすぐにでき、道具も必要ありません。つらい痛みを手軽にセルフケアできるツボ押しを、ぜひあなたの腰痛対策に取り入れてみてください。

背中痛・腰痛の出どころに効きます 雲仙錠のブランドページへ

背中痛・腰痛の出どころに効きます 雲仙錠のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

ガマンできない腰痛に
「雲仙錠」無料サンプル