和漢コラムニキビの治し方COLUMN

治らない大人ニキビ、5つの原因と対策法

治らない大人ニキビ、5つの原因と対策法

10代の頃のニキビは、もっと治りやすかったのに。口の周りやフェイスラインにできることが多くなった。

そんなあなたを悩ませている大人ニキビ(吹き出物)は、思春期にできるニキビとは、原因も対策方法も異なることをご存知ですか?年齢とともに症状が変わるということは、体の状態も変化しているということ。

年代にあった対処方法を知って、自分の体の声に耳を傾けてあげないともっと深刻な事態になるかもしれません。大人ニキビの原因と正しい改善策を知って、健康で明るいあなたを取り戻しましょう。


大人ニキビと思春期のニキビ、その違いとは?

思春期にできるニキビは、皮脂分泌が過剰になることが主な原因。成長ホルモンの分泌が盛んになることから、皮脂が毛穴に詰まりやすくなるためです。ニキビができる場所も、皮脂分泌の多いTゾーン(おでこと鼻)や頬にできることが多いものです。

それに比べて20代を過ぎると、ニキビができる場所も、口の周りやあご、首へと変化していきます。こういった部位はもともと皮脂分泌が少ないところですが、お肌の状態が悪くなるのは体の内側のバランスが乱れているせい。それによって、一時的に皮脂分泌が盛んになったり、お肌のターンオーバーがうまくいかなくなることから大人ニキビが発生しているのです。

大人ニキビは、なぜ治りにくい?

では、体内のバランスが乱れるとはどういったことでしょうか。人間の体はとても微妙なバランスで成り立っているもの。内臓の機能が正常に働くためには、ホルモンの分泌や自律神経の働きが欠かせません。
そのバランスを崩してしまう原因となっているのが、食生活の乱れやストレス、睡眠不足といった不規則な生活習慣によるものです。それらが複雑に関係しているため、大人ニキビは治りにくいと言われます。その要因も人それぞれに違うので、一口にこれを治せば大人ニキビが消えると言えないのが難しいところです。

とはいえ、諦める必要はありません。自分の生活習慣のことは、自分が一番よく知っているはず。どこに問題があるかを見つけてあげれば、改善できることでもあるのです。
それでは、大人ニキビの原因と対策について詳しくご紹介します。

大人ニキビの原因・対策1:不規則な食生活・飲みすぎ食べすぎ

たとえば、甘いおやつやジュースが好き、食事の時間がバラバラ、野菜がきらい、お酒を飲み過ぎる・・・。どれもニキビの原因といえますが、大きく分けると2つあります。それは、食事の内容と食生活のリズム。

食事の内容は、この食べ物=ニキビができるという直接的な関係ははっきりしていません。ただ、動物性脂肪や糖質を含む食品は、皮脂の主成分となるため過剰にとりすぎるのは禁物です。お酒は、糖分を含むものが多いことと、アルコールを体内で分解するときにはビタミンやミネラルを多く必要とするため、お肌に届くはずのビタミンが失われてしまうので飲み過ぎには注意しましょう。

また、食生活のリズムが乱れるというのは、胃腸に負担がかかるということ。食べ過ぎ、飲み過ぎ、不規則な食事時間、朝ご飯を食べない、よく噛まずに飲み込むなど・・・。不規則な食生活がつづくと、胃腸の働きのリズムもくずれてうまく消化できなくなります。それによって余分な栄養分や、分解・解毒できなかった毒素がニキビの原因となるのです。口の周りにできるニキビは、胃腸が弱っていることからできる場合が多いと言われています。

対策としては、基本的な話になりますが、栄養のバランスを考えつつ一日三食をできるだけ決まった時間に摂ること。まずは、自分が一日食べたものを書きだしてみるのも良いでしょう。仕事などで忙しいとつい忘れがちですが、ときには食事内容を振り返ってみることも大切です。「そう言えば、今週ほとんど野菜食べてなかった」と気づいたら、少しずつでいいので野菜を取り入れるようにしましょう。

大人ニキビの原因・対策2:ストレス

適度なストレスはやる気を起こさせたり集中力が増すなど悪いことではありません。しかし、ストレス過剰な状態が続くと、自律神経のバランスが乱れてニキビの原因となることがあります。

自律神経とは、交感神経(優位になると緊張状態)と副交感神経(優位になるとリラックス状態)からなり、その2つがバランス良く働くことが大切。しかし、強いストレスを感じると、交感神経が優位な状態が長くなったり、本来はリラックスするべき時間帯にも緊張状態になったりします。夜に考えごとで眠れないというのもこういった状態のひとつ。

では、それがお肌にどうよくないのか。交感神経が優位になると、男性ホルモンやノルアドレナリンが多く分泌されて皮脂の分泌量が多くなり、脂性肌に傾いてしまうのです。また、男性ホルモンは肌を固くする働きもあって、毛穴に皮脂がたまりやすくなります。あごや口の周りにニキビができることが多いのも、男性ホルモンで髭が生えやすい場所と同じと考えると納得できますね。
また、強いストレスがかかることによって体の免疫力も低下するため、その影響で便秘や睡眠不足につながってお肌にダメージを与えてしまうことも考えられます。

その対策としては、やはり自律神経を整えてあげることが大切。緊張状態にある自分の気持ちを少しずつ緩めてあげましょう。毎日、仕事や子育てなどに忙しくストレスは付きものですが、それを上手くかわす方法を身につけることです。

たとえば、どんなに忙しくても寝る前の1時間は自分へのご褒美の時間と考えて、ストレッチや瞑想、半身浴など、気持ちが和む過ごし方を考えてみるのも良いでしょう。ストレスの感じ方や影響の出方は人によってかなり異なるもの。ストレスに負けない自分を育ててあげることも大切かもしれません。

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

大人ニキビの原因・対策3:睡眠不足

ほとんどの女性が実感されているように、睡眠とお肌の関係は密接です。睡眠不足が大人ニキビを引き起こす要因は2つ。お肌のターンオーバー(お肌の再生)がうまくできなくなることと、自律神経が乱れて皮脂の分泌量が増えることにあります。

お肌のターンオーバーとは、成長ホルモンによって新しい細胞が生まれ、古くなった角質を押し上げて世代交代すること。そのためには、22時から2時の間に良質な睡眠をとるのがよいとされます。

また、睡眠不足によるストレスによって自律神経のうち交感神経が活発になることで、男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンは、皮脂を過剰に分泌させたり、お肌の角質を固くすることで毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビを誘発する原因となるのです。

眠りの質を高めるには、自分の眠りの習慣をうまく作っていくことが大切。週末だけ寝溜めしても効果的ではありません。そのために、ベッドに入る前に自分が眠れる状態を用意してあげることです。お風呂にゆっくり浸かったり温かい飲み物で体を温めてあげる、寝る直前までスマホを見ない、ストレッチで体を緩める、日中に適度な運動をして頭だけでなく体も疲れさせておくなど。

改善のきっかけは、人によって少しずつ異なるので、あまり神経質になりすぎずに自分に合った方法を探していくことも大切です。

大人ニキビ(吹出物)の原因・対策4:便秘

女性の2人に1人は自覚症状があると言われる便秘も、大人ニキビの原因のひとつです。便は体に不要な排出物、できるだけ早く体の外に出すべきものなので、長く留まると良いことはありません。

腸の中にある老廃物や食べ物のカスは、時間とともに腐敗・発酵して有害物質やガスを発生します。体としては、有害なものは排出したいけれど便が詰まっていると外に出せない。そこで血管から吸収して体をめぐり、皮膚の毛穴から出そうとするのです。それは体の反応として、もっともなこと。健気な働きとさえ思えます。

大人ニキビの原因はさまざまですが、便秘に心当たりがある人は、そこから手を付けるのも近道かもしれません。便秘といってもいくつかの種類に分かれるため、原因と対策は少しずつ異なりますが、基本的に大切なことは腸内環境を改善すること。腸の中にある悪玉菌よりも善玉菌の数を増やすことで、腸の運動を活発化させることが大切です。

そのためには、食物繊維を多く含む食品をとること。豆類、きのこ、納豆、こんにゃく、海草類は毎日少しずつでもメニューに加えたいものです。食物繊維は善玉菌が活発に働くための栄養素、積極的にとるようにしてください。また、ヨーグルトや乳酸菌飲料などから、直接に善玉菌を取り入れるのも効果的です。

ちなみに、ガンコな便秘のときに便秘薬を飲むべきかどうか。できるだけ薬に頼りたくないと考える人も多いようですが、慢性的な便秘によって腸内に老廃物がたまることの弊害を考えると、早めに出すことを選ぶべきでしょう。ただし、便秘薬にもいくつかの種類があるので、自分の便秘の症状にあったお薬を選ぶことが大切。とくに無理に排泄させるタイプの便秘薬は、それだけ体に負担をかけることにもなり、なおかつ体を冷やしてしまうので、腸内環境を整えるどころかバランスをくずしてしまう可能性もあります。

大人ニキビの原因・対策5:無理なダイエット

急に肌荒れがひどくなったりニキビが増えたという人、無理なダイエットしていませんか?体重を減らすには食べないことが近道ではありますが、無謀な食事制限はお肌にとって栄養不足な状態を招いてしまいます。なぜなら、体というものはよくできていて栄養不足な状態におちいると、生命維持に支障のない部分から栄養素の配給を後回しにしていきます。それがお肌や髪の毛であり、ニキビや肌荒れの原因となるのです。

ダイエットを行う場合は、食事制限だけに頼らず、毎日の運動も合わせるようにしましょう。食事に関しては、ビタミンやミネラル、たんぱく質をしっかりと摂取するようにしてください。
以下にご紹介する食材は、ダイエット時以外でもニキビ対策に有効な栄養素を含む食品です。できるだけメニューに加えるようにしましょう。

  • ビタミンB群
    納豆(ビタミンB2)、マグロ(ビタミンB3・B6)、にんにく(ビタミンB6)、レバー(ビタミンB2・B5)、卵(ビタミンB5)
  • ビタミンC
    赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、アセロラジュース、レモン、ゴーヤなど
  • ビタミンA
    レバー、うなぎ、卵、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど
  • ミネラル
    海藻類、キノコ類、ほうれん草、納豆、魚介類など
  • たんぱく質
    牛もも肉、豚もも肉、鶏むね肉、納豆、卵、木綿豆腐、牛乳など

大人ニキビは体からのSOSサイン。小さな声に耳を傾けてあげよう。

大人ニキビの原因はご紹介した以外にもいくつか考えられますが、気をつけておきたいのは体の中で何らかのトラブルが起こっているサインであるということ。「お肌は内臓の鏡」という言葉があるように、体の中の見えない状態を表していると捉えましょう。

風邪をひいたり熱が出たりすると治すことに全力投球するのに、体内トラブルのサインかもしれない大人ニキビだと、体が元気なだけに後回しにしてしまう。自分の体の声に耳を傾けてあげることも、はつらつと生きる素敵な大人の条件なのです。

吹き出物、ニキビをしっかり治す方法 ネオ小町錠のブランドページへ

吹き出物、ニキビをしっかり治す方法 ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法