和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

あなたの便の量、少ない?多い?気軽な1行日記が有効。

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

便秘ぎみの場合には、便の量が少なすぎて、体内に何か悪いものが残っているのではないか、あるいは、食べる量に比べて便の量が多すぎて、必要な栄養が体に吸収されていないのでは?など、ふと不安になることはありませんか?

とはいえ、自分自身の便の量を具体的に把握していなければ、本当に少ないのか多いのか、明確にしにくいですね。もちろん、他の人の便量と比べるわけにもいきません。不安の正体は、明確な比較対象や基準値がわからないことにありそうです。

このコラムでは、日本人の平均的な便量とあなた自身の便量を比較する方法のご紹介と、快適な排便習慣につながる「排便日記」を気軽に続けられる方法をご提案します。

自分の便量と日本人の平均量を「見た目で」比較してみよう

現在の日本人の便の量は平均で1日150~200g程度といわれています。
では、あなたの便の重さを、どうやって量りましょうか?

・「見た目で比較する」方が現実的

便の重さは、排便の前後で体重を量り、差し引きするとわかります。同時に排尿もした場合は尿の重さを300~400gとしてその分も差し引きすればいいのです。しかし、一回だけのことならできるかもしれませんが、何度も継続するのはかなりの負担。となると、「見た目で比較する」のが現実的な対応でしょう。

・便の「見た目」には目安があります

便の「見た目」には、硬さ、形状、色などの要素がありますが、それらを分かりやすく示した「ブリストルスケール」という、便の性状分類があります。英国ブリストル大学のHeaton博士が1997年に提唱した指標で、便秘や下痢の診断項目の一つとして使用されています。硬い便、やや硬い便、普通便、やや軟らかい便、軟らかい便、泥状便、水様便の7種に分類され、それらの形状と消化管の通過時間の関連性が一目でわかります。

普通便は

  • 便の硬さ:柔らかい
  • 形状:表面がなめらかで ソーセージ状、あるいは蛇のようなとぐろを巻く
  • 消化管の通過時間:遅くも早くもなくちょうどいい具合。

とされています。
日本人の平均、150~200g程度の便は、見た目はバナナ1~2本程度のボリュームです。そして、このバナナ型便が理想的な形状でもあります。また、適切な消化管の通過時間は、24~72時間といわれています。

・比較のためにはバナナ型

今日の便はバナナ型で1~2本分だった、という場合は標準的だとご安心下ください。しかし、コロコロ便や泥状便だと、比較しにくいですよね。つまり、平均的な量かどうかを見た目で比較するためには、まずバナナ型の便を出す必要があることになります。
では、どうすればバナナ型の便に近づけることができるでしょうか。



おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ


おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ



  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE