和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

夏の便秘には「お腹の冷え」を改善するが近道

夏の便秘には「お腹の冷え」を改善するが近道

「夏は便秘がちになる」という人は、意外に多いのです。その理由はいくつかあるものの、近年のように猛暑日が続くと、エアコンのきいた部屋で過ごす時間が長くなり、必要以上に体を冷やしていることが考えられます。

体が冷えるということは、便を出すために元気であるべき腸も冷えてしまっているということ。結果、夏なのに「冷え便秘」という事態に。暑い夏こそ、冷えによる便秘対策が必要になっているのです。

夏の体は、思った以上に冷えている

たとえば、こんな経験はありませんか?

  • エアコンのきいたオフィスで一日を過ごして、夜にシャワーを浴びたとき。「温かくて気持ちいい」と感じることがある。
  • 炎天下を汗だくで歩いているのに、お腹やお尻を触ると冷たかった。

心当たりのある人は、暑い夏でも体が冷えていると考えられます。

それは、長時間エアコンのきいた部屋にいることで体も冷えているから。とくにオフィスワークでずっと座ったままの人は、ただでさえ血液の循環が悪くなるので注意が必要です。
そのうえ、最近は七分丈パンツや襟元の大きく開いたトップスなど、本来は冷やしてはいけない体の部分(首、足首、手首、お腹など)を露出するデザインがトレンド。そんなスタイルで、アイスクリームや氷の入った飲み物で胃腸まで冷やしていては、体は温まるヒマもありませんね。

体が冷えると、なぜ便秘になるのか?

体が冷えるということは内臓も、そして便を送り出す腸も冷えているということ。本来、腸はぜん動運動をしながら水分を吸収して、ほどよい固さになった便を送り出していますが、腸が冷えると血流が悪くなってその動きが鈍くなってしまいます。腸のぜん運動が足りないと便が腸のなかに留まって、さらに水分が吸収されて便が固くなっていく。それが、冷え便秘の状態です。

腸には便を肛門に送り出すだけでなく、便から水分やミネラルなどを吸収して体内に送るという大切な役割もあります。動きがにぶくなることで、便の水分を必要以上に吸収してしまったり、必要でないはずの毒素を吸収してしまったり。
また腸内温度が下がると、腸内細菌のうち免疫力を高めてくれる善玉菌の元気がなくなる一方、その逆である悪玉菌は、温度の影響を受けないと言われているので、決して良い状態ではないことがご理解いただけるはず。

ちなみに、腸がもっとも元気になる温度は37度前後。腸のぜん動運動が活発になるとともに、腸内細菌(善玉菌)も元気になるので消化吸収力や免疫力も高まります。腸内の温度は体の表面よりも1度ほど高いので、低体温の人やお腹を触って冷たいと感じるならすぐにでも改善した方が良いでしょう。

その他にも気をつけたい、夏の便秘の原因

腸の冷え以外にも、夏ならではの便秘の原因について少しご紹介します。

汗をかいて水分不足になることで、便秘に。

人が一日にかく汗の量は、気温や活動量などによって異なりますが、安静にしていても一日で200~400ミリリットル(成人の場合)。
それが平均気温29度の夏の場合、体重65kgの人が室内で活動すると一日約3リットル。高温環境の工場で8時間働いた場合は、12リットルにも達すると言われています。

大量に汗をかくことで体内が水分不足となり、腸のなかの便も固くなって便秘になります。熱中症対策はもちろんですが、水分不足で腸をいじめないようにこまめな水分補給を心がけましょう。

ちなみに、水分が不足している状態を見分ける方法として、尿の色があります。

  • 無色に近い色か、うすい黄色の状態は正常。水分補給は足りていると考えられます。
  • 水分不足の状態は、まさに朝起きたときの濃い尿の色。その状態であればすぐに水分を摂るようにしてください。

水分摂取の目安としては、1日約1.2リットル。一気に無理して飲むよりも、一日何回かに分けて飲むようにすることが効果的です。

夏バテで、食事のバランスがくずれると便秘に。

近年のように猛暑日が続くと、誰もが夏バテ気味になりますが、それも便秘の原因の一つです。夏バテで食欲がなくなると、腸に送られてくる食べ物の量が足りなかったり、時間が不規則になったり。腸のぜん動運動は、腸の筋肉が動くことで行われているので、小食などで腸の筋肉が弱まると便をうまく送り出せなくなるのです。

また暑いからといって、冷やし中華やそうめん、アイスクリームなど偏った食事ばかりをとっていると、食物繊維の不足から便秘を引き起こす原因に。栄養バランスがくずれると体内に疲労物質がたまりやすくなって、さらに夏バテしやすくなるので、便秘予防だけでなく食事メニューには気をつけてください。

いずれにしても、夏の暑さは腸の働きを鈍らせる要因をいくつかはらんでいます。少しでも腸が元気に動きやすい環境を整えてあげるためには、腸の基礎体力を養うことが大切。腸が健康な状態=腸を冷やさないための対策をいくつかご紹介しましょう。

夏の冷え便秘対策

首、足首を冷やさないように

「首」と名の付く部分は、皮膚に近いところを動脈が通っているので冷えやすい箇所。露出が多い箇所でもあるので、直接に冷房の風が当たらないように気をつけましょう。
ストールや薄手のカーディガン。足下は素足でなく常に靴下を。就寝時に冷房をつける人には、足首を温めてくれるレッグウォーマーがおすすめです。

お腹の冷えには、インナーや腹巻きが効果的

肝心のお腹を冷やさない方法としては、お腹と洋服の間に一枚重ねて空気の層を作ることです。冬でも重ね着をすると温かいように、空気が留まることで、体表面の温度が急に上下することを防いでくれるのです。
また、季節を問わずおすすめしたいのが腹巻き。インナーよりもさらにしっかりとお腹を温めてくれます。

飲み物に氷は入れない。食事も体温より温かいものを。

暑い季節は冷たいものが飲みたくなりますが、ほどほどに。基本的には常温、もしくは温かい飲み物を選ぶクセをつけましょう。
食事のメニューも、スープやお味噌汁など体を温めるものを積極的に加えてください。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

お腹や足をじっくり温めたいなら、ぬるめのお湯(38~39度程度)にゆっくりと浸かりましょう。体が温まるだけでなく、夏バテ気味の心や体をリラックスさせてくれます。

こまめに足の運動を

「足は第二の心臓」といわれるほど、足を動かすことは血液循環に大きな影響力をもっています。体の筋肉の2/3は下半身に集中しているので、足の筋肉を動かすことは心臓のようにポンプの役目を果たしてくれるのです。
仕事で忙しいとはいえ、オフィスの中でも工夫次第でいくらでも足を動かすことはできるはず。たとえば、できるだけ階段を使う。椅子に座ったままで足を前にのばして足首を動かす。コピーマシンを使いながら軽く屈伸する・・・。ちょっとしたことでも、毎日継続していれば効果は現れるもの。根気よく続けてみてください。

> てがるにはじめる、8つの便秘改善体操とヨガの3ポーズ

暑い夏は、便秘に限らず、夏バテなど体調をくずしやすい季節。それでも腸内環境が整っている人は体の免疫力が備わっているせいか、なんとか乗り切れることが多いものです。もちろん便秘もすぐに解消したい症状ですが、冷え便秘を実感しているなら腸内環境そのものを見直す機会と考えたほうがよいでしょう。

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

おなかを温めて治す、便秘薬