和漢コラム男性更年期の対策COLUMN

疲れがとれない原因に、男性更年期があった。その症状と対策。

  • Twittr
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

しっかり寝たはずなのに、体がだるい。最近イライラしたり気分が落ち込んだり、仕事に集中できない。そんな症状があるなら、それは男性更年期の影響かもしれません。
40代以上男性の多くが何らかの症状を感じている可能性があるにもかかわらず、あまり知られていない男性の更年期障害。その症状やメカニズム、対処方法をご紹介します。

疲れには2種類ある。心の疲れと、身体の疲れ

日々忙しく活躍する世代にとって、疲労感は当たり前すぎる感覚。それだけに、疲れの原因や対処方法に鈍感になっている人が多いのではないでしょうか。けれども、心の疲れと身体の疲れの原因は別物であり、その改善方法も異なります。

  • 身体の疲れとは
    • 身体の疲れは感じるが、気持ちは張っている。
    • ほとんどの場合、睡眠をしっかり取ることで回復する。
  • 心の疲れとは
    • どんよりとした疲労感、慢性的に疲れている。
    • 人と会うのが面倒くさい。
    • 身体を休めても疲れがとれない。

身体の疲れは、多くの場合、睡眠やビタミン剤などで改善できますが、厄介なのが心の疲れ。職場の人間関係や家族の問題など、責任世代になるほど精神的なストレスも増えがちで、なかなか簡単には解決できないケースが多いものです。
とはいえ、慢性的な心の疲れを解消できずにため込んでいると、自律神経のバランスを崩してさまざまな不調を引き起こしたり、内臓疾患などのきっかけにもなりかねません。

心の疲れは、男性更年期障害のおもな症状だった

精神的な疲労の原因は、人によってさまざまではあるものの、その一部が男性更年期によるものだとしたら?
「なんだ、そういう原因だったのか」と少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

女性の更年期障害に比べると、あまり知られていない男性の更年期障害( LOH [ Late-Onset Hypogonadism ] 症候群 )。これは男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下することによって起こる症状なのです。

男性更年期障害の主な症状とは

  • 精神面:
    • イライラする
    • 抑うつ、不安感
    • 集中力や記憶力の低下
    • 何をするのも面倒くさい
    • 不眠症
  • 身体面:
    • ほてり、寝汗、耳鳴り
    • 筋力低下
    • 頻尿
    • 勃起障害、性欲低下

女性の場合は、閉経の前後に症状が現れるため意識しやすいのですが、男性の場合は、更年期障害について認知されていないことや、症状の出方にも個人差があるために気づきにくいようです。
また一般的には、男性ホルモンが減る=性欲減退やEDといった性的な影響にばかり目がいきがちで、精神面への影響が大きいことはほとんど知られていません。

男性ホルモン(テストステロン)の役割は、想像以上に大きい

男性の更年期障害とは、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が年齢とともに低下することで起こります。男性ホルモンとは文字通り体を男らしくするホルモンで、20代をピークに減少していくもの。正確には、男性ホルモンと呼ばれるものには複数ありますが、その中心となるのがテストステロンです。
そして、このテストステロンは、私たちが想像する以上にさまざまな面で大きな役割を担っているのです。

男性ホルモン:身体への役割

  • 男性らしく、たくましい体格をつくる
  • 筋肉や骨を増強させる
  • 生殖機能の維持や、性欲を高める
  • 血管の状態を正常に保つ一酸化窒素(NO)をつくる

男性ホルモン:心への役割

  • 幸福感・やる気のもととなるドーパミンをつくる
  • チャレンジや、自分の世界を広げたい欲求をつくる
  • 決断力や判断力を高める

このように身体と心にさまざまな役割を担っている、男性ホルモン(テストステロン)。それが減少することは、以下のような症状につながります。

男性ホルモンの減少で、身体におこる影響

  • 筋肉が減ることで基礎代謝量も減少。肥満やメタボの傾向が高まる
  • コレステロールや内臓脂肪が増加、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まる

男性ホルモンの減少で、心におこる影響

  • ドーパミンが減ることで、やる気や判断力が低下する
  • 不安やイライラ、集中力の低下を招く。重症化すると、不眠症やうつ病につながる可能性も
  • 認知機能の低下にも影響する

30~40代でも、強いストレスから男性更年期障害の症状に

このように年齢とともに分泌量が低下する男性ホルモン(テストステロン)ですが、その減り方にはかなり個人差があり、30~40代の若い世代であっても男性更年期障害の症状が現れる場合があります。その原因となるのが、ストレスなのです。

  • そのメカニズムとは、
    • テストステロンは、そのほとんどが睾丸(精巣)でつくられる。
    • 精巣の機能をコントロールするホルモン(ゴナドトロピン)は、ストレスを強く感じると分泌が低下する。
    • 結果的にテストステロンの分泌が低下する。

このようにストレスが引き金となって精神的な症状があらわれると、うつ病の症状と勘違いして心療内科などを受診するケースも多いようです。
しかしながら、抗うつ薬として処方される薬のなかには、テストステロンを抑制するホルモンの分泌を高めるものもあり、逆にうつ病の症状が悪化する恐れもあるので注意が必要です。

男性更年期の対策、テストステロン(男性ホルモン)の増やし方

男性更年期障害の対策1.睡眠の質を高める

テストステロン(男性ホルモン)の分泌量がもっとも増えるのは睡眠中です。
自律神経のうち、体をリラックス状態にする副交感神経が優位な状態のときに、テストステロンの分泌量は増加します。良質な睡眠をとることで、テストステロンの分泌を促してあげましょう。

男性更年期障害の対策2.適度な運動

運動によって全身の血流が良くなると、性腺刺激ホルモンの分泌が高まり、テストステロンの分泌が増加します。
ウォーキングやジョギング、自転車、筋トレなど、適度な運動を習慣的に行うようにしましょう。逆に、激しい運動はテストステロン値を下げてしまうため、ややきついなというレベルの運動で抑えるようにしてください。

人生100年時代。男性更年期をうまく乗り切って、後半戦を楽しもう

男性ホルモンの影響力がこれほど大きいにもかかわらず、男性更年期障害についてはまだまだ意識されていないのが現状。とくに、精神的な疲れや慢性疲労が男性ホルモンの低下による場合があること、若い世代でもストレスが大きく影響することがあることはほとんど知られていないでしょう。

もし、あなたが心の疲労感に悩んでいるとしたら、それは決して珍しいことではありません。ましてや、自分の心が弱いとかやる気が足りないなどと自分自身を責める必要はまったくないのです。

一昔前のように、人間の寿命が60~70年であれば、「こんなものかな」と残りの人生をやり過ごせたのかもしれません。しかし、今は90歳を越えても元気はつらつなシニアが増えている時代。人生半ばでへこたれている訳にはいきません。
男性更年期について理解を深めつつ積極的に向き合い、人生の後半戦をさらに有意義な時間にしていきたいですね。

  • Twittr
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

和漢のチカラ+
男性ホルモン配合薬
男性更年期をいきいきと