和漢コラム膀胱炎の改善にCOLUMN

膀胱炎を繰り返す人に伝えたい、免疫力と腸内環境の関係

  • Twittr
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

排尿時に痛みが出る、頻尿、膀胱あたりに何か違和感がある…。これらは急性膀胱炎である可能性があります。

膀胱炎は繰り返すことの多い病気。 女性の40~50%は一生に一度は膀胱炎を含む尿路感染症にかかり、そのうち20~30%は短期間で再び感染してしまうといわれています。

繰り返す原因のひとつは、細菌感染に対する免疫力の低下。免疫力を取り戻すためには、腸内環境を整えることが役立ちます。

一見何のつながりもないように思える膀胱炎と腸内環境の関係。このコラムでは2つの関係を明らかにしつつ、膀胱炎の再発予防に役立つ腸内環境の整え方について、わかりやすくご紹介していきます。

急性膀胱炎を繰り返す原因と予防法

いったん治ったのに、また再発してしまった…。頻尿や排尿時の痛みなどがたびたび起こると、気分が重くなりますね。そこで、膀胱炎の原因と再発を防ぐための予防法をまとめてみましょう。

原因1:細菌が侵入しやすい状態になっている

  • 月経中など、雑菌が繁殖しやすい不衛生な状態での性行為
  • 便秘によって腸内環境が悪化。増殖した大腸菌が尿道口に侵入する確率が高まる

この場合の予防法としては、清潔にすることを心がける、便秘を改善するなどが挙げられます。

原因2:細菌が増殖しやすい状態になっている

トイレを長時間我慢してしまうと、尿道口から入った細菌が膀胱にまで入り込み、尿の栄養分で増殖してしまいます。
これを防ぐには、入り込んできた細菌を、膀胱に到達する前に尿で洗い流してしまうこと。十分な水分を摂り、定期的に排尿することが有効です。

原因3:免疫力が低下し炎症を起こしやすい状態になっている

  • 冷えによって血流が滞り、細菌に対する抵抗力が低下
  • 疲労やストレス、冷え、寝不足などで体の免疫力が低下

この場合は、食事で十分な栄養を摂る、運動や入浴などで体を温める、十分な睡眠や休息をとり、ストレスを溜めないようにすることなどが役立ちます。

原因4:他の病気の可能性

上記の原因に心当たりがないのに何度も膀胱炎を繰り返してしまう場合は、結石や腫瘍など、何らかの疾患が原因になっていることがあります。
泌尿器科などで検査を行うことで、原因となっている病気を見つけ、早めに治療することができます。

膀胱炎の症状とその原因、知っていると安心の予防法まで

免疫力を高めて、繰り返す膀胱炎を予防しよう

急性膀胱炎であれば、一般的には清潔を心がけ、こまめに排尿するようにすれば、細菌の侵入と増殖を防ぎ、再発を防ぐことができます。しかし免疫力が低下している場合には、再び感染してしまうことも。

免疫力を高める方法は、実は腸内の免疫細胞に関係しているのです。

腸内環境を整えると全身の免疫力が上がる

最近の研究で、腸内の免疫細胞が全身の免疫力を高めることがわかってきました。

腸のおもな働きは栄養分を吸収し、人体に不要なもの、悪影響を及ぼすものを体外に出すこと。
食物には多くの細菌やウイルスなどが含まれ、腸の粘膜から最も侵入しやすいとされています。そのような病原菌や有害菌などの外敵を素早く感知し、攻撃し、排除するため、免疫細胞の多くが腸の粘膜などに集まっています。腸には人の体の全免疫細胞の7割があるとも言われています。

腸内の免疫細胞は、血液に乗って全身にも運ばれ、体の各所で病原菌やウイルスなどを攻撃。つまり、腸を正常に働かせることが全身の免疫力を高め、ひいては膀胱炎の感染も防ぐことになるのです。

膣内の乳酸菌が細菌の侵入を防ぐ

腸内の善玉菌といえば、おもに乳酸菌とビフィズス菌。
これらの菌は酸性物質を作り出し、腸内を酸性に保ちます。悪玉菌は酸性を苦手としているので、増殖を抑えることができます。

善玉菌のうち、ビフィズス菌は酸素がある場所では生きられないため、腸の外で働くのはおもに乳酸菌。
そして意外かもしれませんが、女性の膣内にも乳酸菌が棲んでいます。
乳酸菌には膀胱炎を防ぐ働きがあることが確認されており※、大腸菌などの悪玉菌の増殖を抑制しています。

※石井亜矢乃,難治性・再発性尿路感染症に対する乳酸菌プロバイオティクスに関する研究,科学研究費助成事業 研究成果報告書 2017

そのため、月経や性行為で不衛生な状態になったり、便秘が原因で大腸菌が増殖するなどの状態になっても、必ず感染するわけではありません。尿道口に近い膣内に乳酸菌がちゃんと生息していれば、それが大腸菌の侵入を防ぎ、感染に至らないこともあるのです。

膣内の乳酸菌は膣の分泌物を栄養として増殖すると同時に、乳酸を生成することで膣内を酸性状態に保ちます。しかし、疲労やストレスなどが蓄積された場合や閉経後には、女性ホルモンの低下により栄養分となる分泌物が減少し、膣内の乳酸菌も減少します。すると、膣内の酸度が低くなり、細菌の増殖を抑制する働きが低下してしまいます。そのため尿路を経由して細菌に感染しやすくなるのです。

つまり日頃から乳酸菌を意識して増やし、腸内も膣内も悪玉菌の増殖を抑制する状態を保っていれば、膀胱炎になる確率はぐっと低くなる、というわけです。

便秘とヨーグルト、いつ?どのくらい?を解決!

乳酸菌で免疫力アップして、膀胱炎も便秘も改善

膀胱炎の再発防止から、免疫力と腸や乳酸菌のお話になり、少し意外に感じられたかもしれませんね。
感染防止には、腸の免疫細胞が大きな役割を担っていること、おわかりいただけたでしょうか。

腸内に善玉菌、特に乳酸菌を増やすことで免疫力をアップさせれば、膀胱炎の再発防止にもなり、便秘や冷えの改善にもつながる可能性もあります。

悩みがいくつか減って、不安や不快な思いが少ない毎日が送れるようになれば、さらにストレスも軽減していく、そんな好循環にシフトすることも夢ではありません。

すっきり体調良好の日々を取り戻す意外なカギ、それが乳酸菌。
腸をいたわることを意識して、膀胱炎のことを気にしないで過ごせる毎日を手に入れましょう。

薬局で買える膀胱炎の治療薬 腎仙散のブランドページへ

薬局で買える膀胱炎の治療薬 腎仙散のブランドページへ

  • Twittr
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

繰り返す膀胱炎に。
むくみも改善。