和漢コラムニキビの治し方COLUMN

背中ニキビができる原因と、肌トラブルの改善方法とは!?

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE
背中ニキビができる原因と、肌トラブルの改善方法とは!?

背中は自分では見えにくい場所です。背中にニキビや吹き出物ができてしまうと気づくのが遅れて悪化してしまい、いつの間にか大きくなってしまうことも多いのではないでしょうか
背中ニキビのせいで着たいデザインの洋服が着れなくなってしまうことは、女性にとってとても残念なこと。

今回のコラムでは、背中にニキビや吹き出物ができてしまう原因と、背中のニキビや肌トラブルの対処法について紹介しています。
いざというときに背中を出しても恥ずかしい思いをしないように、毎日のケアに役立ててください。

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

本記事の監修薬剤師

監修薬剤師 植田昌男

氏名:植田 昌男
経歴:近畿大学薬学部薬学科卒業 薬剤師免許取得(平成7年)
社歴:平成19年6月 入社

女性の悩み、背中のニキビの原因とは?解決法はある?

背中ニキビの原因はいくつかありますが、主なものは下記の5つです。体の構造上しかたのないものもありますが、ほとんどは日々の心がけで十分回避できます。

  1. 背中にある毛穴の構造
  2. シャンプーやトリートメントの洗い残し
  3. 背中の洗い方が間違っている
  4. 洗濯洗剤や柔軟剤の成分による刺激
  5. 背中は目が届きにくく、肌トラブルを見落としやすい

以下で詳しく説明していくので、チェックしてみましょう。

背中ニキビの原因は毛穴の構造ってどういうこと?

実は、背中や頭は体のなかでも皮脂腺の多い場所なんです。


背中は一般的に産毛程度しか体毛が生えていません。
頭部のように太い毛が生えていれば、毛の成長とともに皮脂が排出されるので詰まりにくいのですが、背中は皮脂の分泌量の割に毛自体が細く、毛穴と毛の間に隙間があります。そのためその空間に皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすいのです。


ニキビの原因である毛穴詰まりを避けるには、肌の角層を守って清潔を保つ必要があります。つまり、背中ニキビを防ぐには、他の場所よりも日々のお手入れが大切になってくるということです。

シャンプーの洗い残しは大丈夫?

髪を洗い流したときに、背中についたシャンプーやトリートメントを洗い残してしまうことも、背中ニキビの大きな原因になります。

髪の毛をサラサラにしたり艶を出す成分が含まれるシャンプーやトリートメントは、ヌルヌルとして肌に残りやすい性質を持っているので、さっと流した程度では落としきれません。


頭を洗うときには、必ず背中にシャンプーやトリートメントが流れてきてしまいます。シャワーで泡だけをさっと洗い流すのではなく、きちんと洗い流すようにしましょう。

基本的には「髪を洗ったあとに体を洗う」ようにすることをおすすめします。

背中の洗い方、間違ってない?

背中の中央は自分の手が届きにくいので、体を洗うときに疎かになりがち。
また、反対にしっかり洗おうとしてナイロンタオルなどで強くゴシゴシこすりすぎている人も多いのではないでしょうか。

どのくらいの力加減が正しいかの判断は難しいですが、綿などの柔らかい素材のものでしっかり泡立ててから洗うのが基本です(後ほど詳しく説明します)。

また、普段湯船につかる習慣がない人は、背中の毛穴が十分に開いていない状態で洗っている可能性があります。毛穴が開いていない状態だと、念入りに洗っても毛穴の汚れを落としきれないことがありますので、なるべく湯船に浸かって背中を温めてから洗うようにしましょう。

洗濯洗剤や柔軟剤にも気をつかってる?

背中ニキビの原因で見落としがちなのが、衣服に残った洗濯洗剤や柔軟剤の刺激です。


背中は、服や下着が広範囲に肌に触れます。特に柔軟剤はすすいだ後も衣類に残っているため、肌に合わないものを使っているとニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因になります。


お肌のバリア機能の状態は日々変動するので、以前大丈夫だったものがダメになってしまうことも少なくありません。「最近背中のニキビや肌荒れが増えた」と感じたときは、洗濯洗剤や柔軟剤の成分表を確認しましょう。
合成香料、合成着色料、蛍光漂白剤などはお肌への刺激が強いので、肌トラブルがあるときは使わないようにしてください。

他の部位以上に注意して、お肌のチェックをしてる?

顔にニキビができたり赤く炎症を起こしていればすぐに気づけますので、早めにケアができます。
でも、背中は鏡を使わなければ自分の目で確認はできませんので、痛みやかゆみがなければ気づくことができません。

大きく腫れあがったり痛みが出だしてから気づくということが多く、対処が遅れがち。また、手が届かないので薬を塗るのもひと苦労です。

お肌の異常に早めに気づくためにも、毎日鏡で背中の状態を念入りにチェックしましょう。



背中ニキビは「正しい入浴方法」で改善しよう!

原因を見てわかるように、背中ニキビは正しい洗い方と入浴後のお手入れが重要になってきます。

背中の洗い方

上でも紹介しましたが、まずは先に髪を洗ってから、体を洗いましょう。

もし硬めのナイロンタオルでゴシゴシ背中を洗っているなら、綿などの柔らかい素材のタオルに交換してください。
これは硬いナイロンで肌をゴシゴシこすると、肌表面の角質がムリに剥がされ、肌のバリア機能が低下して肌荒れやニキビを引き起こしやすくなるからです。


ちなみにゴシゴシ洗いは、ニキビを悪化させて「黒ずみ」や「ニキビ跡」の原因にもなりますので、ニキビがあるときは絶対にゴシゴシ洗いはしないでください。

できればタオルを使わず「手だけ」で洗うことをおすすめします。

洗うときは、石鹸をキメ細かく泡立てることが大切です。きちんときめ細かい泡ができていれば、泡の力だけで毛穴の汚れは十分落とせます。



手だけで泡立てるのが難しいときは、100円ショップなどで売っている泡だてネットを使ってみましょう。ネットを濡らし過ぎず、一度濡らして軽く水分を切るくらいに湿らせるのが、キメの細かい泡を立てるコツです。

石鹸は添加物の少ない低刺激の固形石鹸を使うことをおすすめします。

入浴後のお手入れ

お風呂から出た後のドライは、水分を優しくタオルに吸わせるようしましょう。ドライのときも「ゴシゴシ」は厳禁です。

そしてお顔に保湿が必要なように、背中にも保湿が必要です。



肌は乾燥すると、皮脂を分泌することで潤いを保とうとします。すると皮脂が過剰に分泌され、ベトベトテカテカの肌になってしまいます。ご存知かもしれませんが、過剰な皮脂はニキビの原因です。

背中もお顔と同じように、保湿効果のある化粧水などでしっかり保湿しましょう。毛穴を詰まらせにくいノンコメドジェニックのものがおすすめです。逆さにしても使えるスプレータイプのものを使うと、背中のケアも簡単にできると思います。


すでにニキビができている場合は、お風呂あがりの清潔になっているタイミングで、治療薬を塗りましょう。アクネ菌の殺菌作用や、抗炎症作用を持つ、ニキビ専用治療薬がおすすめです。
背中にローションタイプを使うと垂れてしまうため、軟膏やクリームタイプが良いでしょう。


ただ背中の吹き出物は、アクネ菌が原因のニキビではなくマラセチア菌が原因のことも多くあります。
その場合は、市販のアクネ菌用の治療薬では効果が出ないでしょう。
使ってみて効果が感じられない場合、また悪化してきた場合には、早めに皮膚科を受診して、医師の診察を受けるようにしてください。



体を内側からキレイにする「背中ニキビ対策」とは!?

女性の肌を美しく保つために重要な役割を果たしているのは女性ホルモンです。
そして何らかの原因でホルモンのバランスが乱れてしまうと、ニキビや吹き出物の原因になります。

背中ニキビを治して美しい背中を手に入れるには、「体の中」を整えてキレイにし、ホルモンのバランスを正常化する必要があるのです。

ストレスは美容の敵

過剰なストレスを感じると、ストレスに対抗するために男性ホルモンを多く分泌するようになり、角質が厚くなって皮脂の分泌量も増えてしまいます。これら2つは毛穴に皮脂が詰まりやすくなる原因であり、背中ニキビの原因にもなります。


ストレスを完全になくすのは難しいですが、ゆったりできる時間をつくったり、軽く体を動かしてリフレッシュするなど、自分なりのストレス解消法を1日の中に取り入れるように工夫しましょう。

ストレスを廃除しようとするだけでなく、質のいい睡眠をとって「ストレスに強い体」を作ることも大切です。

食べ物と栄養にも気をつけて!

ニキビ対策には食生活の改善も大切です。
脂っこいものや甘いものは皮脂の過剰分泌の原因になります。

肌のターンオーバーや皮脂分泌の調整には、ビタミン類をたくさん摂ることが重要です。

  • サケやマス、イワシ、サバ、マグロなどの魚類
  • 豚肉、鶏肉、牛肉、レバーなどの肉類
  • 乳製品
  • 緑黄色野菜、海藻類、きのこ類

などをバランスよく食べるようにしましょう。

また、穀物は全粒粉や玄米など、胚芽やぬかが残っている物の方がビタミンB群が豊富です。

便秘もニキビの原因になる!?

便秘はホルモンバランスの乱れの原因ですし、お肌のターンオーバーの異常を引き起こす原因にもなります。

  • 食物繊維をたくさん食べる
  • 1日3食きちんと食べる
  • 水分をたくさん摂る
  • 適度に運動する

などを心がけ、健康的な排便習慣を保ってくださいね。




体の内側のお手入れと正しい入浴方法で、ニキビのない「美背中」をゲットしよう!

背中ニキビの原因は、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しといった入浴時の間違ったケアが原因になることが多いです。
体の洗い方を変えるだけで治ってしまったという話も珍しくありませんので、まずは入浴方法を見直してみましょう。


また、ニキビにはホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。ストレス対策や食生活の改善、睡眠の質を高める、便秘を改善するといったインナーケアも同時に行うことも大切です。

自分の目指す「美背中」を手に入れるためにも、体の内側・外側の両方のケアを怠らないようにしてくださいね!

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

体のなかからキレイになろう