和漢コラムニキビの治し方COLUMN

顎ニキビができやすい人、できにくい人の違いとは?

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

生活スタイルを少しずつ変えて、顎ニキビ「できない人」へ

はじめにご紹介した「すぐできる、顎ニキビの改善方法」に加えて、長期的に取り組みたい改善策をご紹介します。いきなり生活習慣を変えるのはなかなか大変なものですが、少しずつ体質を変えるような気持ちで始めてみてはどうでしょう。

質のよい睡眠をとるための、5つの習慣

ゆったりとした睡眠をとる女性

ストレスニキビや胃腸トラブルのニキビを治すために、欠かせないのが十分な睡眠です。

1.眠る2時間前から、ブルーライトを浴びない
ブルーライトとは、スマートホンなどLED照明から出る青色光のこと。脳に強い光の刺激を与えるため、脳は朝だと勘違いして、睡眠をうながすメラトニンというホルモンの分泌が減ってしまうのです。

2.朝おきたら、太陽の光をしっかり浴びよう
睡眠をうながすメラトニンをつくるためには、材料となるセロトニンというホルモンが必要。そのセロトニンを作るためには朝に太陽光を浴びることです。
また、1、2、1、2とリズミカルな運動は、セロトニンの分泌を活性化させます。だから、朝の散歩は一石二鳥なのです。

3.お風呂に10分間、浸かる
全身を温める効果は、やはりお風呂がいちばん。ゆったりと温まることで副交感神経が優位になって、ここちよい眠りにつながります。

4.できれば寝室は真っ暗に
メラトニンは少しの光でも分泌が抑制されるため、眠る前からTVやスマホは消して部屋を薄暗くしてみる。寝室は危なくない程度に暗くする。夜中にトイレに行く動線もフットライト程度にする、といった工夫も取り入れてみてください。

5.起床時間を一定にする
体内時計を整えることは、質のよい睡眠はもちろん、自律神経のバランスを整えるなど、健康と美容にかかせない対策として注目されつつあります。
そのためには、朝起きる時間を一定にすることが大切。たとえ飲み会で眠るのが遅くなっても、翌朝は同じ時刻に起きる習慣をつけましょう。

顎ニキビを防ぐために、とりたい食べもの、避けたい食べもの

1.腸内環境をととのえる食材

便秘など腸内環境が悪化することは、大人ニキビの原因に。そのためには、腸内の善玉菌を増やしてくれる食材をとることがポイントです。

  • 乳酸菌・ビフィズス菌をふくむ食材:ヨーグルト、チーズ、キムチ、納豆などの発酵食品
  • 食物繊維やオリゴ糖をふくむ食材:海藻類、キノコ類、イモ類、大豆、バナナ、ごぼうなど

2.ニキビ予防となるビタミンB2・ビタミンB6

ねぎ、にんにく、たまねぎはビタミンB2を摂るのに最適な野菜

皮脂の分泌を抑える働きがあるため、毎日少しずつでも取り入れましょう。

  • ビタミンB2:脂肪の代謝や細胞の再生をたすける。不足すると、肌が脂性にかたむき、ニキビができやすい状態になる。
    ピーナッツなど豆類、牛乳、卵、レバー、焼きのり、緑黄色野菜など。
  • ビタミンB6:肌のターンオーバーをたすける。神経の興奮をしずめる働きにも関係するため、ストレス対策にも必要。ニキビ跡の原因となる酵素を抑制する力もあり。
    いわし、さば、さけ、まぐろ、さんま、豚肉など。

3.体にたまった毒素を出しやすくする食材

便秘に限らず、食品添加物や車の排気ガス、喫煙など、現代人の体内にはさまざまな原因から毒素がたまりやすいと言われています。デトックス効果の高い野菜を積極的に取り入れるのも一つの方法です。

  • 有害物質を吸収させなくする:にんにく、玉ねぎ、ニラ、ほうれん草、長ネギなど
  • 有害物質を無毒化するのを助ける:ブロッコリー、キャベツ、大根、にんにく、玉ねぎ、海藻類など
  • 有害物質の体外排出を助ける:ごぼう、キノコ類、海藻類など

4.避けたほうがいい食べ物

スイーツや菓子パン、揚げ物は皮脂の分泌が多くなるため、避けたいメニューです。また、アルコールの飲みすぎ、刺激物もお肌には悪影響をおよぼします。

ニキビ予防のための正しいスキンケア習慣

化粧水を手に取る

1.正しい洗顔方法をマスターしよう

  • クレンジングは、肌に負担のすくないジェルタイプ、ミルクタイプで
  • 洗顔石鹸はしっかり泡立てて。肌をゴシゴシこすらず、泡でマッサージするように
  • 顎・首の上部まで洗うつもりで、しっかり洗い流す。お湯の温度はぬるめで

2.たっぷり保湿がニキビ予防のカギ

  • 洗顔後はすぐに、保湿ケアをしっかりと
  • 化粧水は、水溶性の保湿成分(セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸など)、炎症をおさえる成分(グリチルリチン酸など)、皮脂を抑制するビタミンC誘導体が配合されたものがおすすめ
  • 乳液やクリームで油分を補うことで保湿効果を高めることに。ただ、油分が多いものは逆効果になるため、さっぱりしたタイプを

大人ニキビ、顎ニキビはいくつかの原因が重なっていることが多く、一旦できてしまうとなかなか治りにくいもの。その治し方もシンプルとは言えませんが、生活習慣がかなり影響していることは間違いありません。
誰でも生活スタイルを変えるのはむずかしいことですが、まずはニキビの原因に気づくことが第一歩。それによって意識が変わり、行動が少しずつ変わっていくものです。
顎ニキビができにくい人への道は遠いと思うかもしれませんが、千里の道も一歩から。健康な身体をお肌を手に入れるために、今日からできることをスタートしてみてください。

参考文献:

  • 「ホルモンを活かせば、一生老化しない」根来秀行、PHP研究所
  • 「体内時計の謎に迫るー体をまもる生体のリズム」大塚邦明、技術評論社
  • 「いちばんわかるスキンケアの教科書ー健康な肌のための新常識」高瀬聡子・細川モモ、講談社
  • 「『医者いらず』の食べもの事典」石原結實、PHP研究所


ニキビ・吹き出物の治療と予防に。ネオ小町錠のブランドページへ


ニキビ・吹き出物の治療と予防に。ネオ小町錠のブランドページへ




  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE