和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

冷え性をなおせば、便秘も改善? カラダを温め、健康に

冷え性をなおせば、便秘も改善? カラダを温め、健康に冷え性と便秘。あなたのカラダの悩みには、大きな関係があるのです。
体が冷えると血の巡りが悪くなり、お腹も冷えてしまいます。すると大腸もスムーズに働かず、便を排出しにくくなってしまうのです。あなたの便秘は、もしかすると冷えからくるものなのかもしれません。

冷え性は、カラダにとって百害あって一利なしの大敵。冷えがカラダに与える影響を知り、あなたの冷えパターンをチェック。便秘改善のための冷え解消法もご紹介します。

女性に多い「冷え便秘」

便秘経験のある20歳から69歳までの男女1,000人に対する「便秘に関する意識」調査(株式会社インテージ調べ)では、「便秘の原因は?」との問いに、女性40.7%、男性18.7%が「冷え性などの体質」と回答しています。

さらに、冷え性の女性が便秘がちだという別の調査結果もあります。女性3513人、男性914人を対象に実施した「冷えと健康」についての調査(株式会社ヒューマ調べ)では、「冷え性・冷え性だと思う」と答えた女性2675人のうち1035人(38.7%)が「便秘になりやすい」と回答。冷え性からくる体の不調の上位でした。

2つの調査結果からも、冷え性の女性が多いこと、さらに冷え性による便秘に悩む女性が多いことも明らか。便秘になる原因のひとつとして「冷え」があることからも、便秘の改善には冷えを退治することが大切だということが理解していただけると思います。

冷え性になる原因と冷え度チェック

冷え性になる原因は、暮らしのなかにも

寒く感じてしまうほど設定温度を低くした夏のエアコン。さらにエアコンの乾燥した風は、体の水分を蒸発させ、さらに体温を奪っていきます。
よく冷えた飲料水も、直接的に内臓を冷やしてしまうもと。炎天下で活動するスポーツ選手は、水分補給のためにボトルの水を補給しても、いったん口のなかで水温を上げてから飲み込みます。彼らは冷たい水が胃腸を弱くしてしまうのを知っているからです。

夏でも、毎日シャワーだけで入浴を済ませてしまうと、体は冷えたままです。週に何回かはゆっくりと湯船につかることをおすすめします。

冬はもちろん身を切るような寒さと冷たい風。そのほかにも、喫煙、運動不足、仕事や人間関係によるストレスなども冷え性の原因となっているという説も。

冷えの原因と同居した環境のなかで暮らしている私たちは、冷え性になりやすく、積極的に注意しなければ、冷え性を慢性化させてしまうリスクがあるのです。

冷え度チェックでリスクを見える化しよう

ふだんから手足が冷たい人は自覚できますが、自分が冷え性と気づいていない人も。もしかすると、あなたの便秘は冷えによるものかもしれないのです。
また、冷えは便秘の原因になるだけでなく、基礎代謝をダウンさせ免疫力も低下させてしまうことから、さまざまな病気の原因になる可能性があると考えられています。この機会に下記のサイトでチェックを行って、あなたの冷えリスクを見える化してみましょう。

※ 冷え性チェック
「冷え性 チェック」で検索すると、いくつかWEBサイトが出てきます。かんたんな質問に答えるだけで、あなたの冷え性のタイプを教えてくれますので、対策を立てるためにぜひいちどチェックしておきましょう。

冷え性が原因の便秘も

冷え性の人は便秘になりやすいと言われています。
体が冷えると、体を動かす基本的なエネルギー「基礎代謝量」を下げ、血管が収縮、体中の血行が悪くなります。結果、内臓にも血液が十分回らず、便を押し出すための大腸の力がパワーダウンしてしまい、便秘を引き起こすのです。

専門的には「弛緩性(シカンセイ)便秘」と呼ばれ、大腸が便を体の外に押し出すための大腸の「ぜん動運動」が弱まってしまうのが原因です。この運動が弱いため便が運ばれないまま大腸に滞留。その間、大腸が水分を吸収することになり、便が硬くなって便秘を悪化させるのです。

冷え性解消に役立つ、5つの改善策

次にご紹介する5つの改善策に取り組むと体温が上昇、血液の流れもスムーズになり、冷え性が徐々に改善されていきます。冷え性を克服すれば、免疫力がアップするとともに便秘の改善にもつながります。少しずつでもトライし、自分の体と向き合うことで毎日を楽しめるあなたに生まれ変わりましょう。

  1. 毎日、少しの軽い運動を体のなかで熱を作り出す筋肉量が少ないことは、冷えを引き起こす原因の一つ。毎日30分程度のウォーキングやストレッチなどの軽い運動を継続しましょう。少しだけ息が上がる運動をするだけで、メンタル面でもリフレッシュされ、毎日のタスクにポジティブに取り組めるようになります。
     
    > てがるにはじめる、8つの便秘改善体操とヨガの3ポーズ
  2. 週に数回の半身浴血液の流れを良くし、リラックス効果も期待できます。38度から40度くらいのぬるめの湯で胸の下まで20分ほど浸かります。とくに、下半身を温めることをこころがけてください。下半身を温めると、血液が全身を巡り、体の芯から温まるようになります。
    暑い時期でもシャワーだけで済まさず、週に数回は半身浴を楽しむようにしましょう。
  3. 食物繊維の多い食材で食物繊維の多い食材を選びましょう。ゴボウやダイコンなどの根菜類。ひじき、わかめなどの海藻類、イモ類。納豆などの発酵食品は腸内の環境を整える作用があります。
     
    > 便秘改善に!おいしい飲み物レシピ〈厳選7〉
    > 便秘とヨーグルト、いつ?どのくらい?を解決!
  4. .喫煙はしない喫煙は血管を収縮させてしまうので、血液の流れがわるくなります。十分な量の血液をスムーズに流し、全身に行き渡らせるには、喫煙は禁物。その他の病気を引き起こす大きな原因とも言われるたばこは百害あって一利なしですね。
  5. 「の」の字マッサージ最後に、直接的に便秘改善に役立つかんたんマッサージをご紹介しましょう。
    仰向けになり、親指以外の4本の指をお腹に乗せ軽く押しながら、「の」の字を描きます。時計回りにゆっくりと。30周を目安にしてください。座った姿勢で行う場合は、おへその周辺をへこませ、ゆっくりと体を左右に捻ります。

あきらめない。便秘はじっくり改善していきましょう

冷えからきているかもしれない、あなたの便秘。体質や生活習慣、環境も影響する「冷え」は、どこかに隠れているスイッチを押せば治る、というものではありません。しかし決してあきらめないでください。これまでご紹介した方法や心構えで、冷え性は少しずつ改善できるものです。

油断すると、体を冷やしてしまうことがないように、大切なあなたの体をいたわってあげる気持ちを持ち続けてあげましょう。

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ