和漢コラム便秘の解消にCOLUMN

便秘の改善に今すぐ押したいツボ。オススメ5選

  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE

水分を多めに摂るようにしているし、野菜も食べているはずなのに、いっこうにお通じがない・・・。
女性に多いお悩みです。
慢性便秘の原因はさまざまありますが、そのうちの一つとして腸の動きが弱まっていることが考えられます。

腸の動きを活発にさせるには、マッサージや指圧などで、外から刺激することも一つの方法。
特におすすめしたいのが、一人で気軽に始められる「ツボ押し」です。

このコラムでは、便秘の改善に役立ち、押しやすく、場所を探しやすいツボをご紹介します。
特別な道具を必要としないツボ押しは、セルフケアに最適。あなたも気軽に始めてみませんか?

ツボ押しと便秘と自律神経の関係

ツボに適切な刺激を与えると、血流をよくし、知覚神経を介して自律神経の乱れを正常化すると言われています。

自律神経には、内臓の動きや体温調節など、体の機能をコントロールする役割があります。交感神経と副交感神経の2つが、活動しているときには交感神経が優位に、くつろいでいるときは副交感神経が優位に、と交代しながら働きます。

ところが大きなストレスなどが原因で精神的な緊張が続くと、交感神経が優位な時間が長くなり、バランスが崩れてしまいます。
腸はリラックスしているときによく働きますので、副交感神経が劣位なままだと、腸の働きが悪くなってしまい、便秘などの腸の不調につながってしまうのです。

「自律神経のバランスの崩れ」は便秘の原因になるのです。

自律神経の乱れは、便秘も頭痛も引き起こす

そこで、ツボ押しで自律神経を安定させ、便秘の改善に役立てましょう。
ここでは、特に便秘の改善によいとされている、手、足、背中、お腹、耳の5か所のツボをそれぞれ1つずつご紹介します。ひと通り試してみて、自分が気持ち良く、緊張がほぐれる感じがするツボを見つけてください。

もしも、便秘だけでなく下痢でもお悩みの場合は、下のサイトをご参照ください。どちらにも効果があるとされているツボをご紹介しています。

便秘と下痢を繰り返してしまうときの対策



おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ


おなかを温めて治す、便秘薬 十方便秘薬のブランドページへ




  • Twitter
  • facebook
  • googleplus
  • LINE