和漢コラムニキビの治し方COLUMN

その大人ニキビは便秘が原因?!腸活でニキビを治す方法

よく、肌は内臓の鏡と言われます。もしもあなたが繰り返す大人ニキビに悩んでいるなら、それは体のなかの状態を反映しているのかもしれません。

このコラムでは便秘がニキビに及ぼす悪影響と、便秘を治す腸活テクニックをご紹介します。
厄介者の毒素や老廃物は体のなかからスッキリ出して、繰り返す大人ニキビのサイクルから抜け出しましょう!

なぜ便秘はニキビの大敵なのか?

健康な肌は、およそ28日の周期でターンオーバーを繰り返し、新しい細胞と入れ替わっています。ところが腸に老廃物が溜まると、腸内に悪玉菌が増えて有害なガスを発生。これが血流にのって全身に回っていき、皮ふの細胞に溜まってしまうと、正常なターンオーバーを阻害すると言われています。

本来なら常に新しい細胞と入れ替わるはずの角質が、いつまでも肌表面にとどまると、肌が透明感を失ってくすむだけでなく、毛穴詰まりの原因に。

詰まった毛穴というのは、実はアクネ菌にとって大増殖の環境が整った状態です。ニキビの原因となるアクネ菌は、温度や湿度の高い環境が大好きで、好物は皮脂、嫌いなものは酸素なんです。そのため、詰まった毛穴に皮脂がたまると爆発的に増殖して大人ニキビの原因に。増えすぎたアクネ菌を白血球が攻撃することで、炎症をともなう赤ニキビ、膿がたまる黄ニキビなどに発展してしまいます。

こうした一連の流れを別にしても、便秘はニキビと深い関係があります。まず便秘自体のストレスがホルモンバランスを乱すことで、皮脂の分泌が増えるなどして大人ニキビの原因に。さらに、そもそも便秘を引き起こす偏った食事や不規則な生活リズムは、大人ニキビの原因にもなるものです。
このように、強い相関性をもつニキビと便秘。大人ニキビに悩む便秘症の方は、ニキビ対策と同時に便秘対策にも取り組むべきだといえます。

すぐできる!便秘を治す5つの腸活テクニック

1. マッサージとストレッチ

腸はおなかのなかで複雑に曲がりくねっています。複雑に折れ曲がった部分にはガスが溜まりやすく、普通の姿勢で過ごしていてもなかなか解消しません。

ガスを移動させて腸のぜん動運動を促すには、身体をねじるストレッチやおなかのマッサージが有効です。一番簡単なのは、10分ほどうつぶせに寝ておなかを圧迫し、両手を上げてそのままごろごろ転がること。腸の向きを変えてガスを移動しやすくします。またリラックスすることで副交感神経が刺激され、腸の動きもよくなります。

2. 便秘の最中に食物繊維は逆効果

たしかに、食物繊維は便秘を防ぐ働きがあります。しかし、「たった今、便秘で苦しい!」という人が食物繊維をたくさんとってしまうと、出口が詰まっているのに便のボリュームを増やしてしまうことに。するとますます腸に負担がかかり、便秘を治すどころか悪循環になってしまいます。

便秘で苦しい間は消化がよく、水分の多いものを食べて、まず詰まりを解消することを優先しましょう。腸が働ける環境をつくってから、しっかりと食物繊維を摂るのが正解です。

3. 夜遅く食べず、朝ご飯を食べる

食べ物が口に入ると、その8時間後に小腸のぜん動運動が活発になります。それによって小腸のなかにあったものが大腸へ送り出され、便通のリズムを作るのです。ところが、8時間以内にまた新たに何かを食べると、小腸はぜん動運動をやめて消化を優先。つまり、ちょこちょこと食事や間食をとると、そのたびにぜん動運動がストップしてしまうのです。

1日1回はしっかりとぜん動運動をさせるため、就寝時間を利用して8時間以上、水分以外は何も摂らない時間をつくりましょう。夕食は早めに食べ、翌朝までは何も食べないようにすれば、ダイエットにも有効です。

さらに、朝からっぽの胃に朝食が入ると、それが刺激になって便意が起こります。朝食をとらないと、この反射が起こらないので排便のタイミングを逃すことに。食欲がないときはコップ1杯の水やジュース、牛乳などでもOKなので、腸を刺激し排便のチャンスをつくりましょう。

4. 食べるときはよく噛む

食べ物をよく噛まずに飲み込んでしまうと、食材は大きいかたまりのまま胃に放り込まれます。その状態から消化していくと、必要な栄養が吸収されにくいだけでなく、胃腸に大きな負担をかけています。

食べ物を口に入れたら、ひとくち30回を目安によく噛みましょう。噛むことによって、消化を助ける唾液がたくさん分泌されます。また、食べ物は小さく噛み砕かれ、胃腸の負担をおさえることができます。

5. 水分をしっかり摂る

汗をかかないから、のどが乾かないからといって、水をあまり飲まない人がいます。しかし気持ちよく出る便は、約80%が水分。水分が不足すると腸のなかで便が硬くなり、進みにくくなってしまうのです。体重が60キロの人で1.5ℓ程度が目安です。積極的に水分を摂りましょう。

大人ニキビを治すなら、まず便秘から

便秘になるとニキビや吹き出物、肌荒れなど肌トラブルが続出することは、みなさん実感されたことがあるのでは?

便秘になると、第一に腸がしっかり働くことができず、食べた栄養をきちんと吸収できません。すると肌に必要な栄養が不足し、ニキビや吹き出物、肌荒れに。
また冒頭でも説明した通り、大腸に古い便が溜まっていると、体じゅうをめぐる血液が汚れ、細胞の新陳代謝にも悪影響が及びます。当然肌はくすみ、大人ニキビが発生することに・・・。

さらに、解毒の臓器である肝臓への負担も見逃せません。ふだんからアルコールや食品添加物などの代謝で大忙しの肝臓ですが、便秘で血液が汚れると、さらに肝臓に負担がかかります。肝臓は栄養を貯めておく貯蔵庫の役割も果たしていますが、肝臓が弱っていると、肌に必要な栄養を貯めておけず、肌荒れにつながってしまうこともあるのです。

繰り返しできてしまう大人ニキビの元凶を断つには、体のなかからのケアが欠かせません。生活習慣を見直すことで便秘を解消し、ニキビのないピカピカ素肌を取り戻していきましょう!

ニキビ、吹き出物を体のなかから治す方法

体のなかからキレイになろう