和漢コラム健康コラムCOLUMN

薬の飲み方、今さら訊けない7つの疑問

風邪、頭痛、お腹の不調・・・体調を崩してしまったとき、普段から何気なくお世話になっているお薬たち。でもそのお薬、きちんと正しい飲み方で飲んでいるかと訊かれると、ちょっと不安ではありませんか?

体へ負担をかけることなく薬の効果を正しく引き出すためには、薬の飲み方はとても大切。

このコラムでは、いまさら人に訊けないような素朴な疑問から、知っているようで知らなかった薬の飲み方の常識まで、7つの疑問にお答えしながらご紹介していきます!

疑問1「食前、食間、食後・・・この薬いつ飲めばいいの?」

処方されるお薬の袋や、市販薬の説明書きには「食前」「食間」「食後」など、飲むタイミングが書かれています。でも結局、具体的にいつ飲めば良いのか分からない、という声も。まずはそんな疑問にお答えします。

「食前」
食事を摂る60〜30分前
「食間」
食事を終えてから2時間後が目安
「食後」
食事を終えてから約30分以内

食前に飲むことが指定されている薬に多いのは、食事で血糖値が高くなりすぎるのを抑えたり、胃の調子を整えたりするものです。胃のなかに食べ物が溜まっておらず、これから食べものが入ってくるというタイミングで薬を飲むと効果が得られるようになっています。

食間というと食事中に飲む、と思われている人もいるかもしれませんが、それは間違い。食間は、食事を終えて2時間ほど経った空腹状態を指します。漢方薬など胃の負担になりにくい薬や、胃の粘膜を保護する薬などは食間に服用します。胃の中に余計なものがないため、成分が血中にすばやく吸収されるメリットがあります。

食後に飲むことが指定されるのは、空腹で飲むと胃に負担がかかる薬の場合。食事時間が不規則だったり、食欲がなくて食べられないとき、また1日1食や2食が習慣という人でも、胃が空っぽの状態でこのタイプの薬を飲むと胃を荒らしてしまいます。フルーツやゼリー、クッキーなど、食べやすいものを少量でもOKなので、薬を飲む前に何か胃に入れておきましょう。

そのほか「○時間おき」や「○○時」など、飲む時間が指定されている場合は、その指示を守って服用します。
また、解熱剤や痛み止めでは「頓服(とんぷく)薬」と呼ばれ、その症状が強く出ているタイミングで飲むものがあります。1日に飲んでいい回数や、次の服用まで時間を空ける必要などがあるため、服用する前に確認しておきましょう。

疑問2「薬を飲むとき、水じゃなくてもいい?」

早く薬を飲みたいとき、お茶やジュースなどついつい手近になる飲み物で飲んでしまうことはありませんか?
基本的にお薬は、コップ1杯程度の水、またはぬるま湯で飲むように作られています。水以外で薬を飲むのはあまりおすすめできません。特に注意が必要な飲み物は以下の5つ。

牛乳
カルシウムや、胃液の酸性を中和する働きにより、薬の効き目に影響する可能性
お茶やコーヒー
含まれるタンニンやカフェインが薬の効き目に影響する可能性
炭酸飲料
胃薬と一緒に飲むと、胃酸を中和する効果を弱めてしまう
グレープフルーツジュース
血圧を下げる薬の効果を強めてしまう
アルコール
精神安定剤や睡眠剤の効果を強めたり、低血糖につながる可能性

特にアルコールは体への影響が大きく、絶対に薬と一緒に飲まないよう注意が必要です。
また水なしで飲むと、薬が溶けにくかったり、溶けるべき場所で溶けなかったりして、得られるはずの効果が得られないことがあります。薬はコップ一杯の水で飲む、と覚えておきましょう。

疑問3「症状が消えたら、薬を飲むのを止める?」

症状が治まったからと自己判断で薬を止めてしまうと、思わぬトラブルにつながることがあります。特に医師が処方する抗生物質やステロイド、抗うつ剤などは要注意です。

たとえば抗生物質の場合、飲み始めて数日で症状がなくなったように思えても、まだ体のなかには菌が生き残っていることがあります。ここで薬の服用を止めてしまうと、ふたたび菌が増殖して症状がぶりかえすことも。こうしたことを繰り返すうちに、菌が薬への耐性を形成し、抗生物質が効かなくなる可能性もあるのです。

目に見える症状が治まったとしても、まだ治療の途中かもしれません。自己判断で薬を止めるのではなく、処方通りに服用するようにしましょう。もしも体に不具合が出たり、何か疑問点がある場合は、処方した医師に相談し、その指示に従いましょう。

疑問4「飲みにくいとき、薬を砕いて飲んでもいい?」

錠剤が飲み込みにくいので、砕いて細かくして飲むという人がいますが、これはおすすめできない飲み方です。というのも、コーティングされている錠剤のなかには、有効成分が胃ではなく腸で溶けるようにしたり、有効成分を湿気から守ったり、苦味を抑えたりするためにわざとその形状にしているものがあるからです。

これを砕いてしまうと、溶けるべき場所で溶けなかったり、有効成分が外気の影響を受け効果が薄れてしまったりと、薬の品質に悪影響が及ぶことも考えられます。

錠剤が飲み込みにくいときは、自己判断で砕いたりせず、医師や薬剤師に相談してみましょう。粉薬など、飲みやすい形状の薬を検討してくれるはず。どうしても薬を飲み込むのが苦手だという方は、市販の服薬用ゼリーと一緒に飲むのもおすすめです。ゼリー状のオブラートが薬を包み込み、ツルンとラクにのどを通らせてくれますよ。

疑問5「子どもに大人の薬を半分飲ませて大丈夫?」

子どもが風邪を引いたようだが、診療時間外などですぐに受診できない。薬箱を見ると、大人用の薬しかない・・・そんなとき、大人用の薬を半分飲ませても大丈夫なのでしょうか?

答えは基本的にNO。大人と子どもでは腸の長さや、薬の分解能力、排泄能力に違いがあります。大人であれば問題ない薬でも、子どもの場合薬が効きすぎてしまったり、思わぬ副作用が出る危険性が。ですから子どもには年齢に応じた小児用薬を飲ませることが大切なのです。

ただし、市販の漢方薬などでは大人と子どもが両方飲めるものもあります。いずれの場合も、薬に添付されている説明書をよく読み、用法・用量を守って飲むことが必要です。

疑問6「薬の飲み合わせって、本当にあるの?」

ひとつひとつは問題ないお薬でも、複数を同時に服用することによって、効き目が弱くなったり、逆に効きすぎたりすることがあります。
こうした相互作用を防ぐのに活躍するのが、お薬手帳。お薬手帳には過去の薬歴や、他の病院で出された薬の情報などが載っていて、今回処方するお薬との飲み合わせを薬剤師がチェックしています。病院や薬局に行くときには忘れず持参し、常用している市販薬についても書き込んでもらうと安心です。

そのほかにも、薬と食べ物との組み合わせにも相性があります。高血圧の薬とグレープフルーツ、抗結核薬とマグロやチーズ、血液をサラサラにする薬(ワルファリン)と納豆や青汁などは良くない組み合わせ。薬でなくても、常用している健康食品やサプリがあるときは、その旨を医師や薬剤師に伝えておくと安心ですね。

疑問7「持病のある人が市販薬を飲んでもいい?」

たとえば高血圧の持病がある人は、市販の風邪薬を飲むときには注意が必要です。咳や鼻づまりを緩和する成分が、血圧を上昇させてしまう作用も持っているからです。
また前立腺肥大の方も、風邪薬の成分に膀胱や尿道の働きを抑えるものがあることから、尿が出にくくなったり、まったく出なくなる可能性があります。

このほかにも肝臓病や糖尿病、アレルギーなど持病を持つ人は、風邪薬ひとつでも薬に含まれている成分を吟味して、持病に影響しないものを選ぶことが必要です。
そのほか妊娠中や授乳中も、飲めないお薬や注意が必要な薬はたくさんあります。

大切なことは、注意書を読まずに薬を飲まないこと。特に持病のある人や、妊娠中・授乳中の人が薬を飲む際は、医師・薬剤師に相談して安全を期すようにしてください。

正しく飲んでこそ良薬

薬を飲むときというのはたいてい、熱や痛みで切羽詰まっています。一刻も早く症状を緩和したいと思うあまり、注意書に記載された情報をよく読まなかったり、期限切れの薬を飲んだりしていませんか?

薬は正しく飲めば体への負担も抑えられ、きちんとした効き目が得られます。反面、あせるあまり正しくない飲み方をすれば、症状が緩和するどころか、悪化することも。
はやく効き目を得たいときほど、冷静に注意書をよく読み、正しい飲み方を心がけることが大切です。