和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

便秘に良いのは乳酸菌?ビフィズス菌?素朴なギモンを解決!

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

由来の違い

乳酸菌の種類のうたい文句として、「ヒト由来」「植物由来」など、「◯◯由来」という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは、もともとどこに棲んでいたものを発見したのかということ。

たとえば「ヒト由来」というと、人間の腸内から発見された乳酸菌であるということですし、「植物由来」というと、お漬物などから見つかっていることがあります。「乳由来」というと、牛など動物の乳から発見されたことが分かります。

ヨーグルトやチーズを乳酸発酵させる菌は、温度も一定に保ち、雑菌が入らないようにして育てた菌。それに対してお漬物などから見つかった菌は、雑菌と闘いながら生き残った菌なので、生命力が強いと言われます。また、ヒトの腸から見つかった菌は、ヒトとの相性が良いと考えられています。

ちなみに、酸素を嫌うビフィズス菌はほぼ自然界には生息していないため、ヒトの腸から発見されたヒト由来のものがほとんどです。
由来に関しては、どれが良く、どれが悪いと一概に言えるものではなく、あくまで自分に合うかどうかなので、参考程度にしておくのが良いでしょう。

便秘改善にベストな選択は?

実際に、乳酸菌だけの普通のヨーグルトよりも、ビフィズス菌入りのヨーグルトのほうが、より整腸作用が高いことがわかっています。

便秘の原因はおもに大腸の環境が乱れていることにあるため、大腸で働いているビフィズス菌を補ってあげることが、便秘の改善に役立つだろうことは容易に想像できますね。

便秘改善にフォーカスする限りでは、乳酸菌よりビフィズス菌の方に軍配が上がりそうです。
特に便通が良くなることが知られているビフィズス菌の種類をいくつか挙げてみましょう。

  • ビフィズス菌SP株(大腸に長く定着しやすい)
  • ビフィズス菌BifiX(大腸での増殖スピードが速い)
  • ビフィズス菌BB536株(酸素や酸に比較的強い)

もちろん、これらのビフィズス菌だけを摂っていれば便秘が改善するというものではありません。

乳酸菌のなかにもたくさんの種類があり、それぞれに免疫力強化や便通改善といった特徴を持っていることがあります。
善玉菌は複数の種類を組み合わせて摂ると相乗効果が期待できるため、おなかのためには乳酸菌もビフィズス菌も、いくつかの種類を継続して摂ることをおすすめします。



おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ


おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ




  • Twitter
  • facebook
  • LINE