和漢コラムニキビの治し方COLUMN

冬ニキビは乾燥で増える?内と外から乾きを防ぐ集中対策

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

冬になるとニキビが増えると感じたことはありませんか?
実は外環境の影響を受けやすい大人の揺らぎ肌にとっては、皮脂がたくさん分泌される夏と同じくらい、冬だってニキビに注意が必要な季節なのです。

このコラムでは、冬場にニキビが増えてしまう原因とともに、冬ニキビの特徴についてご紹介。さらに、体の内側と外側の両面から冬ニキビを防ぐ対策をお伝えします!



冬ニキビの原因と特徴

冬場にできるニキビの特徴は、皮脂分泌の多いおでこや鼻筋といったTゾーンではなく、顎やエラなどのフェイスライン=Uゾーンにできやすいことです。これは、冬のニキビが「過剰な皮脂」が原因ではなく、「乾燥」が原因でできているせい。10代のニキビや夏のニキビと違い、皮脂腺が少ないUゾーンこそ、ニキビ多発地帯となります。

外では冷たく乾燥した風にさらされ、部屋に入れば暖房で、どんどん肌から水分が蒸発していく冬は、自分で思う以上にお肌が乾いています。
肌は乾燥すると、本来持っているはずのバリア機能や柔軟性が低下。肌を守ってくれるはずの皮脂の分泌も少ないUゾーンは、特に角質が詰まりやすくなり、ぷつぷつとした白ニキビができやすい状態になります。この白ニキビを放っておくと、炎症を起こして黄ニキビや赤ニキビに発展するなど、悪化につながってしまうのです。

さらに、冬ニキビの特徴として、一度できると治りにくいことが挙げられます。
冬場は寒さで代謝が落ち、肌のターンオーバーも乱れやすくなっています。そのため、一度できたニキビがなかなか治らない、治ってもなかなか跡が消えないといったことが起こりがちなのです。
このように他の季節のニキビや10代ニキビと比べても、厄介な存在である冬の大人ニキビ。以下で予防対策と、スムーズに改善する方法を詳しく探っていきましょう!



体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ


体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ



  • Twitter
  • facebook
  • LINE