和漢コラム膀胱炎の改善にCOLUMN

尿の濁りは腎臓からのメッセージ。原因と対処法を解説

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

トイレを済ませてふと気づいたら、尿の色がいつもと違う!白っぽい、or赤っぽい、濁っている、なにやら浮遊物がフワフワ浮いている・・・
見慣れない尿を見ると、「これは病気なの?」と気になってしまいますね。

このコラムでは、尿のにごり方や色によって、考えられる原因をご紹介。病気の心配のないタイプと、病気の可能性があり、医師の診察を受けるべきタイプの見分け方についても詳しく解説します。

尿は体じゅうをめぐる血液から老廃物や不要物が濾(こ)し取られたもの。しっかり観察することで、腎臓の調子、体の疲れ具合まで知ることができます。
何気なく流してしまうのではなく、今日から「流す前に観察」を習慣にして、腎臓からのメッセージに耳を傾けていきましょう。

あなたの尿はどれ?症状別、尿の濁りの原因

正常な尿の色とは、混濁(こんだく)のない淡い黄色です。茶色、赤色、白色や、にごりが強い場合など、これ以外の色は体からの何らかのサイン。
それほど心配のいらない一過性のものと、病気によるものがあるため、正しく見極めることが大切です。

1. それほど心配のいらない尿の濁り

  • シュウ酸を多く含む食品の摂りすぎ
  • 動物性たんぱく質の摂りすぎ

シュウ酸とはいわゆる「アク」のこと。摂りすぎると尿中に溶け出し、濁って見えることがありますが、一過性であればそれほど問題ありません。ただしシュウ酸過多が続くと尿中のカルシウムと結合し、尿路結石などの原因になることがあるので注意が必要です。

シュウ酸はほうれん草やタケノコ、ナスといった野菜類や、バナナ、チョコレート、煎茶や番茶、コーヒー、紅茶といったお茶類に多く含まれています。また、肉類など動物性たんぱく質を取りすぎても、体内にシュウ酸が増えてしまいます。
カルシウムと一緒に摂ると、尿ではなく便と一緒にシュウ酸を排出できるため、献立のなかでカルシウムも一緒に摂るようにしたり、アクの強い野菜はアク抜きをして食べるなど、日々少しずつ意識すると良いでしょう。

このほかにも女性の場合は、尿におりものが混じることによって濁って見えることがあります。正常なおりものであればとくに心配はいりませんが、おりものの量が多い、黄色や茶色など色が普段と違う、悪臭がするといった異変を感じたら、性行為感染症や膣炎といった病気にかかっている可能性もあるので注意が必要です。

女性にとっておりものは健康のバロメーター。恥ずかしいことではないので、気になることがあればためらわず婦人科を受診するようにしましょう。



薬局で買える膀胱炎の治療薬 腎仙散のブランドページへ


薬局で買える膀胱炎の治療薬 腎仙散のブランドページへ




  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE