和漢コラムニキビの治し方COLUMN

やっかいなおしりニキビ、本当の原因と対策法を教えて!

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

おしりにいくつも凸凹ニキビができてしまって、座るたびに痛い、ニキビ跡なのか黒ずみも気になる。おしりニキビに悩んでいる女性は意外に多いようです。

そうそう人に見られる場所ではないけれど、下着が当たって痛かったり、気になって仕事や勉強に集中できなかったりと、何かとやっかいなおしりニキビ。

さらにこれから夏に向けて水着になる機会も出てくれば、せっかくのウォーターレジャーがちっとも楽しめませんよね。

実はおしりのニキビの原因は、アクネ菌以外にもいくつか考えられます。原因を間違えていたら治るものも治りません。

憎きおしりニキビを夏までには絶対治したいというあなた、ぜひこのコラムを読んで本当の原因を知ってください。正しい対策ですべすべのおしりを手に入れたら、自信を持って夏を満喫していきましょう!

おしりニキビの原因

すべてのニキビの原因は、毛穴に皮脂が詰まって、アクネ菌が繁殖してしまうこと。ですから、皮脂腺が分布している場所ならどこでも、ニキビができる可能性があります。

皮脂腺は手のひらや足の裏を除く体じゅうに分布していますが、特に皮脂腺が発達しているのが頭部や顔のTゾーン、胸や背中の中央など。これらの場所は特にニキビができやすい場所ということができます。

ところがおしりの場合は、とくに他の部位に比べて皮脂腺が発達しているわけではありません。にも関わらずニキビができやすいのには、いくつかの理由が考えられます。

おしりにニキビができやすい理由1:刺激の多さ

おしりは圧力がかかりやすい場所です。座っている時も寝ている時も、おしりは重力によって圧迫されています。
また、常に下着が当たるビキニラインは、下着のゴムによる圧迫や、摩擦による刺激も受けています。
加えて女性の場合はストッキングによる圧迫や、生理時には蒸れといった要因も重なります。おしりの肌は常に、過酷な環境にさらされているのです。

圧迫や摩擦、蒸れといった刺激を受けたおしりの肌は、細胞の生まれ変わり=ターンオーバーが乱れがち。通常なら肌の奥で生まれた肌細胞の赤ちゃんは、少しずつ成長しながら肌の表面に押し出され、成熟した頃に肌の表面に並ぶようになっています。
そして最後には垢となって剥がれ落ちていくサイクルが、28日単位で繰り返されるのが理想的なターンオーバー。

ところが肌の角質が摩擦等によってムリに剥がされたり、圧迫によって血流が滞るなど強い刺激が加わることで、このターンオーバーのサイクルが乱れることがあります。
新しい細胞がスムーズに育たないことで古い角質が溜まりがちになったり、刺激から肌を守ろうと角質が厚くなることで、毛穴が詰まりがちに。これがおしりニキビや皮膚の黒ずみが起こる、ひとつの原因となっています。

おしりにニキビができやすい理由2:そもそもニキビではない可能性

おしりにできたブツブツは、すべてニキビだと思っていませんか?ニキビならアクネ菌が繁殖して炎症を起こしているはずなので、アクネ菌を殺菌すれば、ニキビの炎症は収まっていきます。
もしも市販のニキビ治療薬が効かないと感じるのであれば、ニキビではない可能性も疑ってみましょう。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の可能性

毛孔性苔癬とは、角質が毛穴に詰まってブツブツ・ザラザラといった皮膚の隆起が起きている状態のこと。色は肌色や薄い赤色、褐色などのことが多く、痒みや痛みなどの自覚症状はほとんどないのが特徴です。
小児から思春期に多いためニキビと間違えやすいのですが、ニキビと違って炎症は起こしていないのが毛孔性苔癬。殺菌系のニキビ治療薬を塗っても効果は得られにくいので注意しましょう。

原因ははっきりとはわかっていませんが、遺伝やホルモンバランスの乱れなどが原因ではないかと言われています。対策としては、保湿が主になります。乾燥すると皮膚のコンディションも悪化しやすいので、お風呂から上がったら低刺激の化粧水等で保湿するようにすると良いでしょう。

逆に、毛穴に詰まった角質を取り除きたいあまり、ゴシゴシ洗ったり、潰したりするのはよくありません。雑菌が入って炎症を起こしたり、シミや黒ずみになってしまうこともあるため絶対にやめましょう。

マラセチア毛包炎の可能性

マラセチア毛包炎は毛穴の炎症という点がニキビと同じうえ、見た目もニキビとよく似ています。ニキビと違う点は、原因となっているのがアクネ菌ではなく、マラセチア菌というカビの一種だということです。

カビの仲間であるマラセチア菌は湿気が大好き。そのため梅雨の時期から夏にかけての、汗をかいて蒸れやすい時期に多くなる傾向があります。赤いブツブツが1ヵ所に集中してたくさんでき、自然治癒しにくいのも特徴のひとつ。

治療には抗真菌薬が有効です。マラセチア毛包炎かどうかは皮膚科を受診すればすぐに分かるため、気になる人は医師の診察を受けることをおすすめします。

おしりニキビを防ぐ4つの対策

おしりニキビを防ぐには、おしりの肌への刺激をできるだけ少なく抑えつつ、スキンケアを心がけることがカギになります。

1. 服装でおしりニキビを防ぐ

まずは下着の選び方。ポリエステルなどの化学繊維は丈夫ではあるのですが、人によっては肌に刺激を感じたり、蒸れやすかったりする弱点があります。
自然素材であるコットンは吸湿性に優れ蒸れにくいため、おしりニキビの予防にはコットンの下着がおすすめです。

体型に合っていない細身のスキニーパンツなどを、ムリをして履くのはおすすめしません。血流を妨げるうえ、どうしても蒸れやすくなるからです。ゆったりめのワイドパンツやスカートなどを選び、風通しを良くする工夫をしましょう。
女性なら仕事でパンティストッキングは必須だという人も多いかもしれませんが、その場合もソックスタイプを選ぶようにするなど、できるだけ通気性のよいファッションを心がけましょう。

また、見落としがちなのが柔軟剤や洗剤の成分による刺激。すすいでも残るこれらの化学成分が、おしりの肌をいじめているかもしれません。そもそも柔軟剤を使うと、生地の吸水性が低くなることがあるため、おしりのコンディションには良くないのです。
治らないおしりニキビに悩んでいるなら、低刺激の洗濯洗剤に変える、下着類は分けて洗うなどの対策をとりましょう。

2. お風呂でおしりニキビを防ぐ

汗をかいたり蒸れたりしやすいおしりは、雑菌が繁殖しやすい環境でもあるため、清潔を保つことが大切です。また、ボディソープやシャンプー、コンディショナーなどのすすぎ残しがおしりニキビの原因になることもあるので、髪や体を洗った際には成分が体に残らないよう、しっかりすすぐことも大切です。

ただし、硬いナイロンタオルなどを使ってのゴシゴシ洗いは厳禁。原因がアクネ菌、マラセチア菌、毛孔性苔癬のどれであっても、肌を痛めつけることになり、症状が悪化する可能性があります。治った後も皮膚の黒ずみや跡が残る原因となることも。
正しい洗い方は、刺激の少ない石けんをよく泡立てて、手でやさしく撫でるようにする方法。熱すぎるお湯は肌を乾燥させるため、すすぐときのシャワーの温度も40度を超えない程度にしておくのがおすすめです。

3. しっかりスキンケアで、おしりニキビを防ぐ

おしりニキビの原因のひとつ、お肌のターンオーバーの乱れを改善するには、保湿をすることがポイント。けれども、顔や首のスキンケアは入念に行っているのに、おしりは何もしていない人がほとんどではないでしょうか。お風呂あがりには、鏡でおしりの状態を確認しつつ、スキンケアを忘れないようにしてください。

また、おしりの皮膚はもともと厚いうえに、圧迫されることでさらに角質層が硬くなりがち。そのため、顔や首などよりも、保湿成分が肌の内部まで届きにくいという問題があります。あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、保湿性の高いものや刺激の少ない化粧水を選ぶようにしましょう。

しっかりと保湿をしてターンオーバーのサイクルを整えることでお肌がやわらかくなり、古くなった角質層もはがれやすくなります。

4. 生活習慣改善でおしりニキビを防ぐ

肌のターンオーバーの乱れは、スキンケアだけでなく生活習慣からアプローチすることも大切です。
ストレスや睡眠不足はもちろん、揚げ物やスナック菓子、甘いものの食べ過ぎなど食生活の乱れも、肌細胞の健全なターンオーバーを阻害して、おしりニキビにつながる可能性が。
ストレスは溜め込まないこと、寝る環境を整えてしっかり眠ること、バランスのよい食生活。一度に全部は難しいかもしれませんが、おしりニキビ改善のために少しずつでも心がけてみましょう。

おしりだってケアしていたわってあげよう

ひとくちにおしりニキビと言っても、その原因はさまざま。対処法もそれぞれ少しずつ異なるため、自分の場合はどれに当たるか、まずはよく観察してみましょう。

考えてみればおしりはいつだって下から私たちを支えてくれているというのに、そのわりにはじっくり観察したり、スキンケアしてあげることが少ない場所。

おしりにできたブツブツは、「生活が乱れているよ」「ダメージが溜まってるよ」というおしりからのメッセージかもしれません。たまにはおしりに感謝の気持ちを込めて、ていねいにケアしてあげましょう。

ニキビ・吹き出物の治療と予防に。ネオ小町錠のブランドページへ

ニキビ・吹き出物の治療と予防に。ネオ小町錠のブランドページへ

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

体のなかからキレイになろう