和漢コラム男性更年期の対策COLUMN

男性更年期は、年齢だけが要因ではない。知るべき原因と対策

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

男性更年期?!まだ、40歳になったばかりだし(笑)。
更年期って女性がなるものでしょ?
そんなふうに思うのは無理もないこと。男性にも更年期があることは、ごく最近になって分かってきたことです。

そして驚くことに、男性更年期は30代以降の男性であれば、年齢に関係なく発症する可能性があるということ。とくに30~40代という若い世代の場合、ストレスが大きな要因となっていることが多いのもあまり知られていません。

自分はまだまだ大丈夫と思う場合でも、男性更年期について、早くから知っておくことはとても大切。その症状や対策についてご紹介します。

30代以降は年齢に関係なく、男性更年期(LOH症候群)の症状は起こりうる

「更年期」といわれると、たとえ年配の男性であってもかなり抵抗感があるもの。しかし、あなたが30代以降であれば、男性更年期はまったくの他人ごとといえないのも事実です。

男性にも更年期がある

女性の更年期は昔からよく知られている反面、男性更年期(LOH症候群)について知られるようになったのは、ごく最近のこと。しかしながら、その症状に悩む人は以前から多くおられたようです。

仕事にやる気が出ない、うつのような症状、朝立ちの回数が減った、発汗やイライラ・・・。男性更年期の症状は女性更年期よりも幅広く、これまで医療機関での認識も低かったため、うつ病や自律神経失調症、ED(勃起障害)などの病名を当てはめられていたケースも多いのです。

男性更年期は、男性ホルモン(テストステロン)の低下によって起こる

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下することによって、心や体に起きるさまざまな不調を男性更年期といいます。

男性ホルモンのおもな働きとは

  • 筋肉や骨をつくり、男らしい体格を形成する
  • 意欲や闘争心を起こす
  • 性欲や性機能を高める
  • 動脈硬化やメタボ(メタボリックシンドローム)の予防

男性更年期のおもな症状

  • 全身の倦怠感
  • イライラする
  • 性欲の欠乏、ED(勃起障害)
  • 不眠・うつ
  • ほてり・発汗

男性更年期の症状を詳しくみる

男性更年期は、女性更年期より年齢層が幅広い

男性ホルモンの分泌量は、20代でピークに。そこから年齢とともに緩やかに減少していきます。これは自然の流れであり、減少カーブが緩やかであれば、男性更年期の症状をほとんど感じない人もいます。

また、男性ホルモンの量には個人差があり、何歳になったから男性更年期といえるほど単純ではありません。なかには、80代でも20代より男性ホルモンが多い人もいれば、30代であっても男性ホルモン量がかなり少ない人もいます。

女性の更年期には閉経という分かりやすいサインがありますが、男性の場合は年齢で区切ることが難しく、加齢だけが原因とも言い難いのです。
症状が出やすいとされる年齢は40~50代以降ですが、30代でも心当たりがある場合は男性更年期を疑ってみる必要があります。

30~40代の男性更年期、主な原因はストレス

それでは、なぜ30~40代でも男性更年期の症状が現れるのか。主な原因は、精神的ストレスと言われています。

男性ホルモン(テストステロン)は、脳下垂体から性腺刺激ホルモンが出ることによって、精巣(睾丸)で作られます。しかし、強いストレスを感じると、脳から別の指令が出て性腺刺激ホルモンを減らしてしまうため、テストステロンが作られにくくなってしまうのです。

40代といえば、まかされる仕事が増えて責任が重くなると同時に、部下の面倒も見なくてはいけない年代。自分ではストレスを感じていなくても、無理をしている場合が少なくありません。事実、若い年齢で男性更年期の症状があらわれる人は、独立してバリバリ仕事をこなしている人に多いと言われています。

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE