和漢コラム男性更年期の対策COLUMN

妊活について、男性が知っておくべき意外な事実

  • Twitter
  • facebook
  • LINE

妊婦のお腹「妊活」とは、赤ちゃんを授かるためにさまざまな努力をすることです。
これは、女性に限った話ではありません。「男性がする妊活」もたくさんあります。

「自分たち夫婦の子どもを授かるために、できることは何でもしたい!」という積極的なあなたも、「奥さんが不妊治療に通い始めたんだけど、僕はどうしたらいいんだろう」という受け身姿勢なあなたも、このコラムでまずは正しい知識を身につけてください。

妊活は、夫婦で先の見えないトンネルを進んでいくようなもの。ゴールを迎えたとき、夫婦で「いい経験ができたね」と言い合えるように、前向きに取り組んでいきましょう!

不妊の原因は、半分近くが男性だった

男性の年齢と妊娠までにかかった期間の関係を表す折れ線グラフWHO(世界保健機構)の報告によると、男性にのみ不妊原因があるカップルが24%、女性にのみ不妊原因があるカップルが41%、男女ともに原因があるカップルが24%、原因不明が11%なのだそう。つまり不妊カップルの半分近くが、男性側にも原因があるとされているのです。

男性は、射精さえできればいくつになっても子どもが作れる、と思っていたらそれは間違い。男性でも歳をとるごとに精液の濃度や精子の運動率が低下したり、奇形率の上昇や、DNAの損傷といった気がかりなことが増えてきます。

たとえば男性の年齢が高齢化すると、相手が妊娠するまでの期間が長くかかるという統計があります。男性が20代のうちは、約6ヵ月で妊娠しますが、30代以上になると10ヵ月、45歳を超えると1年半かかっています。つまり、男性が若い方がパートナーが早く妊娠しているということがいえます。

男性の年齢と妊娠までにかかった期間の関係を表す折れ線グラフ妊活には、質の良い精子が欠かせません。下記に精子にダメージを与える行動を挙げていますので、日頃知らず知らずのうちにやっていないか、まずは振り返ってみましょう。

精子の状態を悪くする7つの行動

妊娠率を高めるためには、精子をできるだけ良い状態に保ちたいところ。ところが、日頃から下記のような行為をしている人は、精子の状態を悪くしているかもしれません。
心当たりのある人は、今日から改善していきましょう。

  • サウナや長風呂:精子は熱に弱いので、暑すぎるサウナや長風呂はNG
  • 長時間の自転車:股間を圧迫することで細かい血管にダメージを与える可能性
  • PCを膝の上に置いて使う:熱が陰のうに伝わり、精子の運動率が低下
  • タバコ:精子の量や運動率に悪影響
  • アルコール:毎日飲むと、精子の正常形態率に悪影響(時々飲む程度ならOK)
  • ブリーフ、ぴっちりとしたパンツ:熱がこもりやすく、血行を妨げる可能性も
  • 育毛剤:種類によって、男性ホルモンに影響を与えるものがある

精子の状態を良好にする3つの行動

では逆に、精子の状態を良好にしておくためには、どんなことが役立つのでしょうか。以下に3つ紹介します。

  • 禁欲しない:古い精子よりも新しい精子の方が状態が良いので、禁欲しない
  • 下着はトランクス:熱をこもらせないことで、精子の劣化を防ぐ
  • ストレスをためない:精神的ストレスは運動率・正常形態率に悪影響

男性は「禁欲期間をできるだけ長く取った方が、妊娠させる力が高まりそう!」と思い込んでいる人が多いですが、実際は違います。2004年のイスラエルの調査※では、精子の運動率が最も良いのは禁欲期間を1日設けた場合で、正常形態率が最も高いのは、禁欲期間が0〜2日のときだということがわかりました。

つまり、射精は連続しすぎてもダメ、ため過ぎてもダメ。前回射精してから1~2日経ったくらいの精子が最もコンディションが良いのです。
その理由は、精子が精管などを通る際に、酸化ストレスなどのダメージを受けるためではないかと言われています。参考までに、WHOのガイドラインには、精液検査の際の禁欲期間は2~7日という記載があります。

※性的禁欲期間と精液の質の関係9,489の精液サンプルの分析

  • Twitter
  • facebook
  • LINE