和漢コラムニキビの治し方COLUMN

デコルテ、顎下…首ニキビの原因と対策を部位別解説!

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

2. 首の後ろ側=うなじにできるニキビ

うなじニキビの原因

首の後ろ側、いわゆるうなじは、皮脂分泌の多い場所です。この部分にニキビができやすい場合は、ひとつの原因として皮脂が過剰になっていることが考えられます。

また髪が短い場合、うなじは紫外線に当たることも多い部位。お顔はしっかりとUVケアを行っていても、うなじは油断していた、という人も多いのではないでしょうか?肌は紫外線を浴びると、途端に乾燥し、刺激に弱いトラブル肌になってしまいます。

ではロングヘアならOKかというと、汗をかきやすいうなじは、髪の長い女性の場合、とても蒸れやすい部位でもあります。蒸れることにより心配なのが、マラセチア菌による毛包炎。ニキビとよく似ていて間違えやすいのですが、マラセチア菌は皮脂を好む真菌(カビ)の一種で、アクネ菌によるニキビとは治療法が異なります。

うなじニキビの対策

うなじニキビが多くできているときは、ヘアスタイルを工夫して、うなじに髪がかからないようにしましょう。
シャンプーやトリートメントも、流し残しのないようにしっかりとすすぎを行います。
屋外で過ごすときには日傘や帽子、日焼け止めなどを使い、UVケアにも気を配りましょう。

そのうえで、脂っこいものや甘いもの、アルコールやスナック菓子などを食べ過ぎないように心がけを。こうしたものを食べ過ぎていると、肌が脂っぽくなるだけでなく、脂や糖を代謝するためにビタミン類を消耗してしまうため、ニキビができやすくなってしまいます。

うなじや背中に小さな赤いぶつぶつが広範囲に出ていて、ニキビ薬で改善しない場合はマラセチア毛包炎の可能性も考えられます。その場合は皮膚科クリニックを受診して、専用薬を処方してもらうことをおすすめします。

3. 顎下やフェイスライン下にできるニキビ

顎下ニキビの原因

顎の下側や、フェイスラインの下側など、首といっても顔に近い部分にできやすい場合は、ホルモンバランスの乱れが原因の、いわゆる「大人ニキビ」の可能性があります。
顎下やフェイスライン下は、男性でいうとヒゲが生える部位。この場所は性ホルモンの影響を受けやすい部位といわれているのです。

特に生理前は、2種類の女性ホルモンのうち、皮脂分泌を活発化させるプロゲステロンが優勢になります。生理前になると決まって顎下ニキビができてしまう場合は、その影響が肌に出ている可能性が高いでしょう。
さらに、ストレスがかかると、女性であっても男性ホルモンが多く分泌されることがあります。男性ホルモンは角層を厚くして毛穴を詰まらせたり、皮脂分泌を促す作用があるため、ニキビができやすくなります。

顎下ニキビの対策

ホルモンバランスを整えるには、ストレスをため込まず、生活リズムを整えることが一番です。血流を良くすることも役立つので、夏でもお風呂に浸かって体を温めたり、一駅歩く、階段を使うなど、ふだんの生活のなかで少し体を動かすことも意識してみましょう。

また、寝る直前までパソコンやスマホのブルーライトを目に入れていると、脳が昼間と勘違いして質の良い睡眠が得られません。寝る前には電子機器類のスイッチを切り、ゆったりとリラックスする時間をとりましょう。
睡眠の質が高まると、寝ている間に肌を修復する成長ホルモンも分泌されやすくなりますし、性ホルモンのバランスを整えることにも役立ちます。

首ニキビの対策は的を絞って行おう

首にできるニキビの原因はさまざま挙げられますが、それらを全て対策しようと思うと大変です。
まずは自分の首ニキビをよく観察してみましょう。できやすい場所は、首の前なのか、後ろなのか。中央なのか、それともサイドが多いのか。

また、できやすいタイミングも分析してみましょう。生理周期と関係がありそう、仕事の忙しさと比例している、寝不足のときにできやすい、etc・・・。

これらの情報から、自分のニキビの原因を探り当てたら、あとは原因をとりのぞく対策を行うだけ。シンプルに考えれば、解決までの道のりもきっと遠くはないはずです。
美しいうなじやデコルテは、女性にとって最高のアクセサリー。治らないと諦め、隠すばかりではなく、原因に目を向け的確にケアしていきましょう。



ニキビ・吹き出物の治療と予防に。ネオ小町錠のブランドページへ


ニキビ・吹き出物の治療と予防に。ネオ小町錠のブランドページへ



  • Twitter
  • facebook
  • LINE