和漢コラムニキビの治し方COLUMN

跡を残さないニキビの治し方&ニキビ跡改善ケア

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

跡を残さないニキビの治し方&ニキビ跡改善ケアニキビ跡を残さずキレイに治すためのポイントを、ぜひ守りたい3箇条にまとめてご紹介。なかなか消えないニキビ跡を改善するケアについても、ターンオーバーのメカニズムに着目して解説します。

今あるニキビは跡に残さずキレイに治し、できてしまったニキビ跡も、正しいケアであきらめず改善していきましょう!

ニキビ跡ができるメカニズム

白ニキビや黒ニキビなど、皮膚表面の表皮でおこる炎症を起こしていないニキビなら、皮膚の持つ自己治癒力でキレイに治ることがほとんどです。しかし毛穴の奥でアクネ菌が繁殖し炎症を起こしてしまうと、表皮の下にある真皮までが傷つき、色素沈着やクレーターなどのニキビ跡が残ることが。
さらに、真皮の下にある皮下組織まで炎症が及んでしまうと、クレーター状のニキビ跡やしこり状のニキビ跡が残ることが多くなってきます。

ニキビ跡を残さず治すためには、まず早い段階で炎症をおさえ、適切な処置をすることが大切です。炎症を起こしているニキビを自分でつぶすのはもってのほか。炎症がひどいようなら皮膚科を受診して、抗生剤を処方してもらうのが一番です。

ニキビ跡を残さない、正しいニキビの治し方

ニキビができてしまったら、炎症の悪化を防ぎ、すみやかに収束させることが第一です。

ニキビ跡を残さないための鉄の3箇条

  1. ニキビを自分でつぶさない!
    炎症を起こしたニキビは、毛穴の奥に細菌が繁殖して膿をもち、腫れています。炎症がひいたときに、専用の道具(コメドプッシャー)などで膿を押し出し、抗生剤の入った軟膏でケアするとよいのですが、タイミングなど素人には判断が難しいもの。無理な力がかかったり、つぶした後のケアが不適切で炎症が悪化したりすると、肌がダメージを受けて跡になってしまう可能性も。自分ではつぶさず、皮膚科を受診しプロに処置してもらうようにしましょう。
  2. ニキビに触らない!
    炎症を起こしたニキビはとにかく気になるもの。ついつい髪の毛で隠そうとしたり、手で触ってしまいがちですが、髪は肌に刺激を与えますし、手も雑菌だらけです。ニキビを早くキレイに治したいなら、極力触らないことを鉄則にしましょう。
    メイクをする場合はなるべく軽めに。自然の鉱物でできているミネラルファンデーションなどが、肌への刺激が少なくオススメです。
  3. UVケアはしっかりと!
    紫外線はニキビにとって、百害あって一利なし。肌のバリア機能が壊れているところに紫外線が当たると、肌が健康なときよりダメージが大きくなり、色素沈着の元になります。
    日傘や帽子などを併用しつつ、日に当たるときはニキビができていても日焼け止めをきちんと塗りましょう。その際には、強い日焼け止めを塗りっぱなしにするのではなく、SPF15〜20程度のものをこまめに塗り直すように。日焼け止めを選ぶときには、肌にやさしい紫外線散乱剤を使ったもので、オイルフリーのものを選びましょう。さらに、毛穴を詰まらせにくいノンコメドジェニック処方のものなら、ニキビへの刺激も最小限に抑えてくれるでしょう。

ニキビ跡を残さないための正しい洗顔方法

過剰な皮脂はニキビの原因になりますが、乾燥してもニキビの原因になるため、あまり頻繁に洗顔するのはNGです。また、ニキビができている肌はとてもデリケート。摩擦がかかれば肌がダメージを受け、炎症が悪化したり、治るのがそれだけ遅くなります。
石けんを直接顔にこすりつけるような洗顔は極力避け、ネットなどを使って泡をたてて「肌の上で泡を転がす」ように洗います。流すときは熱いシャワーを直接かけないように。ぬるま湯でやさしく泡を落とします。拭くときもタオルでゴシゴシせず、やさしく押し当てるように水分を取りましょう。
洗顔後、炎症を起こしているニキビに抗炎症成分、殺菌成分を含んだニキビのお薬を塗るなど、炎症を鎮めるケアをしていきましょう。

ニキビ跡をターンオーバーに着目して改善

ニキビ跡に効くはずのコスメを使っているのに、いっこうに改善されないという人は、「肌のターンオーバー」に着目して生活習慣を見直してみましょう。
人間の体をつくっている細胞は、それぞれの部位で一定の周期で生まれ変わっており、肌の生まれ変わる周期は20代で約28日と言われています。ですからニキビ跡ができても、ターンオーバーが正常ならいずれ新しい健康な細胞に置き換わり、きれいに治るはず。そうならずにいつまでもニキビ跡や色素沈着が残ってしまうのは、ターンオーバーがうまくいっていないからなのです。

スムーズなターンオーバーのためには、細胞の新陳代謝を促す成長ホルモンが重要な働きをします。これは眠り始めの3時間に多く分泌されるので、その時間帯に良質な睡眠をとることが大切。眠る前にアルコールやカフェインを摂らないことや、ブルーライトなど強い光を浴びないように気をつけてください。
また、スイーツを食事代わりにしたり、スナック菓子の食べ過ぎなど、偏った食生活はニキビ跡が残る原因のひとつ。今日からすぐに見直してみましょう。

ターンオーバーを正常化するオススメの栄養素・・・良質のタンパク質

私たちの体を構成しているのはタンパク質。タンパク質が不足すると、細胞のターンオーバーにも支障をきたします。ですから毎日の食事で良質のタンパク質を摂ることは大切です。
タンパク質といえばお肉を思い浮かべる人も多いかと思いますが、肉なら赤身の部分がタンパク質。白い部分は脂なのでタンパク質ではありません。ニキビのもとになる脂は控え、高タンパクで低脂肪の食材(卵や鶏ささ身、白身魚など)や調理法(茹でる、蒸すなど)を意識してみましょう。
また、タンパク質の中でも特に積極的に摂りたいのが、成長ホルモンの原料となるアルギニン。エビやマグロ、大豆などに多く含まれています。

ターンオーバーを正常化するオススメの栄養素・・・ビタミン類

ビタミンCは色素沈着を防いだり、免疫力を高めてニキビや吹き出物を予防するなど、スキンケアには欠かせないビタミン。ストレスや喫煙などで消費されてしまうので、ストレスの多い人、タバコを吸う人、お酒を飲む人、睡眠不足の人などは、特に意識して多めに摂取しましょう。
ビタミンB群も健康な皮ふをつくる代謝に欠かせない栄養素。レバーや納豆、卵、ほうれん草などに多く含まれています。

ニキビ跡を残さないためには、できたときにどう治すかが勝負

肌のターンオーバーは若いときでも、順調にいって約1ヵ月かかります。ニキビ跡を治すには、相当な期間を要することは覚悟しておきましょう。さらに、がんこな色素沈着やクレーター状になったニキビ跡など、肌の再生機能そのものがダメージを受けている場合は、セルフケアではなかなか効果が実感できません。目に見える効果を出すためには、医療機関でレーザーやイオン導入などの治療を受ける必要があり、どうしても高額になってしまいます。
後になって後悔することのないよう、新しいニキビができたら適切に対処し、重症になる前に治すことを心がけましょう。
治ってもすぐにまた新しいニキビができてしまう場合は、生活習慣やストレスが原因でニキビが慢性化してしまっているのかも。そんな人には体のなかからのニキビケアをオススメします。

体のなかからニキビ、吹き出物を治す方法 ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかからニキビ、吹き出物を治す方法 ネオ小町錠のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

体のなかからキレイになろう