和漢コラムニキビの治し方COLUMN

もう繰り返さない!顎ニキビの原因と対策まるわかり解説

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

男性ホルモンが優位になってしまう原因とは

通常は、エストロゲンという女性ホルモンが男性ホルモンの働きを抑えてくれるため、女性は男性化することなく、肌への影響も抑えられています。ところが、さまざまな理由でエストロゲンがきちんと分泌されないと、男性ホルモンの影響が肌にも表れ、脂性に傾いたり、肌がざらついたり、ひどくなるとニキビや吹き出物といった症状につながってしまいます。

エストロゲンの分泌が減少してしまう主な原因として考えられるのは、下記の3つ。

1. ストレス

人と競い合ったり、締め切りなどいつも時間に追われている・・・日常的にそうした状況に置かれていると、心の休まる時がありません。身体も常に臨戦態勢、交感神経が優位に働き、男性ホルモンが活性化してしまいます。
また、ストレスフルで不規則な生活を送っていると、女性ホルモンのバランスも乱れ、エストロゲンの分泌量が減ってしまいます。
結果、男性ホルモンが優位になり、顎や胸にニキビができやすくなることに。

2. 身体の冷え

身体が冷えていると全身の血流が悪くなり、多くの内臓が本来の機能を発揮できなくなってしまいます。女性ホルモンもバランスを崩し、適切な量を分泌できないことにつながります。すると男性ホルモンの影響が強く出過ぎて、顎ニキビに悩まされてしまうことに。

3. 生理周期の影響

女性ホルモンにはエストロゲンの他にもう1つ、プロゲステロンというホルモンがあります。生理が始まってから約2週間の低温期には、エストロゲンが優位に働きますが、排卵後、生理が始まるまでの2週間(高温期)はエストロゲンが少なくなり、代わりにプロゲステロンが優位に働きます。

エストロゲンは男性ホルモンの働きを抑えることが知られていますが、プロゲステロンは逆に皮脂の分泌を促進する働きがあります。また、身体に水分を溜め込み、腸の動きを抑制するため、便秘になりやすくなります。便秘がニキビに悪影響を及ぼすことは、みなさんご存知のとおり。

つまり生理前の2週間は、男性ホルモンの働きが抑制されにくく、便秘になりやすいなど、ニキビができやすい条件が揃ってしまうハイリスク期間。ですからこの期間は特に、顎ニキビに注意が必要なのです。

ホルモンの影響で繰り返す大人ニキビ、その原因と対策

顎ニキビを防ぐアイデアいろいろ

いつも時間に追われている、仕事が忙しすぎるなど、日常的にストレスが多いと自覚しているなら、少し休暇を取るなどしてリラックスする時間をもってみましょう。
ゆったりお風呂に浸かって好きな香りのアロマオイルを垂らしてみるのもいいですね。冷えの改善にもつながり、一石二鳥です。

適度な運動も身体を温め、ストレス発散につながります。季節の移り変わりを感じながら、ウォーキングを習慣にするのはいかがでしょう。ただし、激しすぎる運動は男性ホルモンの分泌を促進してしまうのでNG。ストレッチや軽い有酸素運動がおすすめです。

締め付ける下着やミニスカート、おへそが出た服などは、女性ホルモンを分泌する卵巣を冷やし、血液循環を滞らせてしまいます。夏であってもクーラーや冷たい飲み物などで体は冷えがち。油断せず、締め付けが少ない下着やお腹を温める服装を心がけましょう。

良質の睡眠をとり、脳と体をしっかり休めることも大切。寝ている間に全身の細胞が修復・再生の歯車を回しているからです。また、女性ホルモンの分泌は、睡眠のリズムと関係しているとも言われています。
寝る2〜3時間前からは何も胃に入れないようにし、寝る直前はパソコンやスマホのブルーライトも避けましょう。朝は決まった時間に起床し太陽の光を浴びるようにすると、睡眠のリズムが整います。

生理前の2週間は、特に顎ニキビができやすい期間です。上に挙げたような対策を積極的に行なって、予防に務めましょう。
さらに朝晩のスキンケア時には、普段よりも顎のニキビゾーンに注目を。もしも白ニキビや角栓ができていたら、炎症を起こす前に殺菌・消炎成分を含んだニキビ用化粧水をチョンチョンとつけておきましょう。これで大方の顎ニキビは予防できるはずです。

予防が間に合わずニキビの炎症が大きくなってしまったら、躊躇せず皮膚科や美容クリニックで診療してもらいましょう。顎ニキビは悪化しやすいため、セルフケアにこだわっているとシミになったり跡が残ってしまう危険も。炎症が広がったニキビは専門医の処置を受ける方が安心です。

ストレスをためないように工夫したり、生活習慣を見直したりしても、なかなか効果が実感できないときには、漢方薬の力を借りることも一計。局所的に効く西洋薬と違い、複数の生薬を組み合わせているため、ホルモンバランスの崩れといった複合的な悩みにアプローチしやすいのが強みです。すぐに劇的な変化はなくても、続けるうちに少しずつ改善することが期待できるでしょう。

顎ばかりニキビができてゆううつなあなたへ

大人になってから顎ばかりにできるようになったニキビ・・・その理由はホルモンバランスにありました。

一生のうちに分泌される女性ホルモンの量は、なんとティースプーン1杯ほどの量なのだそう。それほど微量なものが私たちの身体のなかでバランスを取り合っているのですから、その繊細さは計り知れません。すぐに効果を実感したいからといって、ホルモン治療やサプリの大量摂取に走るのはちょっと待って。どこかにひずみが出て副作用が出ることもあるからです。

顎ニキビができるのは毎日がんばっている証拠。まずはそんな自分を認めて、褒めてあげましょう。上でご紹介したアイデアをいろいろ試しながら、あせらず少しずつ、ホルモンバランスを改善できたらいいですね。



体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ


体のなかから吹き出物、ニキビを治す方法:ネオ小町錠のブランドページへ



  • Twitter
  • facebook
  • LINE