和漢コラムニキビの治し方COLUMN

背中ニキビの意外な原因と、みるみる改善する方法

いつのまにか背中にできている、大きなニキビや吹き出物。背中ニキビのせいで着たいデザインの洋服が着れず、ブルーな気分になったことがある人もいるでしょう。これから薄着になる季節は、特に女性の大敵です。

自分では見えにくく、気付くのが遅れて悪化してしまうことも多い、やっかいな背中ニキビ。実はその原因は、意外なところにありました。原因を避けて、ニキビ改善に役立つ方法を試していけば、夏までにはきっとキレイに治ってしまうはず。
ニキビや吹き出物のないすべすべ背中なら、流行の背中開きトップスや水着も堂々と着こなせます。もちろん露出した分、紫外線対策も忘れずに。自慢の背中で、夏を満喫していきましょう!

背中ニキビの原因は、体の構造+洗い方

背中ニキビの主な原因は下記の4つ。体の構造上しかたのないものもありますが、日々の心がけで避けられるものもあります。さっそくチェックしてみましょう。

  • 1. ニキビができやすい毛穴の構造
  • 2. シャンプーやトリートメントの成分が肌に残っている
  • 3. 背中を上手に洗えていない
  • 4. 洗濯洗剤の刺激
  • 5. 目が届きにくく重症化しやすい

1. ニキビができやすい毛穴の構造

背中や頭は体のなかでも皮脂腺の多い場所です。しかし背中は頭部と違って、生えている毛は産毛程度。頭皮のように太い毛が生えていれば、毛の成長とともに皮脂が排出されて詰まりにくいのですが、背中は皮脂の分泌量の割に毛自体が細く、毛穴と毛の間に隙間があります。そのためその空間に皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすいのです。

毛穴詰まりを避けるには、肌の角層を守って清潔を保つ、日々のお手入れが大切です。

2. シャンプーやトリートメントの成分が肌に残っている

髪を洗った時のトリートメント成分などが背中に残ってしまうことも、実は背中ニキビの大きな原因のひとつ。

髪の毛をサラサラにしたり艶を出したりするために含まれるシャンプーやトリートメントの成分は、ヌルヌルとして肌に残りやすい性質を持っています。
ですからシャンプーの泡等が背中を伝って流れると、さっと流した程度ではこの成分が肌に残ってしまいがちです。残った成分は、汚れとなって毛穴を詰まらせ、背中ニキビの原因に。
これを避けるには、「先に髪を洗ってから、次に体を洗う」。背中ニキビ対策には、洗う順番も重要です。

3. 背中を上手に洗えていない

お風呂で体を洗うとき、背中の中央は特に自分の手が届きにくい部分。しっかり洗えていないこともありますし、逆にナイロンタオルなどを使うことで、ゴシゴシこすりすぎていることもあります。

汚れをしっかり落としつつ肌に必要なうるおいを残して洗うには、微妙なさじ加減が必要ですが一人ではなかなか難しいものです。
また、お風呂はいつもシャワーでさっと済ませている場合、背中までしっかり温まらず、毛穴が開いていないため、よく洗えていないことがあります。「そういえばしばらく湯船に浸かっていない」という人は、この点でもチェックが必要です。

4. 洗濯洗剤の刺激

見落としがちなのが、衣服に残った洗濯洗剤の影響です。

背中は下着が直接、広範囲に肌に触れる場所。特に柔軟剤はすすいだ後も衣類に残っているため、肌に合わないとニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こすことがあります。
肌のバリア機能は日々変動するので、以前大丈夫だったものがダメになることも。疑わしいなら合成香料、合成着色料、蛍光漂白剤など、肌に刺激のある成分が添加されていない洗濯洗剤や柔軟剤に変えてみるのも一案です。

5. 目が届きにくく重症化しやすい

顔なら少しブツブツができたり、赤く炎症を起こしたりしたらすぐに分かるので、早めにケアができます。ところが背中となるとそうはいきません。大きく腫れ上がってから気付くということが多く、薬を塗るのもひと苦労。できてからのケアもしにくいため、重症化しやすいのが背中ニキビの特徴です。

背中ニキビ対策はお風呂の入り方をチェック

背中ニキビができる原因が分かったところで、対策を講じていきましょう。

まずは背中の洗い方から。まずは先に髪を洗ってから、体を洗うのでしたね。

さらに、もしあなたが硬めのナイロンタオルでゴシゴシ背中を洗っているとしたら、その方法も見直してみましょう。
硬いナイロンで肌をゴシゴシこすると、肌表面の角質がムリに剥がされ、肌のバリア機能が低下してしまいます。これはつまり、少しの刺激でも肌荒れやニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすくなるということ。
さらに、既にできてしまっているニキビにも強い刺激が加わるため、黒ずみやニキビ跡として残ってしまうことも。背中ニキビを治していくという観点からも、予防の観点からも、ゴシゴシ洗いはオススメできません。

正しい洗い方は、石けんなどでしっかり泡を立て、手で泡を乗せて洗う洗い方。キメ細かい泡が立っていれば、ゴシゴシしなくても毛穴の汚れを十分取り除くことができます。
100円ショップなどで売っている泡だてネットを濡らし、石けんをつけてクシュクシュすると、おもしろいように泡立ちます。コツはネットを濡らし過ぎないこと。一度濡らして軽く水分を切るくらいのほうが、キメの細かい泡を立てることができます。
どうしてもタオルを使いたい場合は、硬い素材は避け、コットンやシルクなどの柔らかい素材のものを選ぶと良いでしょう。

また、ボディソープは成分が肌に残り刺激になることがあるので、治らない背中ニキビに悩んでいるならいったん使うのを止めてみて。代わりに添加物の少ない低刺激の固形石けんを使うと良いでしょう。

お風呂から出たら、背中の水分を優しくタオルに吸わせるようにします。ここでもゴシゴシしないよう注意して。そして背中にも保湿をしてあげましょう。
実は乾燥もニキビの原因のひとつ。肌は乾燥すると、皮脂を分泌することで潤いを保とうとします。すると皮脂が過剰に分泌され、ベトベトテカテカの肌になってしまうのです。

これを防ぐには、保湿効果のある化粧水などでしっかり保湿することが有効。毛穴を詰まらせにくいノンコメドジェニックテスト済みのものを選ぶと安心です。逆さにしても使えるスプレータイプの化粧水を使うと、背中にも上手に保湿ができますよ。

さらに、お風呂あがりで清潔になっているタイミングで、すでにできてしまっている背中ニキビに治療薬を塗り、治していきましょう。アクネ菌の殺菌作用や、抗炎症作用を持つ、ニキビ専用治療薬がおすすめです。ローションタイプだと垂れてしまうため、軟膏やクリームタイプが良いでしょう。

ただ背中ニキビの場合は、原因菌がアクネ菌ではなくマラセチア菌という菌の場合も多くあります。その場合は市販のアクネ菌用の治療薬では効果が出ないことが。使ってみて効果が感じられない場合、また悪化してきた場合には、早めに皮膚科を受診して、医師の診察を受けるようにしましょう。

ストレスからくるホルモンバランスの乱れにも注意を

女性の肌を美しく保つために重要な役割を果たしている女性ホルモン。ところが過剰なストレスを感じると、このホルモンバランスが狂ってしまいます。

ストレスに対抗するため男性ホルモンが増えることで、角質が厚くなり、皮脂分泌が増える傾向に。こうなると毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、背中にもニキビができやすくなってしまうのです。

健康面でも美容面でもデメリットとなるストレス。すべてのストレスをなくすのは難しいですが、意識して一日のうちにゆったりできる時間をつくったり、軽く体を動かしてリフレッシュするなど、自分なりのストレス対策を講じてみましょう。
睡眠不足も体にとっては大きなストレスですから、質の良い睡眠をとることも忘れずに。

ストレスと大人ニキビの深い関係

寝不足ニキビを制すカギは「寝る前3時間」にあった!

また、ニキビ対策には食生活の改善も大切です。脂っこいものや甘いものばかりで、野菜が不足していませんか?肌のターンオーバーや皮脂分泌の調整には、ビタミン類が重要な役割を果たしています。これが不足すると、顔にも背中にもニキビができやすくなってしまいます。

脂性肌の大人ニキビ、ビタミンB不足が原因だった!?

洗う順番+インナーケアで背中ニキビを撃退

背中ニキビの原因は、もちろんホルモンバランスや食生活など、体の内側から来ている場合もありますが、意外にシャンプーやトリートメントのすすぎ残し、洗濯洗剤の影響といった、分かってみれば単純なものである場合もよくあります。

お風呂に入ったとき、自分がどの順番で洗っているかを思い出してみてください。もしあなたが湯船には浸からない派で、顔と体をさっと洗い、シャンプーとトリートメントをして終わり、というパターンなら、背中ニキビ発生リスクが高まっているかもしれません。

体の洗い方を変えるだけで治ってしまったという話もあるほど、背中ニキビ改善には洗う順番が大切です。
それに加えて、ストレス対策や食生活の改善、睡眠の質を高めるといったインナーケアも同時に行うことで、背中ニキビはみるみる改善することでしょう。
すべすべの魅力的な背中になったら、好きな洋服を思いきり着て今年の夏を満喫してくださいね!

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかからキレイになろう