和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

便秘は臭いおなら&ウンチの原因に。口臭、体臭にも要注意!

  • Twittr
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

「おならが臭い」、「ウンチが臭う」・・・紛らわすためにトイレに消臭スプレーを振りまいたり、自分が臭っていないかドキドキ。これらはなかなか人には相談しにくい悩みですよね。

もしあなたが便秘なら、その臭いの原因は便秘によって悪化した腸内環境のせいかもしれません。
これを放っておくと、口臭や体臭の悩みにまで発展することもあるので、軽視できない問題です。

そこで今回は、便秘による臭いおならやウンチ、さらには口臭や体臭まで、臭ってしまうメカニズムと対策について詳しくお伝えします。

ウンチやおならの臭い、お口の臭いや体臭の悩み・・・腸の不調はさまざまな形で表れます。お腹のなかからキレイになって、これらを改善していきましょう!

臭いおならとウンチ、その原因は便秘かも

便秘でウンチが出ないと、その間ウンチは腸のなかにとどまることになります。古い便には悪玉菌が繁殖して、さまざまな有害ガスを発生します。

とくに、肉などのタンパク質を分解するときに出るのが、インドールやスカトールといった強い糞臭のガスや、卵の腐ったような臭いがする硫化水素、ツンとした刺激のあるアンモニアなど。
これら悪玉菌が出す有害ガスが混じり合い、あの臭いおならのニオイを作り出していたのです。

さらに悪玉菌は、ガス以外にも有害物質を産出します。これらの有害物質は、腸壁にダメージを与えて、腸の動きを弱らせてしまいます。腸がしっかり動かないためにウンチを送り出すことができず、よけいに便秘になってしまう・・・便秘の人のお腹のなかではそんな悪循環が起こっています。

ところでウンチは何でできているか知っていますか?健康なウンチは80%が水分、残りの20%のうち、3分の1が食べカス、3分の1が生きた腸内細菌、3分の1が剥がれた腸粘膜でできています。
腸内が悪玉菌優勢に傾いていると、ウンチにもたっぷり悪玉菌が含まれていて、それらの産生物(臭いガスなどの有害物質)のせいで強く臭うことが。

悪玉菌が優性になっているウンチは、アルカリ性に傾いているため黒っぽく、すぐに分かります。
ちなみに赤ちゃんのウンチはビフィズス菌がとても多いため、色は黄色で、いわゆるウンチのにおいは全くしません。代わりにヨーグルトや炊きたてのご飯のような、いい匂いがするんですよ。

黒いウンチが伝えてくれる、便秘改善へのメッセージ

便秘を放置すると、口臭や体臭にもつながる!

便秘気味であっても、ある程度腸が働いて便が排出されていれば、多少悪玉菌が臭いガスを発生させても、おならや便と一緒に排出され、とくに問題になることはありません。

ところが慢性のガンコな便秘を放置していると、腸内には常に腐敗した古い便が留まり、盛んに有害ガスや刺激物質を放出している状態に。そうなると通常のルートではニオイ物質を排出しきれず、血流に乗って全身に広がっていきます。

これらが肺に達すると、吐く息と一緒にニオイ物質が排出され、口臭として感じられることがあります。さらに、汗と一緒に皮膚から排出されれば体臭に。
「ウンチのようなニオイ」「アンモニアのニオイ」「腐ったようなニオイ」など、その人の印象をダウンさせてしまう、とても残念な臭いとして感じられてしまうのです。

便秘によるニオイに、とるべき対策3つ

ウンチのニオイ対策に消臭スプレーを持ち歩いたり、ボディソープを防臭タイプに変えたり、1日に何度も歯磨きしたり・・・それらもそれぞれある程度役には立つのですが、結局は一時しのぎにすぎません。

諸悪の根源はお腹にたまった古い便なのですから、やはりとるべき対策の要は腸内環境の改善、そして便秘の解消ということになるでしょう。
手軽にできて腸内環境が改善する、とっておきの方法を3つご紹介します。

対策1:肉類を控える

焼肉やバーベキューの翌日、ウンチが臭かった経験はありませんか?

消化の悪い肉や脂肪は、悪玉菌の大好物。こういうものをたくさん食べていると、腸内の悪玉菌は喜んで、これをエサにどんどん増えてしまいます。
臭いウンチやおならを改善したいなら、脂肪たっぷりの霜降り肉やバラ肉などは少し控えめに。お肉を食べるときは、赤身肉やささみなど低脂肪のものを選ぶのがオススメです。

また、未消化の食べカスも悪玉菌を増やすモト。消化の悪いものばかり食べていると、腸の負担が重なり、スムーズなお通じの妨げになります。
ひと口30回を目安に、よく噛んで食べてみましょう。食べ物が細かく粉砕されるだけでなく、唾液や消化液の分泌も良くなり、消化力が格段にアップ。ウンチの状態も変わってきます。

対策2:善玉菌を摂りいれる

悪玉菌の天下になっている腸内。少数派になっている善玉菌にぐっと加勢するためには、体の外から善玉菌を補給してあげましょう。

オススメ食材の筆頭はやはりヨーグルト。乳酸菌ももちろん良いのですが、とくに大腸で働くのはビフィズス菌なので、ダイレクトに大腸に届かせたいならビフィズス菌の入ったヨーグルトを選ぶと良いでしょう。
その他、キムチ、納豆、漬物、チーズなど、コンビニでも手軽に手に入る食材にも善玉菌は豊富です。さっそく今日の昼ごはんからプラスしてみましょう。

便秘とヨーグルト、いつ?どのくらい?を解決!

対策3:しっかり眠って腸を動かす

腸はリラックスしている時によく動きます。1日のなかで最もリラックスする時間といえば、「睡眠中」。
眠ることをおざなりにしていると、腸は働く暇がありません。腸がスムーズに働かないと、古い便が溜まって悪臭を放つようになってしまいます。

質の良い睡眠をとるためには、寝る前の過ごし方が大切。とくに、パソコンやスマホの画面から出ているブルーライトは、脳が昼間と勘違いしてしまうため、質の良い睡眠がとれません。眠る直前までパソコンで仕事をしたり、スマホを見るのはNGと心得て。
眠る前30分だけでも良いので、何も見ないでぼーっとする時間を作りましょう。好きな音楽を聴いたり、軽いストレッチなどでリラックスするのがオススメです。

こうして下準備をしておくと、体がスムーズに休息モードに移行でき、寝ている間に腸が活発に動いて、ウンチを肛門の方へ動かしてくれます。すると、あとは朝起きて適度な水分や朝食をとるなど腸のスイッチを入れるだけで、ストンと気持ちの良いお通じがやってくるというわけです。

腸内フローラ、咲かせて悪臭とサヨナラしよう

臭いおならやウンチは、腸内環境が悪化しているサイン。あなたの腸内フローラは、悪玉菌たちに占領され、荒れ果てています。
スプレーや芳香剤の香りでニオイをごまかす前に、腸をいたわる生活を始めることが必要です。

ただしだからといって、決していきなり野菜サラダを毎食ボウル一杯食べるたりしないように。便秘で腸が詰まっているところに大量の食物繊維を送り込めば、便のかさが増してよけいに詰まり、苦しむことになりかねません。

スムーズに改善するには、まず上にご紹介した3つの対策をとってみましょう。少しずつ腸の調子が上向いてきたら、毎日の食事メニューに野菜など食物繊維もたっぷりと。
「あれ?そういえば臭わなくなった!」と気づいた頃には、あなたの腸内に色とりどりのお花畑が育ってきているはずです。

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ

  • Twittr
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

おなかを温めて治す、便秘薬