和漢コラム膀胱炎の改善にCOLUMN

女性の血尿、考えられる病気と正しい対処法が知りたい!

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

健康診断で、尿に血が混ざっていると言われたことはありませんか?また何気なくトイレに行って、出た尿が異様に赤かったことは?血尿は、泌尿器系に何かトラブルが起こっているという、分かりやすいサインです。

女性で血尿が出た場合、どんな病気の可能性が考えられるのでしょうか。
また、休日や夜間などですぐに病院へ行けない場合、どんなことに気をつけて対処したら良いのでしょうか。
このコラムでは、そうした疑問に詳しくお答えしていきます。

頻尿や濁った尿と違い、「血尿」となると、とたんに心配度が跳ねがりますが、慌てても良いことはありません。落ち着いて原因を探り、すばやく適切に対処していきましょう。

血尿は2種類ある

血尿とは、尿の中に血液(赤血球)が混じっている状態を指します。
尿の色が赤褐色など、明らかに血尿とわかる場合は「肉眼的(にくがんてき)血尿」、目で見てもわからないけれど尿検査することでわかる場合は、「顕微鏡的(けんびきょうてき)血尿」と呼ばれます。

どちらの場合も、尿を作り出している「腎臓」、尿をためておく「膀胱」、尿の通り道である「尿管」や「尿道」(これらをまとめて尿路と呼びます)に何らかのトラブルが起き、そこから出血していることが考えられます。出血がごく微量の場合は顕微鏡的血尿、出血量が比較的多くなると目で見てわかる肉眼的血尿となります。

肉眼的血尿の色は、鮮やかな赤色、赤茶色、ピンク色などが代表的。混じった血液の量や、出血している臓器によって血尿の色は多少変化しますが、目で見て赤っぽい場合は肉眼的血尿と考えます。



薬局で買える膀胱炎の治療薬 腎仙散のブランドページへ


薬局で買える膀胱炎の治療薬 腎仙散のブランドページへ




  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE